想定版HB新聞

2019年1月17日 (木)

【想定版HB新聞】AJCC

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190119
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190120

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でAJCCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

スローペースで流れるケースが多く、勝ち馬はすべて4角6番手以内。差し&追い込み勢は早めに進出して、4角8番手以内には取りつく必要がある。

過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近9年の勝ち馬の8頭が「ハイブリッド指数」5番手以内。「推定後半3ハロン」1位は5頭が3着以内。前後半5傑入りの好走が多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

フィエールマンは4戦目にして菊花賞を制覇。

「ハイブリッド指数」=《72》
2_2

ラストは確実に伸びてくるタイプ。

近3走すべて上がり最速をマーク
2_3

デビューから4戦すべて連対している。

「全成績」=【3・1・0・0】
3_2

今回も「ノーザンF天栄」からの放牧帰り。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
Photo

ジェネラーレウーノは菊花賞は瞬発力勝負に対応できず。

レースラップのラスト2ハロン=10秒7-11秒3

1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの掛かる条件が向いている。

馬特記=「上が掛○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山は皐月賞で3着、セントライト記念で1着と得意としている。

「コース実績」=【3・1・0・0】
4_4

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
Photo_2

ダンビュライトは近走はパフォーマンスが低迷気味。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
5_2

チャレンジCはスムーズさを欠いている。

レース特記=「枠駐不良」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

得意の中山コースで一変できるか。

「コース実績」=【1・0・3・0】
6_2

サクラアンプルールの有馬記念は不利な外枠が影響。

レース特記=「外枠×」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

瞬発力はないので、上がりの掛かる中山は向いている。

馬特記=「上が掛○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走は着順ほど悪いパフォーマンスではない。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7

シャケトラは一昨年の有馬記念以来の実戦。ひと叩きしてからか。

「ハイブリッド指数」=《70》
8

メートルダールは中日新聞杯はロスの多い内容。

レース特記=「ヨレる」「他馬接触」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上位争いに加われる実力はある。

「ハイブリッド指数」=《70》
9


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2019年1月10日 (木)

【想定版HB新聞】日経新春杯

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190112
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190113
月曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190114

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で日経新春杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が3勝。全場&全距離の中でも、最も上がり順位が結果に直結しやすい舞台のひとつ。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近9年の勝ち馬の6頭が「推定後半3ハロン」2位以内。「推定後半3ハロン」1位は3勝、2着2回。「推定後半3ハロン」3位以内の2頭が3着以内に入るケースが多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_5
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

グローリーヴェイズは菊花賞で上がり最速タイをマーク。

上がり最速タイをマーク
1_3

時計、上がりの速い決着は得意。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアは浅く、上積みは大きい。

「全成績」=【2・2・0・2】
2_2

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版より

メイショウテッコンは菊花賞で瞬発力勝負に対応できず。

レース特記=「上が速×」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

神戸新聞杯の「ハイブリッド指数」は《68》と高い。

「ハイブリッド指数」=《68》

3_3

距離短縮は好材料。

「距離実績」=【1・0・1・0】
4_2

ムイトオブリガードは近4走で上がり最速を3回マーク。

近4走で上がり最速が3回
5_2

アルゼンチン共和国杯で上がりの速い決着に対応。

レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台前半
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アフリカンゴールドの菊花賞は折り合いが敗因。

レース特記=「掛り気味」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2400mは2戦2勝と得意としている。

「距離実績」=【2・0・0・0】
6_2

「ハイブリッド指数」的には上積みは必要。

「ハイブリッド指数」=《62》

7_2

「インスタグラム」に書いた通り、ミナリク騎手は芝では30連敗中、近24戦は3着以内がないのがどうか。

騎手リーディング
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

ルックトゥワイスはグレイトフルSを圧勝。

「ハイブリッド指数」=《67》

8_2

ステイゴールド産駒で上がり、時計の掛かる決着は得意。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて上がり3位以内をマークしている。

すべて上がり3位以内
8_3

相手なりに走れるタイプ。

「全成績」=【5・6・1・3】
9_2

ガンコは近走は先行力を欠いている。

レース特記=「スタ悪い」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

しかしながら、着順ほどパフォーマンスは悪くない。

「ハイブリッド指数」=《69》
10

ウインテンダネスは重賞でも善戦。

「ハイブリッド指数」=《68》

12

時計、上がりの速い決着がどうか。

馬特記&レース特記=「時計速×」「上が速×」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

シュペルミエールは長期休養明け前には重賞級のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《66》
13

3着を外したのは菊花賞だけ。重賞でも通用してよい。

「全成績」=【5・2・3・1】
11

「インスタグラム」に書いた通り、過去10年で1枠が最多の3勝、単勝回収率200%超え。人気薄の1枠は抑えておくべきか。

過去10年の枠番別成績
Photo_4


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2019年1月 7日 (月)

【HBビューワ】日経新春杯の想定版

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版■

HBビューワを公開中です。今週分の出走馬確定分をアップしました。

グローリーヴェイズは菊花賞で上がり最速をマーク、「ハイブリッド指数」は《69》と高い、「ノーザンF天栄」からの放牧帰り。

Photo

メイショウテッコンは菊花賞で瞬発力勝負に対応できず、スタミナはある、神戸新聞杯の「ハイブリッド指数」は《68》と高い。

Photo_2

ムイトオブリガードは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇、アルゼンチン共和国杯でレースラップのラスト3ハロンすべて11秒台前半に対応、「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り。

Photo_3

アフリカンゴールドの菊花賞は折り合いが敗因、キャリア8戦で底をみせていない、気難しい面がどうかだけ。

Photo_4


その他馬に関しても、「HBビューワ」でご確認下さいマセ。

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190112
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190113
月曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190114

| | コメント (0)

2019年1月 3日 (木)

【想定版HB新聞】中山金杯

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190105
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20190106

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で中山金杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

14年こそ前半3ハロンの方が1秒5も速い前傾ラップとなったが、その他の4年はペースが上がっていない。好位から抜け出すのが最も好走しているパターン。

過去5年でスローペースが4回
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近9年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝。前後半5傑入りの5頭が3着以内。ハンデ戦とはいえ、54キロ以下は1連対のみ。人気薄の軽ハンデ馬の前残りは少ない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ステイフーリッシュはチャレンジCで3着。

「ハイブリッド指数」=《68》

2_3

中山の重い芝は向いている。

レース特記=「芝重い○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mに実績がある。

「距離実績」=【1・0・2・0】

2_4

藤岡佑介騎手×矢作厩舎のコンビで初陣を飾れるか。

「騎手×厩舎成績」
4_2
→土曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


エアアンセムの福島記念は前傾2秒2のハイペースを先行して3着。

前後半34秒4-36秒6(前傾2秒2のハイペース)

5_2

近3走すべて「ハイブリッド指数」=《68》と安定。

「ハイブリッド指数」=《68》
6_2

立回りが巧くて、レースセンスがよい。

レース特記=「R振スム」「立回り○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マウントゴールドは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
8

武豊騎手とは好相性。

レース特記=「R振スム」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コズミックフォースは昨秋は成長が感じられず。

「ハイブリッド指数」=《50》台
1_5

距離短縮で活路を見出したい。

「距離実績」=【2・1・1・0】
2_5

ウインブライトは秋2走は大敗も、パフォーマンスは高い。

「ハイブリッド指数」=《69》
3_3

時計の掛かる中山も向いている。

馬特記&レース特記=「時計掛○」「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、トップハンデの割り引きは必要。

トップハンデ=赤色で表示
4_3

逆にタニノフランケルが最軽量。

最軽量=水色で表示
5_3

「ハイブリッド指数」を何処まで伸ばせるか。

「ハイブリッド指数」=《61》
6_3

アドマイヤリードはディセンバーSで牡馬相手に久々の勝利。

「ハイブリッド指数」=《70》
7_2

距離延長が課題ではある。

レース特記=「距離長」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

タイムフライヤーの菊花賞は瞬発力勝負で6着。

レースラップのラスト2ハロン=10秒7-11秒3

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には《67》と上々。

「ハイブリッド指数」=《67》
7

山元トレセンへの短期放牧で前進が期待できる。

「山元トレセン」からの放牧帰り
Photo_5
「JRDV.sp」ブログより


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年12月26日 (水)

【想定版HB新聞】ホープフルS

■HBビューワの想定版

●会員版
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181228

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


●「推定3ハロン」のバックナンバー

3ハロンシートのバックナンバー。 フィルタ機能も付いておりますので、お試し下さいマセ。

「トップページ(https://cyber-mm.jp/)」
→「3Fシート過去分(無料)」をクリック

1_2

フィルタで「中山」「12月」「OP」「芝」を選択
2





■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でホープフルSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去4年のホープフルSの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


近2年の勝ち馬は上がり最速をマーク。直線が短いコースとはいえ、馬場が荒れてきているため、差し&追い込み馬が圧倒している。

近2年の勝ち馬は上がり最速をマーク
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

3年連続して「ハイブリッド指数」1番手は連対。近6年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5番サートゥルナーリアは初戦のレースラップのラスト2ハロンが優秀。

レースラップのラスト2ハロン=11秒1-11秒4
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦目の萩Sもほとんど追うところなく大楽勝。

レース特記=「完勝」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

良血馬らしい素質を秘めている。

「ハイブリッド指数」=《54》
2_6

M.デムーロ騎手×中竹厩舎は好相性。

「騎手×厩舎成績」
Photo
→金曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


8番アドマイヤジャスタは一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
3_4

「インスタグラム」に書いた通り、ルメール騎手は日曜の中山の芝は5戦すべて連対。押さえておく必要はあるか。

先週の日曜の芝は5戦5連対
Photo_6
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

1番ニシノデイジーの東京スポーツ杯2歳Sで今回の出走馬の4頭の中で最先着。

①赤囲みをクリック
4_3

②対戦成績が表示

5_4
→金曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


レースラップのラスト4ハロンすべて11秒台と上々。

レースラップのラスト2ハロン=11秒4-11秒6

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

大接戦を制した勝負根性は評価できる。

レース特記=「根性有り」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

重賞2連勝。4戦3勝、2着1回とパーフェクト連対。

「全成績」=【3・1・0・0】
6_2

2番ブレイキングドーンは京都2歳Sで2着。キャリア1戦としては上々の内容。

「ハイブリッド指数」=《53》
7_2

レースセンスがよく、距離適性の高さは強み。

レース特記=「距離○」「R振スム」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、5番サートゥルナーリアが人気だが、コチラもは人気以上には走ってくるはず。

厩舎リーディング2位
Photo_7
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「厩舎成績一覧」

7番ミッキーブラックの京都2歳Sは出遅れ、折り合いが敗因。

レース特記=「スタ悪い」「行たがる」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計の掛かる中山は向いている。

レース特記=「時計掛○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番コスモカレンドゥラは黄菊賞を完勝。

レース特記=「完勝」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」的には見劣る。

「ハイブリッド指数」=《50》
8_2

11番ヴァンドギャルドは東京スポーツ杯2歳Sで上がり2位タイ。

上がり2位タイ
9_2

初戦で渋った馬場に対応している。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

勝ち馬より遥かに上積みは大きく、逆転があってよい。

「ハイブリッド指数」=《53》

9_3

⇒過去4年のホープフルSの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版



→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (2)

2018年12月20日 (木)

【想定版HB新聞】有馬記念

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181222
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181223

●無料版
土曜日
https://cyber-mm.jp/trtemp/hbv.php?cd=20181222
日曜日
https://cyber-mm.jp/trtemp/hbv.php?cd=20181223

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で有馬記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年の有馬記念の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


過去5年の勝ち馬はすべて4角3番手以内で立ち回っている。以前ほど開催が進んでも馬場が荒れないためか、逃げ&先行馬の好走が目立つ。

過去5年の勝ち馬は4角3番手以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の3着以内が7回と優秀。ノーマークで勝利した馬は1頭もいない。「推定後半3ハロン」1位も3勝、3着以内が6回なら上々。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には近年は1番手「内」目からの勝ち馬。2番手からは、ほぼ外国人騎手。四隅+外国人騎手も良い。

過去の位置取りシート

近2年の「位置取りシート」
Photo_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


「インスタグラム」に書いた通り、過去10年で2008年以外、8枠は1頭も3着以内がない。やはり内枠有利で考えたい。

過去10年の有馬記念の枠番別成績
Photo_3

12番レイデオロは天皇賞(秋)でGⅠ2勝目。

「ハイブリッド指数」=《78》
2_2

スピード、スタミナともに兼備している。

レース特記=「時計速○」「スタミ○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメール騎手、藤沢和雄厩舎のコンビは好成績。

Photo
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


国内では10戦して4着以下が一度だけ。

「全成績」=【7・1・1・1】
3_2

今回も「ノーザンF天栄」からの放牧帰り。

有馬記念の放牧先情報
Photo
「JRDV.sp」ブログ

14番キセキは「ハイブリッド指数」的には互角以上。

「ハイブリッド指数」=《79》
4_2

先行力が大きな武器。

レース特記=「先行力○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

在厩調整4走目で状態の維持が最大の課題。

Photo_2
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


15番シュヴァルグランはジャパンCで4着だが、「ハイブリッド指数」的には上々。

「ハイブリッド指数」=《75》
5_2

昨年は直線で不利がありながらの3着。距離、コースとも問題ない。

馬特記&レース特記=「スタミ○」3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番モズカッチャンは札幌記念で3着の内容から、牡馬相手でも実力は通用する。

「ハイブリッド指数」=《73》
7_2

使って上向くタイプで、エリザベス女王杯よりデキは上向くはず。

レース特記=「次良気配」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、M.デムーロ騎手は近300走で4番人気以下はナント0勝。果たして何番人気になるか。

M.デムーロ騎手の近300走の人気別勝利数
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

8番ブラストワンピースの菊花賞は瞬発力勝負で大外を回ったのが敗因。

レース特記=「大外回る」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には伸びシロは十分。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
8

6戦4勝とキャリアは浅く、成長が見込める。

「全成績」=【4・0・0・2】
9

1番オジュウチョウサンは平地+障害で計14勝。

「全成績」=【14・2・1・7】
1_3

スタミナがあるので時計の掛かる条件向き。

レース特記=「スタミ○」「時計掛○」「荒馬場○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」的には大きく見劣る。

「ハイブリッド指数」=《61》
1_4

6番サトノダイヤモンドのジャパンCは高速決着に対応できなかったか。

レース特記=「時計速×」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山コースは向いている。

「コース実績」=【1・0・1・0】

2_3

5番パフォーマプロミスはアルゼンチン共和国杯は上がり32秒台に対応して勝利。

上がり32秒台
3_3

「インスタグラム」に書いた通り、ステイゴールド産駒でコース適性は高い。

2013年以降の中山2500mの勝ち馬の種牡馬
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

2500mは3戦2勝、3着1回と得意としている。

「距離実績」=【2・0・1・0】
4_3

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181222
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181223

●無料版
土曜日
https://cyber-mm.jp/trtemp/hbv.php?cd=20181222
日曜日
https://cyber-mm.jp/trtemp/hbv.php?cd=20181223

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)


⇒過去5年の有馬記念の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

【想定版HB新聞】朝日杯FS

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181215
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181216

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で朝日杯FSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年の朝日杯FSの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

中山1600mの時代を含めて、過去5年で「上がり最速馬」が4勝、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマークしている。馬場の内が荒れてきて、差し&追い込み馬が圧倒している。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近4年で「推定後半3ハロン」1位は2連対、連対馬の6頭まで「推定後半3ハロン」5位以内に該当。3年連続して「ハイブリッド指数」1番手は3着以内。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

以前の【データパックの記事に書いた通り、阪神コースは「推定後半3ハロン」1位+ディープ産駒が強い。

「推定後半3ハロン」1位+ディープ産駒
Photo
【データパックの分析画面

「インスタグラム」に書いた通り、過去10年で5枠だけが0勝だが、1~8枠まで満遍ない。阪神JFと同様、枠による有利・不利はない。

過去10年の朝日杯FSの枠番別成績
Photo_6

グランアレグリアはサウジアラビアRCで牡馬相手に0秒6差V。

「ハイブリッド指数」=《57》
2_2

スタート、折り合いはカギだが、能力が高いのは間違いない。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、初戦の勝ち時計は2歳新馬戦のコースレコード。

東京1600mの勝ち時計
1

「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

レースラップのラスト2ハロン11.1秒-11.2秒も破格。


レースラップのラスト2ハロン=11.1秒-11.2秒
Photo_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメール騎手、藤沢和雄厩舎のコンビは勝率30%超え。相手探しの一戦か。

「騎手×厩舎成績」
Photo_38
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


1週前は「南P」追いだが、今週は「美・南W」追いへ戻しているのは好材料か。

藤沢和雄厩舎+「南P」追い
Photo_4
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「厩舎成績一覧」

アドマイヤマーズはデイリー杯2歳Sの「ハイブリッド指数」が《56》と高い。

「ハイブリッド指数」=《56》
3_2

無理に逃げた訳ではなく、控えてもレースできるのは強み。

レース特記=「ハナ拘ず」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神の馬場は向くはず。
3
馬特記&レース特記=「芝重い○」

*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ファンタジストの京王杯2歳Sは超スローペース。

前後半38.0秒-33.5秒(後傾4.5秒のスローペース)
4_2

レースラップのラスト2ハロンが10秒8-11秒0の瞬発力勝負。

レースラップのラスト2ハロン=10.8秒-11.0秒

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」的にはやや見劣る。

「ハイブリッド指数」=《52》
4_3

初めての1600mも割り引きが必要。

「距離実績」=【0・0・0・0】
5_2

ドゴールはサウジアラビアRCで2着。キャリア1戦としては上々の内容。

「ハイブリッド指数」=《50》

6_2

今回もスタートが課題となる。

レース特記=「スタ悪い」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マイネルサーパスはきんもくせい特別を大外一気に差し切り勝ち。

レース内容
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、開幕週の絶好馬場で、「ハイブリッド指数」は低い。

「ハイブリッド指数」=《46》
7_2

ケイデンスコールは新潟2歳Sを勝利。

「ハイブリッド指数」=《49》
8

3戦すべて上がり最速をマーク。

3戦すべて上がり最速をマーク
9

上がりの速い決着を得意としている。

馬特記&レース特記=「上が速○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、C.デムーロ騎手は阪神JFをダノンファンタジーで勝利。芝での成績は先週から復調している。

C.デムーロ騎手+芝
Photo_5
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

今回も「ノーザンFしがらき」で成長が見込める。

放牧先情報
1_4
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2



⇒過去5年の朝日杯FSの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

【想定版HB新聞】阪神JF

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181208
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181209

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で阪神JFを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年の阪神JFの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


短距離戦からの参戦馬が多く、ペースが速くなりやすい。過去5年の勝ち馬の4頭が上がり3位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり3位以内をマーク
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内に該当。近年は優れた瞬発力を秘めた牝馬が多く、レースレベルが上がっている。瞬発力なしでは勝ち負けできない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「内」より「外」の傾向。

近2年の「位置取りシート」
Photo_5
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


「インスタグラム」に書いた通り、過去10年で1枠が3勝でトップ。2枠&3枠&6枠が0勝。6~8枠が2勝ずつ。外枠が不利とはなっていない。

過去10年の阪神JFの枠番別成績
Photo_7

ダノンファンタジーはファンタジーSを完勝。

レースラップのラスト3ハロン=11秒台
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《55》と高い。

「ハイブリッド指数」=《55》
2_2

「インスタグラム」に書いた通り、C.デムーロ騎手は芝では24連敗中。土曜のレースぶりを慎重に見極める必要があるか。

芝は24連敗中
Photo_6
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

2走続けての在厩調整もどうか。

2走続けての在厩調整
3_2
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


シェーングランツは「ハイブリッド指数」的には互角以上。

「ハイブリッド指数」=《56》

4_2

アルテミスSでは今回の出走馬の4頭で最先着。

①赤囲みをクリック
5_2

②対戦成績が表示
6_2
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


スタートが課題ではある。

レース特記=「スタ悪い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、藤沢和雄厩舎も外厩なしでは成績は不安定。そして、先週のチャレンジCで1番人気で飛んだレイエンダと同様、ポリトラック追い切りが気になる。

藤沢和雄厩舎+外厩なし
Photo_9
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「厩舎成績一覧」

長距離輸送もどうか。【直前情報】も参考にしたい。

チャンピオンズCの【直前情報】
1
*画像は【直前情報】

ビーチサンバも「ハイブリッド指数」は《53》と高い。

「ハイブリッド指数」=《53》
7_2

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」「瞬発力○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンFしがらき」へ短期放牧を使っている。

阪神JFの外厩情報
Photo_10
「JRDV.sp」ブログより

福永騎手への乗り替わりだが、友道厩舎との相性は抜群。

「騎手×厩舎成績」
8
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


レッドアネモスは新馬戦、サフラン賞を連勝。ただし、展開に恵まれた面も大きい。

後傾3.0秒以上のスローペース
9

グレイシアのアルテミスSはチグハグなレース。

レース特記=「展開厳い」「手前替×」「頭上げる」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

直線が短いコースが向いている。

馬特記=「小回向き」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

メイショウショウブはデイリー杯2歳Sは展開に恵まれた2着。

前後半37.0秒-34.0秒(後傾3.0秒のスローペース)
10

3着を外していない点は評価したい。

「全成績」=【1・1・2・0】
11

ベルスールは1400mでも行きたがる面がある。距離延長はマイナス材料。

レース特記=「行たがる」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

クロノジェネシスは上がり最速をマークして2連勝。

上がり最速をマーク
12

しかも、レースラップのラスト1ハロンは11.1秒と優秀。

レースラップのラスト1ハロン=11.1秒
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

「インスタグラム」に書いた通り、北村友一騎手は先週は2勝、2着4回。土曜の新馬戦2レースでは8番人気、11番人気で2着。

先週の北村友一騎手
Photo_4
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

既に自己最多の65勝を大きく更新する89勝。今年のリーディング5位。今年の勢いなら、初GⅠ制覇も十分にあり得るか。

リーディング5位
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」


⇒過去5年の阪神JFの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

【想定版HB新聞】チャンピオンズC

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181201
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181202

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でチャンピオンズCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年のチャンピオンズCの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


14年から「ジャパンカップダート」から名称が変更され、中京ダート1800mで施行されている。過去4年の勝ち時計は1分50~51秒台と速くはない。

過去4年の勝ち時計は1分50~51秒台
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近4年で「ハイブリッド指数」1番手は1連対とやや不振。「推定後半3ハロン」1位は2連対、勝ち馬の3頭が「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番ルヴァンスレーヴは南部杯でゴールドドリームに完勝。

レース内容
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デビューから連を外していない。

中央の「全成績」=【3・1・0・0】
2_2

時計が速いのも問題ない。

レース特記=「高速場○」「P速い○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

年長馬が相手のG1でも通用する。

「ハイブリッド指数」=《75》

3_2

「インスタグラム」に書いた通り、今年の中京ダート1800mのは1枠が勝率、連対率、複勝率ともにトップ。1枠を引けたのも大きい。

今年の中京ダート1800mの枠番別成績
1800


8番ケイティブレイブはJBCクラシックで中央G1初制覇。

「ハイブリッド指数」=《77》
4_2

レースぶりに幅が出ている。

レース特記=「R振スム」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1800mはベスト。

「距離実績」=【2・3・2・1】
5_2

昨年のチャンピオンズCは4着に敗れており、コース適性がどうか。

「コース実績」=【0・0・0・1】
6_2

11番オメガパフュームはJBCクラシックで上がり2位をマーク。

上がり2位をマーク
7_2

ラストは確実に伸びてくるタイプ。

レース特記=「終い確実」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1800mは3戦3勝。距離短縮は好材料。

「距離実績」=【3・0・0・0】
8

7番サンライズノヴァは近4走すべて上がり最速をマークしている。

近4走すべて上がり最速をマーク
9

1800mでも勝ち鞍はある。

「距離実績」=【1・2・1・1】
10

今回も後方一気のレース。

レース特記=「スタ悪い」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番アンジュデジールはJBCレディスクラシックを勝利。牡馬相手では見劣る。

「ハイブリッド指数」=《70》
11

9番サンライズソアはJBCクラシックで3着。

前後半36.7秒-38.1秒(前傾1.4秒のハイペース)
12

逃げ&先行勢で唯一、粘った内容は優秀。

レース特記=「展開厳い」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、今回はモレイラ騎手が初騎乗だが、今年は4角先頭が26レースあって、17勝&2着6回、勝率65%&連対率85%の驚異的なアベレージ。

今年のモレイラ騎手+「4角先頭馬」
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

マイペースで逃げれば渋太い。

馬特記&レース特記=「ハナ条件」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


⇒過去5年のチャンピオンズCの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

【想定版HB新聞】ジャパンC

■HBビューワの想定版

●会員版
土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181124
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20181125

HBビューワの見方(1)
HBビューワの見方(2)




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でジャパンCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年のジャパンCの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


過去5年の勝ち馬の4頭が4角4番手以内で立ち回っている。後傾0秒8以上のスローペースが4回。道中のペースはほとんど上がらず、瞬発力勝負となりやすい。

過去5年の勝ち馬の4頭が4角4番手以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の6頭が3着以内。「推定前半3ハロン」1位で3着以内はキタサンブラックのみ。近5年で「推定後半3ハロン」1位が4連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_5
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には内外に関わらず、1番手が好走の条件となる。

→過去、約10年分のジャパンCのPDFはコチラから

近2年の「位置取りシート」
Photo_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


1番アーモンドアイは史上5頭目の牝馬3冠を達成。既に古馬のG1レベル。

「ハイブリッド指数」=《74》
2_2

しかも、余裕残しの勝ち方。

レース特記=「直余力有」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦すべて上がり最速をマークしている。

6戦すべて上がり最速をマーク
3_2

「インスタグラム」に書いた通り、先週の東京の芝は「上がり最速馬」が13レース中、6勝、3着以内が12回。この馬の末脚なら差し届くか。

「上がり最速馬」=【6・4・2・1】
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

11番スワーヴリチャードの天皇賞(秋)はまったくレースをしていないので参考外。

レース特記=「スタ悪い」「Rせず」「直追止め」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それ以外は常に「ハイブリッド指数」=《70》台中盤をマーク。

「ハイブリッド指数」=《70》台中盤
4_2

東京コースは6戦4連対と得意としている。。

「距離実績」=【0・1・0・0】
5

スタミナがあるので、距離延長は好材料。今回は在厩調整なのがどうか。

馬特記=「スタミ○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番サトノダイヤモンドは京都大賞典で久々に上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク

6_2

一走ごとに「ハイブリッド指数」は戻ってきている。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

東京コースはダービーで2着。距離&コースともにベスト。

「距離実績」=【2・1・0・0】
8

8番キセキは天皇賞(秋)で3着。今回の登録馬の4頭の中では最先着している。

①赤囲みをクリック
Photo_6

②対戦成績が表示

Photo_5
→日曜版はコチラから(会員のみ)

見方1 見方2


2400mは神戸新聞杯で2着。スタミナがあるので、距離延長は問題ない。

馬特記=「スタミ○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番シュヴァルグラン連対率が50%と高い。

出走馬成績
Photo_7
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2

昨のジャパンCで巻き返して初G1制覇。「ハイブリッド指数」=《75》超えをマークできる実力がある。

「ハイブリッド指数」=《76》
9

「インスタグラム」に書いた通り、放牧帰り2戦目は9戦すべて3着以内。休み明けを使った方がよくなるタイプ。今年もチャンスは十分ある。

「休み明け成績」=【2・3・4・0】
Photo_2
「JRDV.sp」ブログより

10番カプリら、外国馬に関しては【直前情報】を参考にしたい。

マイルCSの【直前情報】
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞」の【直前情報】

昨年のジャパンCは「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。

「推定後半3ハロン」1位、2位で決着
Photo_35
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

馬連「1770円」が1点で的中して、計19万円の払い戻しに成功。得意の東京の中距離G1をキッチリと仕留めたい。

★馬連1点+3連複★
5811
馬連 17.7×1万円=17万7000円
3連複 13.0×1000円=1万3000円
購入6万4500円 払戻19万円


⇒過去5年のジャパンCの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年11月15日 (木)

【想定版HB新聞】マイルCS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でマイルCSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年のマイルCSの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内をマーク。あまり後方過ぎては差し届かないが、やはり上位の上がりは必要とされる。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「推定前半3ハロン」、「推定後半3ハロン」的にはイーブン。それより、ムーア騎手は3年連続して3着以内。近3年は外国人騎手が2人は3着以内に絡んでいる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「外・大外」ラインの人気馬が中心。エリザベス女王杯同様に、四隅は無条件。外目四隅は特に重要。人気上位+「追い切り指数」指数上位プラス効果は大。人気薄なら「後3F地点」で「内・中」と内目+内枠が基本。

→過去のマイルCSの「位置取りシート」はコチラから(無料)

近2年の「位置取りシート」
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


モズアスコットは安田記念で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
2_3

1600mは4戦4連対とベスト。

「距離実績」=【3・1・0・0】
3_2

大幅馬体増を叩いた効果は大きい。

レース特記=「次良気配」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アエロリットの毎日王冠はスピードの持続力が問われたレース。

1000m通過=59秒0→ラスト4ハロン10~11秒台
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回の出走馬の4頭の中では最先着している。

①赤囲みをクリック
7_2

②対戦成績が表示
8
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


安田記念がクビ差の2着で牡馬の一線級とも実力差はない。

「ハイブリッド指数」=《75》
4_2

ペルシアンナイトの近2走は不利を受けての敗戦。

レース特記=「不利」「スム欠く」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走は着順以上にハイレベルなパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《74》
5_2

「インスタグラム」に書いた通り、休み明け2走目は4戦すべて3着以内。典型的な叩き良化型で、前走からの上積みは大きい。

休み明け2走目の成績
Photo_4
「JRDV.sp」ブログより

アルアインも近走は一線級相手に善戦。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
6_2

1600mでも問題ない。

「距離実績」=【2・0・0・1】
7_3

川田騎手、池江寿厩舎のコンビは複勝率が50%を超えている。

「騎手・厩舎成績」
14
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


ステルヴィオは毎日王冠で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
8_3

1600mは3戦3連対と安定している。

「距離実績」=【1・2・0・0・】
9

今回も「ノーザンF天栄」への短期放牧を挟んでいる。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
12
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


「インスタグラム」に書いた通り、ビュイック騎手は2014年の阪神カップで1着、有馬記念で2着。人気薄で好走するケースが多い。

ビュイック騎手の成績
Photo_6
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

エアスピネルも常に「ハイブリッド指数」=《70》超え。

「ハイブリッド指数」=《71》
10_2

京都コースは得意としている。

「コース実績」=【2・2・2・0】
1_5

ケイアイノーテックの毎日王冠は10キロ増で仕上げ途上。

「馬体重」=466k(+10)
2_4

全8戦で上がり3位以内が7回。ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

「上がり3位内率」=《87%》
3_3

前走より確実に条件が好転する。

レース特記=「距離長」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキーグローリーは「ハイブリッド指数」的には見劣る。

「ハイブリッド指数」=《69》
4_3

ただし、11戦して3着を一度しか外していない点は評価したい。

「距離実績」=【3・1・2・1】
5_3

ロードクエストのスワンSはレベルは低め。

「ハイブリッド指数」=《70》
6_3

器用さがないので、多頭数も歓迎ではない。

レース特記=「スタ悪い」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ロジクライは富士Sで1000m通過が57.4秒を押し切った内容は優秀。

1000m通過=57.4秒
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回の出走馬の7頭の中では最先着している。

①赤囲みをクリック
10

②対戦成績が表示
11
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


5歳でもキャリアは浅い。

「全成績」=【5・2・2・4】
7_4

2走続けて在厩調整なのがどうか。

2走続け短期放牧なし
13
→日曜版はコチラから(会員のみ)
見方1 見方2


G1を勝てる実力はある。

「ハイブリッド指数」=《74》
7_5


⇒過去5年のマイルCSの「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版

→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年11月 8日 (木)

【想定版HB新聞】エリザベス女王杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でエリザベス女王杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒過去5年のエリザベス女王杯の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


過去5年の前後半の平均は36秒2-34秒7。近年はスローペースからの瞬発力勝負となりやすく、勝ち馬は4角7番手以内で立ち回っている。

過去5年の勝ち馬は4角7番手以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「位置取りシート」的には「最内」1番手は押さえが必要。

近2年の「位置取りシート」
Photo_5
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


近8年で「ハイブリッド指数」1番手の5頭が3着以内。近2年はデムーロ騎手が内を突いて差し切っている。しかも、「推定前半3ハロン」1位が2着で波乱を演出している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_29
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

モズカッチャンは札幌記念で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
2_2

展開が向いたとはいえ、牡馬相手に立派な内容。

レース特記=「展開向く」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

牝馬同士では実力は上位。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
3_2

「インスタグラム」に書いた通り、在厩調整では国内で6戦すべて3着以内に対して、休み明けは4戦して1勝のみ。札幌記念から中11週がどうか。

休み明けは4戦して1勝のみ
Photo_2

ノームコアは紫苑Sで上がり最速をマークして快勝。

「ハイブリッド指数」=《65》
4_2

勝ち時計はレースレコードで、時計の速い決着は得意としている。

レース特記=「芝軽い○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、紫苑Sの勝ち時計1分58秒0は中山2000mのコースレコードに0秒2差、史上4位の快時計。

史上4位の快時計
2000
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

デビューから5戦3勝、3着2回と崩れていない。

「全成績」=【3・0・2・0】
5

リスグラシューは府中牝馬Sで2着。

「ハイブリッド指数」=《72》
6

近4走で上がり32~33秒台を3回マークしている。

上がり32~33秒台
7

15戦して3着を外したのは3回だけ。

「全成績」=【3・6・3・3】

8

ひと叩きの効果は大きいはず。秋2走目のローテーション的にも余裕がある。

「馬体重」=460k(+12)
9

カンタービレは秋華賞で3着。

「ハイブリッド指数」=《66》
10

7戦して3勝、4着以下はオークスだけ。秋3走目で状態の維持がポイント。

「全成績」=【3・2・1・1】
1_3

レッドジェノヴァは京都大賞典で2着。

「ハイブリッド指数」=《72》
2_3

近4走すべて上がりは2位以内をマークしている。

近4走すべて上がりは2位以内
3_3

時計、上がりが掛かっても問題ない。

馬特記=「上が掛○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

フロンテアクイーンは重賞で4走連続して3着以内。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_3

ただし、距離延長はマイナス材料。

レース特記=「適距離」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コルコバードは13戦10連対と堅実。

「全成績」=【5・5・2・1】
5_2

ラストは確実に伸びてくるタイプ。

近4走すべて上がり2位以内
6_2

「インスタグラム」に書いた通り、「ノーザンF天栄」からの放牧帰りはGⅠ3連勝中。ノームコアだけでなく、この馬にも注意は必要か。

エリザベス女王杯の外厩先情報
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版


⇒過去5年のエリザベス女王杯の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版



→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年11月 1日 (木)

【想定版HB新聞】JBCクラシック

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でJBCクラシックを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

8番ケイティブレイブは近走は地方交流重賞で3戦連続して連対。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
1_2

レースセンスのよさは武器となる。最有力候補の1頭。

レース特記=「立回り○」「R振スム」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番サンライズソアは平安S、シリウスSと好走。

「ハイブリッド指数」=《74》

2_2

1900mでも勝ち鞍がある。

「距離実績」=【1・0・0・0】
3_2

距離短縮は好材料。

レース特記=「距離○」「距離長」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番オメガパフュームは一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_2

スピード、スタミナともに十分ある。

レース特記=「時計速○」「スタミ○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ノンコノユメはスタートが遅く、小回りコースは合わない。

レース特記=「小回り×」「スタ悪い」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

フェブラリーSを勝っている通り、上位の実力はある。

「ハイブリッド指数」=《77》
5_2

12番アポロケンタッキーは近走はズブい面が目立つ。

レース特記=「ズブイ」「追い通し」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は《70》台前半。勝ち切るのは厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《70》台前半
6

10番テイエムジンソクもG1で上位の実力はある。

「ハイブリッド指数」=《74》
7

初重賞制覇の京都コースは好相性。

「コース実績」=【
5・3・1・5】
8


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

【想定版HB新聞】天皇賞(秋)

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で天皇賞(秋)を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

●木曜想定版
天皇賞(秋)のハイブリッド新聞+「外厩シート」(+明日の園田9R)

●過去5年の天皇賞(秋)の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


過去5年の前後半の平均は36秒7-35秒4。GⅠにしてはスローペースで流れるケースが多い。「上がり最速馬」は3勝。良馬場では上がり33秒台が要求される。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、3着以内が5回。「推定後半3ハロン」1位も3着以内が5回。厩舎は関東では藤沢和雄、堀宣行、関西では池江泰寿、藤原英昭が複数年で3着以内馬を輩出している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

4番スワーヴリチャードは安田記念では初の1600m戦、前半34秒台前半のハイペース。

1000m通過が56秒8のハイラップ
2_2

1分31秒台前半の高速決着に対応して3着は優秀。

レース特記=「時計速○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは5戦2勝、2着2回、3着1回と好走。

「コース実績」=【2・2・1・0】
3_2

2400mがベストに思えるが、今年は2000mでは金鯱賞、大阪杯を勝っている。

「距離実績」=【3・1・0・1】

4_3

4番レイデオロのオールカマーをレースレコードタイで勝利。上がり最速34.3秒は1頭だけ抜けて速い。

上がり最速(上がり2位に0.5秒差)

5_4

ルメール騎手は9月以降のWIN5対象レースは16戦9勝、2着5回の驚異的な成績。安定感は他ジョッキーと比較にならない。

9月以降のWIN5対象レースの成績
Photo_5
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

東京コースは昨年のダービーを含め、3戦3連対と好相性。

「コース実績」=【2・1・0・0】
6_2

9番サングレーザーは好メンバーの札幌記念を快勝。

「ハイブリッド指数」=《73》
7_3

超ハイペースで、1~4着馬は4角9番手以降。

前後半34.4秒-37.6秒(前傾3.2秒のハイペース)
8

2歳以来となる2000mに対応。東京コースの上がりの速い決着の方がよい。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番マカヒキは札幌記念で2着。4角で7頭分ほど大外のポジション。

レース特記=「大外回る」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ハナ差の2着は勝ちに等しい内容。

「ハイブリッド指数」=《75》
9

上がりの速い東京コースの方がよい。

馬特記=「芝軽い○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

武豊Jと友道厩舎のコンビは成績がよい。

騎手×厩舎の好相性リスト
Photo_7
→先週の日曜分はコチラから

7番アルアインはレイデオロにクビ差の2着とはいえ、3着に0.5秒差は立派。

「ハイブリッド指数」=《73》
10_2

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りでは常に好走している。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
Photo_3
HBビューワ

10番キセキは毎日王冠で3着。1頭だけ58キロを背負って、悪くはない内容。

「ハイブリッド指数」=《74》
11

距離延長は好材料。

レース特記=「距離短」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番ヴィブロスは宝塚記念が4着。

「ハイブリッド指数」=《72》
12_2

折り合い、馬場など、敗因はハッキリしている。

レース特記=「掛り気味」「渋馬場×」「大外回る」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの速い決着の2000mは向いている。

馬特記=「芝軽い○「上が速○」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、友道厩舎は菊花賞でエタリオウが2着、ユーキャンスマイルが3着。芝の中~長距離での実績は文句なし。

最近の友達厩舎の成績
Photo_6
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「厩舎成績一覧」

11番ミッキーロケットは宝塚記念で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《75》
13

時計、上がりが掛かって欲しい。

レース特記=「渋馬場○」「内枠○」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

先週の菊花賞は「ノーザンF天栄」帰りのフィエールマンが快勝。そして、「ノーザンFしがらき」帰りのユーキャンスマイルが3着。

先週の菊花賞の「外厩シート」
Photo_5
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


昨年の天皇賞(秋)も休み明けの3頭で決着。今回は「社台系」の放牧帰りが7頭と多い。

昨年の天皇賞(秋)の「外厩シート」
Photo_6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


一昨年は「推定後半3ハロン」1位→4位で決着。馬単「3700円」&3連単「32400円」ともに的中して、34万円超えの払い戻し。

★一昨年の馬単&3連単3万馬券★
4911
馬単 37.0×5000円=18万5000円
3連単 324.0×500円=16万2000円
購入5万1000円 払戻34万7000円

昨年も枠連「800円」、3連複「15290円」が的中して、46万円超えの払い戻しを達成。実力上位の2頭が道悪が得意だから、枠連&馬連は美味しい配当に思えた。果たして今年は??

★昨年の枠連1点&3連複万馬券★
4911
枠連 8.0×2万円=16万円
3連複 152.9×2000円=30万5800円
購入7万4000円 払戻46万5800円

●木曜想定版
天皇賞(秋)のハイブリッド新聞+「外厩シート」(+明日の園田9R)

●過去5年の天皇賞(秋)の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

【想定版HB新聞】菊花賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で菊花賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】


⇒過去5年の菊花賞の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版
 
過去5年で「上がり最速馬」は3勝、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。そのうえ、勝ち馬はすべて2周目の4角を8番手以内で立ち回っている。

過去5年の勝ち馬は4角8番手以内→上がり2位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

長距離適性がない馬は2周目の3角で早々と手応えがなくなるので、必然的に勝ち負けになる馬はポジションが押しあげられることになる。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝、勝ち馬の6頭までが「ハイブリッド指数」3番手以内。そして、勝ち馬の6頭までが「推定後半3ハロン」2位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「最内」~「中」1番手が優勢。

近2年の「位置取りシート」
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


9番エタリオウは神戸新聞杯で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
2_3

レースラップのラスト1ハロンは12秒1を要して、瞬発力より、スタミナを要したレース。

レースラップのラスト1F=12.1秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラストは確実に伸びてくる。

馬特記&レース特記=「終い確実」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ひと叩きの効果もあるはず。

「馬体重」=468k(+14)
3_2

3番ブラストワンピースは新潟記念で上がり最速をマークして0.3秒差V。「ハイブリッド指数」は《70》超えと優秀。

「ハイブリッド指数」=《71》
4_2

ダービーはゴチャついたので力負けではない。

レース特記=「スム欠く」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それ以外の4戦は強い勝ち方をしている。最有力候補の1頭。

「全成績」=【4・0・0・1】
5_2

「インスタグラム」に書いた通り、過去10年で1~3枠で計7勝、単勝回収率&複勝回収率も高い。内枠を引けたのは大きい。

過去10年の菊花賞の枠番別成績
Photo_2

5番エポカドーロは神戸新聞杯はスタート直後に大きく躓く不利。

レース特記=「躓く」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

速い上がりが使えるタイプではないので、上がり3位で4着が精一杯。

上がり3位
6_2

7戦して3着を外したのは前走だけ。

「全成績」=【3・2・1・1】
7_2

スタミナがあるので、距離延長は問題ない。

レース特記=「スタミ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番ジェネラーレウーノのセントライト記念は一貫して12秒前後のスタミナを要する流れ。

前後半35.6秒-36.5秒(前傾0.9秒のハイペース)
8_2

勝ち馬以外は後方待機組が上位を独占。不向きな展開での勝利は立派。

1~3着のコーナー通過順など
6
HBビューワ

7戦4勝、3着が2回。崩れたのはダービーだけ。

「全成績」=【4・0・2・1】
9_2

瞬発力があるタイプではなく、長距離戦の上がりの掛かる決着は向くはず。

馬特記=「スタミ○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番メイショウテッコンは神戸新聞杯で3着。「ハイブリッド指数」的には差はない。

「ハイブリッド指数」=《68》
1_4

メンバー中で最多の4勝をあげており、フロックではない。

「全成績」=【4・0・1・3】
2_4

縦長でペースが落ち着けば、再度の好走があり得る。

馬特記=「スタミ○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番グレイルはセントライト記念で上がり最速をマークして3着。

上がり最速をマーク
3_3

器用さに欠けるので、展開が向くか次第。

レース特記=「追頭上る」「器用さ欠」「スタ悪い」

9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

12番フィエールマンはラジオNIKKEI賞で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
4_3

距離が伸びて同じ瞬発力が発揮できるかどうか。

馬特記=「瞬発力○」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番グロンディオーズは4戦3勝と底を見せていない。

「全成績」=【3・0・0・1】
5_3

「ハイブリッド指数」的には上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」=《61》

6_3

10番アフリカンゴールドは上がり最速をマークして2連勝。

上がり最速をマークして2連勝
7_3

ステイゴールド産駒でスタミナがある。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番ユーキャンスマイルは休み明けの阿賀野川特別を快勝。

「ハイブリッド指数」=《59》
8_3

友道厩舎は9月以降、23戦して10勝、2着2回。9連続連対の新記録。コチラも軽視はできないか。

友道厩舎の9月以降の成績
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV厩舎成績一覧」


⇒過去5年の菊花賞の「成績新聞」
タテ版
 ヨコ版



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

【想定版HB新聞】秋華賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で秋華賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内をマーク。例年は前半34秒台の速めのペースから、上がり34秒台の瞬発力勝負となっている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着2回。5番手以下で勝利したのは1頭だけ。「推定後半3ハロン」1位が4勝、3着2回。内回りでも実力通りに決まりやすい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

アーモンドアイは桜花賞、オークスを快勝。近走はすべて断トツの上がりをマーク。

すべて断トツの上がり最速
2_2

オークスの「ハイブリッド指数」はダービーより高かったほど。

「ハイブリッド指数」=《71》
3_2

同世代の牝馬同士では瞬発力が違い過ぎる。

馬特記&レース特記=「瞬発力○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで成長が見込める。

「ノーザンFし天栄」からの放牧帰り
2
HBビューワ

ラッキーライラックはオークスで上がり2位をマークして3着。

オークスで上がり3位
4_2

6戦4勝、すべて3着以内と安定している。

「全成績」=【4・1・1・0】
5_2

時計、上がりの速い決着には実績がある。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カンタービレはローズSで重賞2勝目。

「ハイブリッド指数」=《63》
6

1000m通過が59.9秒は重賞としては遅く、レースラップのラスト3ハロンは11秒台と速い。

1000m通過が59.9秒→レースラップのラスト3F11秒台
1
HBビューワ

6戦して連対を外したのはオークスだけ。

「全成績」=【3・2・0・1】
7_2

サラキアは上がり3位をマークして2着。

上がり3位
8

一戦ごとに着実に成長している。

一戦ごとに馬体増
9

阪神より、京都の方が向いている。

馬特記=「芝軽い○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ランドネは紫苑Sで3着。マイペースで逃げられた恩恵が大きい。

前後半35.1秒-34.2秒(後傾0.9秒のスローペース)
10

プリモシーンは関屋記念で古馬相手に快勝。

「ハイブリッド指数」=《68》
11

桜花賞、NHKマイルCを含めて、上がり3位以内をマークしている。

近走はすべて上がり3位以内
1_5

1800m以上の経験がなく、2ハロンの距離延長が課題。

「距離実績」=【0・0・0・0】
2_3

ミッキーチャームは余力を残して3連勝。

レース特記=「完勝」「直余力有」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

底を見せていない点は魅力ではある。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
3_3


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年10月 4日 (木)

【想定版HB新聞】毎日王冠、京都大賞典、サウジアラビアロイヤルC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で毎日王冠、京都大賞典、サウジアラビアロイヤルCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の上がりは32秒台、33秒台が2頭ずつ。スローペースからの瞬発力勝負となりやすい。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり32~33秒台
01
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近2年は「ハイブリッド指数」1番手、2番手がワン・ツー。「推定後半3ハロン」上位で決着している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

アエロリットは安田記念で牡馬相手に2着。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

2_2

時計の速い決着には実績がある。

レース特記=「時計速○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

安定した先行力が持ち味のひとつ。

「4角5番手内率」=《90%》
3_2

今回も「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
2
HBビューワ

行たがる面があるので、距離延長が課題。

馬特記=「行たがる」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノアーサーは道悪のエプソムCで初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《71》
4_2

重馬場にも実績がある。

「重馬場実績」=【1・1・0・1】
5_2

とはいえ、本来は良馬場の方がよいタイプ。

馬特記=「芝軽い○」「上が速○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ステルヴィオは皐月賞で上がり1位、ダービーで上がり3位。

上がり3位

6_2

いずれも先行勢が残る展開が向かなかった面はある。

4角4番手以内で決着

5

「ハイブリッド指数」を何処まで伸ばせるかどうか。

「ハイブリッド指数」=《63》

7_2

距離短縮は好材料。

「距離実績」=【2・0・0・0】
9

ダイワキャグニーは東京コースで5勝。

「コース実績」=【5・0・1・3】

10

右回りより、左回りの方が得意。

馬特記=「右回り×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上位を争える実力はある。

「ハイブリッド指数」=《70》
1_2

ケイアイノーテックはNHKマイルCを上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク

2_3

時計の速い決着は得意。

レース特記=「時計速○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7戦して3着を外したのは一度だけ。

「全成績」=【3・2・1・1】
3_3

キセキは宝塚記念は他馬と接触するなど、スムーズさを欠いての敗戦。

レース特記=「スム欠く」「他馬接触」

8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それでも、「ハイブリッド指数」は低くはない。

「ハイブリッド指数」=《71》

4_3

スタートが課題となる。

「出遅れ率」=《60%》

5_3

一昨年は「推定後半3ハロン」1位→3位→4位で決着。

毎日王冠の「推定3ハロン」
3f_11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連複万馬券が的中して、18万円超えの払い戻し。

★3連複万馬券★
422
3連複 185.4×1000円=18万5400円
購入3万4000円 払戻18万5400円

そして、昨年は「推定後半3ハロン」1~3位で決着。

「推定後半3ハロン」1位=7番グレーターロンドン
Photo_46
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連複万馬券が的中して、約13万円の払い戻し。東京開催は「推定後半3ハロン」重視で儲けやすい。

★3連単2万馬券★
4211_2
3連単 272.8×500円=13万6400円
購入3万4000円 払戻13万6400円


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年9月27日 (木)

【想定版HB新聞】スプリンターズS

■ハイブリッド競馬新聞用の想定版(会員限定)■

ハイブリッド競馬新聞用のビューワ、出走馬確定版をアップしました。

*ラップタイム用のデータを追加しました。


土曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20180929
日曜日
https://cyber-mm.jp/vt/hbv.php?cd=20180930

*ビュワーの見方はコチラから

1
2
HBビュワー(テスト中)
*見方はコチラから




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でスプリンターズSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「4角先頭馬」は3頭も馬券絡み。ただし、勝ち馬はすべて4角5番手以降から、上がり33秒台をマークして差し切っている。

4角5番手以降→上がり33秒台をマーク
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「推定後半3ハロン」1位が3勝、2着1回。勝ち馬の4頭が「推定後半3ハロン」2位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的にも近年は「中」~「大外」の好走が多い。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ファインニードルは休み明けのセントウルSを58キロを背負って快勝。

「ハイブリッド指数」=《75》

3_2

渋った馬場は得意としている。

レース特記=「渋馬場○」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年は敗れているとはいえ、坂のあるコースは問題ない。

馬特記=「坂○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

余裕残りの仕上げで使ってので、良化が見込める。

レース特記=「次良気配」
Photo_2
HBビュワー(テスト中)

ナックビーナスはキーンランドCで初重賞制覇。2着馬に0.4秒差の快勝。

前後半33.7秒-35.7秒(前傾2.0秒のハイペース)

4_2

中山コースでは7戦すべて3着以内に好走している。

「ハイブリッド指数」=《73》
5_2

レッツゴードンキは1200mのG1で2着が3回。

「ハイブリッド指数」=《73》
6_2

馬場が渋るのは歓迎のクチ。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mでの善戦続きに終止符を打ちたい。

「距離実績」=【0・3・2・3】
7_2

アレスバローズはCBC賞、北九州記念と重賞2連勝。

レース特記=「時計速○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

いずれも上がり33秒台をマーク。

上がり33秒台
8_2

前半32秒台のハイペースのなか、ラストまで11秒台でまとめたのは優秀。

レースラップのラスト1F11秒台
Photo_3
HBビュワー(テスト中)

近2走は落ち着きが出たのが好走の要因か。

レース特記=「落着ほし」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッドファルクスはラストは確実に伸びてくる。

レース特記=「終い確実」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

得意の中山で一変できるかどうか。

「コース実績」=【2・0・0・1】
9

ムーンクエイクは近2走は出遅れが敗因。

レース特記=「スタ悪い」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《71》
10

ラブカンプーは超ハイラップを刻みながら、2着に粘ったのは立派。

前後半33.3秒-35.5秒(前傾2.2秒のハイペース)
1_3

ただし、小柄な牝馬で馬体重が減らないかは不安。

「馬体重」=438k(+8)
2_5

セイウンコウセイは函館スプリントSをハイラップで逃げ切り勝ち。

前後半33.1秒-34.5秒(前傾1.4秒のハイペース)
3_3

上がりが掛かれば、出番があってよい。

レース特記=「上が掛○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

【想定版HB新聞】神戸新聞杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で神戸新聞杯、オールカマーを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位。全場・全距離のなかでも、もっとも上がり順位が結果に直結しやすい。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は5勝、すべて3着以内。勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」2番手以内。フロックでは勝てないレース。「推定後半3ハロン」1位が5勝、計7連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「中」~「大外」が優勢。1番手に該当が勝利の条件。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ワグネリアンは皐月賞の敗戦から巻き返してダービー制覇。

「ハイブリッド指数」=《67》
3_3

荒れ馬場は苦手で、軽い芝の方が得意。

レース特記=「渋馬場×」「芝軽い○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

唯一、崩れたのが皐月賞だけ。

「全成績」=【4・1・0・1】
4_2

「ノーザンF天栄」からの放牧帰りで仕上がりはよいはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
5_3
土曜版 日曜版(HB会員限定)

乗り替わりはマイナスだが、レースセンスのよさで克服するか。

レース特記=「R振スム」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エポカドーロはダービーはマイペース逃げで2着。

前後半36.0秒-34.6秒(後傾1.4秒のスローペース)
5_2

スタミナがあるので、時計の掛かる馬場は得意。

レース特記=「時計掛○」「スタミ○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦して3着を外していない。

「全成績」=【3・2・1・0】
6

エタリオウはダービーで上がり2位をマーク。

上がり2位

7_4

ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

レース特記=「終い確実」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2400mは4戦3連対。

「距離実績」=【0・3・0・1】
8

ステイフーリッシュはダービーでも大きく負けていない。

「ハイブリッド指数」=《62》
9_2

距離は延びれば、伸びるほどよいタイプ。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ゴーフォザサミットは札幌記念で年長馬相手に7着。

「ハイブリッド指数」=《65》
10

成績にムラはあるが、実力的には上位を争えてよい。

「全成績」=【3・0・0・5】
1_5

メイショウテッコンはメンバー中で最多タイの4勝は評価できる。

「全成績」=【4・0・0・3】

2_4

アドマイヤアルバは10戦して2勝、2着6回。相手なりに走れるのは強み。

「全成績」=【2・6・1・1】
3_4

「上がり3位内率」は《80%》と高く、ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

「上がり3位内率」=《80%》
6_2
土曜版 日曜版(HB会員限定)

ダービーでは直線だけの競馬とはいえ、上がり最速マークは評価できる。

ダービーで上がり最速をマーク

4_3


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年9月13日 (木)

【想定版HB新聞】セントライト記念、ローズS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でセントライト記念、ローズSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬は4角9番手以内で立ち回っている。そして、近2年は「上がり最速馬」が勝利している。

近2年は「上がり最速馬」が勝利
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の5頭が馬券絡み。昨年は「推定後半3ハロン」1~3位で決着。「推定後半3ハロン」3位以内の2頭が馬券に絡むケースは多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「内」より「外」が優勢。

近2年の「位置取りシート」
2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


レイエンダはデビューからすべて上がり最速をマークして3連勝中。

3戦すべて上がり最速
3_2

前走・松前特別もレースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒と速く、余力十分の勝ち方。

レースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースセンスがよく、勝負所の加速も速い。

馬特記&レース特記=「加速速い」「R振スム」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的にも上積みは十分に見込める。

「ハイブリッド指数」=《60》
3_3

ジェネラーレウーノはハイペースの皐月賞で3着。

前後半35.5秒-37.3秒(前傾1.8秒のハイペース)
4_2

スタミナがあって、上がりが掛かる決着が得意。

馬特記&レース特記=「上が掛○」「スタミ○」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京より中山コースが向いている。

「コース実績」=【2・0・1・0】
5_2

ギベオンはNHKマイルCで2着と健闘。

「ハイブリッド指数」=《60》
6_2

デビューから4戦して連を外していない。

「全成績」=【2・2・0・0】
7

コズミックフォースはダービーでは16人気で3着に好走。

「ハイブリッド指数」=《65》
8

器用さに欠ける面があるので、東京コースが向いている。

馬特記&レース特記=「府中向き」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、中山でも重賞で2着の実績はある。

「コース実績」=【0・1・0・0】
9

ブレステイキングは5戦2勝。

「全成績」=【2・1・1・1】
10

時計、上がりの掛かる条件が得意。

馬特記&レース特記=「時計掛○」「上が掛○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山でも勝ち鞍がある。

「コース実績」=【1・0・0・・0】
1_3

グレイルは実力的には上位の存在。

「ハイブリッド指数」=《60》
2_3

レースぶりに進境があるかどうか。

レース特記=「スタ悪い」「追頭上る」「器用さ欠」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

タニノフランケルは先行力があるので、小回りコースが向いている。

レース特記=「小回向き」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マイペース逃げなら強いので、同型との兼ね合いがどうか。

「ハイブリッド指数」=《61》
3_4


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年9月 6日 (木)

【想定版HB新聞】セントウルS、京成杯AH、紫苑S

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。9月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きます。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて10月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でセントウルS、京成杯AH、紫苑Sを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角5番手以内で立ち回っている。そして、勝ち時計はすべて1分7秒台と速い。

勝ち馬は4角5番手以内、勝ち時計は1分7秒台
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が6頭も3着以内。そして、過去5年の勝ち馬の4頭が「推定前半3ハロン」3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「内」~「中」が好走している。

近2年の「位置取りシート」
Photo_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ファインニードルは高松宮記念で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《74》
2_2

香港遠征ではスムーズさを欠きながら4着と健闘。

レース特記=「スタ悪い」「外被る×」「スム欠く」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年のセントウルSを制している通り、阪神コースは得意としている。

「コース実績」=【3・1・0・4】
3_2

アドマイヤムーン産駒は阪神1200mと相性がよい。

「種牡馬=○」
1_3
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

ラブカンプーは1200mでは3着を外していない。

「距離実績」=【2・3・1・0】
4_2

ダッシュ力の速さが最大の持ち味。

馬特記&レース特記=「スピ有り」「ダッシ○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
5_2

ダイアナヘイローは阪神では阪急杯を制している。函館スプリントSは9着とはいえ、「ハイブリッド指数」は高い。

「ハイブリッド指数」=《70》
6

アサクサゲンキの北九州記念は直線でゴチャついたのが敗因。

レース特記=「ゴチャ」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には見劣らない。

「ハイブリッド指数」=《67》
7

今回もスタートがカギとなる。

レース特記=「スタ悪い」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラインスピリットも「ハイブリッド指数」的には大差ない。

「ハイブリッド指数」=《68》

9

前走は出遅れて流れに乗れず参考外とみてよい。

レース特記=「スタ悪い」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

牡馬にしては小柄で、開幕週の絶好馬場は歓迎。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神コースも好相性。

「コース実績」=【2・1・0・1】
10


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年8月23日 (木)

【想定版HB新聞】新潟2歳S、キーンランドC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で新潟2歳S、キーンランドCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去4年の勝ち馬はすべて上がり2位以内。昨年は4角1番手&2番手で決着したとはいえ、圧倒的に差し&追い込み馬が優勢のレース。

過去4年の勝ち馬は上がり2位以内
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2歳重賞にも関わらず、勝ち馬の上がりは32~33秒台前半と速い。13年ハープスター(1着)&イスラボニータ(2着)、15年ロードクエスト(1着)が3歳GⅠで連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ケイデンスコールは2戦目で順当勝ち。

「ハイブリッド指数」=《40》
2_3

2戦ともにレースラップのラスト1Fは11秒台と速い。

レースラップのラスト1F=11秒台
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースセンスがよいので、乗り替わりも問題ないはず。

レース特記=「R振スム」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エイシンゾーンは中京2歳Sで2着。

「ハイブリッド指数」=《43》
3_2

テンションが高いので、長距離輸送の克服がカギ。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アンブロークンは初戦のレースラップのラスト1Fが12秒台。

レースラップのラスト1F=12.1秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

500kgの大型馬で、上がりが掛かった方がよいタイプ。

レース特記=「荒馬場○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ロードアクアはレースラップのラスト1Fは11秒台と速い。

レースラップのラスト1F=11.6秒台
5

「ハイブリッド指数」も《39》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《39》
4_4

エルモンストロは初戦が1分34秒台の好時計勝ち。

「ハイブリッド指数」=《40》
5_2

レースラップのラスト3Fすべて11秒台は優秀。

レースラップのラスト3F=11秒台
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エイカイキャロルの初戦は上位が大接戦。

「ハイブリッド指数」=《36》

6_2

展開にも恵まれた印象。

前後半37.9秒-33.5秒(後傾4.4秒のスローペース)

6_3

ジョディーの初戦の2着馬ウインゼノビアは次走の未勝利、クローバー賞を連勝。6月の時点で「ハイブリッド指数」=《38》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《38》

7_2

レースラップのラスト3ハロンが11.5秒-11.4秒-11.3秒は非常に優秀。単にスピードだけで押し切った訳ではない。

レースラップのラスト3ハロン=11.5秒-11.4秒-11.3秒

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年8月16日 (木)

【想定版HB新聞】札幌記念、北九州記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で札幌記念、北九州記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で前傾ラップが4回とペースは速め。しかしながら、勝ち馬は4角6番手以内で立ち回っている。小回りコースらしく、直線一気の追い込みは決まらない。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の6頭が3着以内。昨年の勝ち馬以外、「推定前半3ハロン」か「推定後半3ハロン」で4位以内に該当している。内枠の人気薄に注意したい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「最内」の1番手は押さえておきたい。

「最内」の1番手
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


モズカッチャンは年明け初戦の京都記念で4着して、ドバイシーマCで6着。

「ハイブリッド指数」=《70》
3_2

2000mは1勝、3着1回とベスト。

「距離実績」=【1・0・1・0】
4_2

渋った馬場は得意なので、洋芝は問題ないはず。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキースワローはAJCCで上がり最速、大阪杯で上がり3位をマーク。

近2走は上がり3位以内
5_2

キャリアは9戦と浅く、上積みが見込める。

「全成績」=【3・1・1・4】
6_2

気性面での成長が欲しい。

馬特記=「掛り気味」「気性若い」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マカヒキは昨秋は善戦止まりだが、「ハイブリッド指数」=《70》超えはマーク。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7_2

瞬発力が持ち味なので、力の要る洋芝は不向きか。

馬特記=「渋馬場×」「芝軽い○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走の出遅れ癖も気になる。

レース特記=「スタ悪い」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サングレーザーは安田記念で5着。右回りの方が向いている。

レース特記=「左回り×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計、上がりの掛かる洋芝がどうか。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ネオリアリズムは一昨年の覇者で、札幌コースは3戦3勝。

「コース実績」=【3・0・0・0】

8_2

折り合い面が課題。

レース特記=「行たがる」「折合×」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マイスタイルは2走連続して逃げ切り勝ち。今回は同型が多い。

馬特記=「ハナ条件」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的にも不足気味。

「ハイブリッド指数」=《67》
1_2

サクラアンプルールは昨年の札幌記念を快勝。オープンでは10戦して、3着以内が5回。

「クラス成績」=【1・3・1・5】
3_3

上がりの掛かる舞台は向いている。

馬特記&レース特記=「上が掛○」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

年齢的な衰えも感じられない。

「ハイブリッド指数」=《70》
2_4


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

【想定版HB新聞】関屋記念、エルムS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で関屋記念、エルムSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は計3頭が馬券絡み。差し&追い込み勢は上がり33秒台が要求される。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち時計は1分31~32秒台中盤と速く、高速決着&瞬発力勝負への対応力が必要。

レース特記=「時計速○」

14
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近8年の勝ち馬の6頭が「ハイブリッド指数」4番手以内。勝ち馬はすべて「推定前半3ハロン」5位以内に該当。意外にも先行勢の活躍が目立つが、果たして今年はどうか。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

リライアブルエースは近2走は重賞でも好走。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
3_4

時計の速い決着は得意としている。

レース特記=「時計速○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mは4戦すべて3着以内とベスト。

「距離実績」=【1・2・1・0】
4_4

プリモシーンはNHKマイルCでスムーズさを欠きながら5着は立派。

レース特記=「不利」「ゴチャ」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアは5戦と浅い。

「全成績」=【2・1・0・2】
6_2

「ハイブリッド指数」的に上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」=《63》
5_4

フロンティアは中京記念で0.3秒差の4着と善戦。

「ハイブリッド指数」=《67》

7_2

新潟では新潟2歳Sを勝利している。

「コース実績」=【1・0・0・0】
8_2

左回りコースが向いている。

馬特記&レース特記=「左回り○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エイシンティンクルは時計の速い決着は得意としている。

馬特記&レース特記=「時計速○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに成長が感じられる。

「ハイブリッド指数」=《66》

9

ワントゥワンは中京記念で直線で挟まれる不利。

レース特記=「直線挟る」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラストは確実に伸びてくるタイプ。見限るのは早い。

馬特記=「終い確実」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ウインガニオンの中京記念は1000m通過が57.0秒と速く、息の入らない流れが厳しかった。

レース特記=「R息入ず」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

年齢的な衰えはないので、斤量58キロがどうかだけ。

「ハイブリッド指数」=《68》
10

ショウナンアンセムは多摩川S、パラダイスSと連勝。「ハイブリッド指数」的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《68》
11

3歳時にはオープン特別のジュニアCで3着しており、ようやく本格化してきた。

「クラス成績」=【1・0・1・0】
12

時計、上がり勝負にも対応できる。

レース特記=「上が速○」「時計速○」

8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

【想定版HB新聞】アイビスSD、クイーンS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でアイビスSD、クイーンSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の連対馬の7頭までが3番手以内の追走。唯一の直線1000m戦の重賞らしく、現役屈指のダッシュ力を競うレース。勝ち時計は54.1秒~54.3秒と0.2秒しかブレがなく、この時計で走れるかが大きな目安となる。

過去5年の勝ち時計は54.1秒~54.3秒
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で「推定前半3ハロン」1位が3勝、2着1回。また、枠順による有利・不利が大きく、外枠有利が顕著。牝馬は斤量差を活かして例年、1~2頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ダイメイプリンセスは直線1000mは2戦2勝。

「距離実績」=【2・0・0・0】
3_2

いずれも完勝している。

レース特記=「完勝」

1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この距離ならG2を勝てるレベルにはある。時計短縮が課題となる。

勝ち時計=54秒9
4_2

ラブカンプーは葵Sで2着。

「ハイブリッド指数」=《56》
5_2

ダッシュ力の速さが持ち味といえる。

レース特記=「ダッシ○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mは5戦すべて連対している。

「全成績」=【2・5・0・2】
6_2

レッドラウダは1000mで10戦して3着以内が6回。

「距離実績」=【1・3・2・4】
7

ダッシュ力が速く、この距離がベスト。

レース特記=「ダッシ○」「適距離」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レジーナフォルテは昨年は「推定前半3ハロン」3位に該当して3着。

昨年の「推定3ハロン」
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

「4角5番手内率」は《90%》と高い。

「距離実績」=【1・0・1・1】
8

カラクレナイは「ハイブリッド指数」的には足りる。

「ハイブリッド指数」=《67》
9

スタートがよく、折り合いに不安があるので、初距離で前進があってよい。

レース特記=「スタ良い」「掛り気味」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ペイシャフェリシタのCBC賞は出遅れたうえ、折り合いを欠いたのが敗因。

レース特記=「行たがる」「スタ悪い」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計の速い決着は問題なく、初距離が向くかもしれない。

馬特記&レース特記=「時計速○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラインスピリットは実力的には上位。

「ハイブリッド指数」=《68》

10

馬体減りの不安があるので、馬体増で出走できるか。

「馬体重」=438(-8k)
11_2


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

【想定版HB新聞】函館2歳S、中京記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で函館2歳S、中京記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去4年の勝ち時計は1分9秒~10秒台と遅く、上がりも35秒台中盤~36秒台前半を要するケースがほとんど。洋芝だけあって、時計が掛かっている。

勝ち時計は1分9秒~10秒台
5_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」2番手以内が4勝。勝ち馬の6頭が前後半5傑入りに該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

昨年は前後半5傑入りの2頭が1着、3着。

前後半5傑入りの2頭が3着以内
Photo_31
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連複で2万馬券が的中して、10万円超えの払い戻し。

★3連複2万馬券★
2611
3連複 275.1×500円=13万7500円
購入1万8000円 払戻13万7500円

ナンヨーイザヨイは新馬戦を完勝。

レース特記=「完勝」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《40》超えは評価できる。

「ハイブリッド指数」=《44》
2_5

「インスタグラム」に書いた通り、例年は1分10秒0前後の決着で、洋芝だけあって時計が掛かる。1分9秒台の持ち時計がひとつの目安となる。

2歳新馬戦の勝ち時計
Photo_2
2歳未勝利戦の勝ち時計
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

アスターペガサスはレベル的にはナンヨーイザヨイには見劣る。

「ハイブリッド指数」=《37》
3_5

ただし、レースラップのラスト1Fは11.5秒だから、余力を残して勝っている証拠。

レースラップのラスト1Fは11.5秒
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

追って頭が上がるので、追い比べになった時にどうか。

レース特記=「追頭上る」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スズカカナロアの方が「ハイブリッド指数」的には高い。

「ハイブリッド指数」=《41》
4_6

レースラップのラスト1Fが12.0秒を要した点はやや不満が残る。

レースラップのラスト1F=12.0秒

3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ホールドユアハンドはダートの新馬戦を圧勝。

「ハイブリッド指数」=《41》
5_4

レースラップのラスト1Fが12.5秒を要しており、距離延長は不安材料。

レースラップのラスト1F=12.5秒
4_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カルリーノは2戦目で初勝利。

「ハイブリッド指数」=《43》
6_2

2戦ともに上がり最速をマーク。末脚はシッカリしている。

2戦ともに上がり最速をマーク
7

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

デイリー杯2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

【想定版HB新聞】函館記念

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。7月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、ID・パスワードを停止させて頂きました。今週末の利用をご希望の場合は、以下のページから「再入会」のお手続きをよろしくお願い致します。

ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて8月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で函館記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬は4角4番手以内から、上がり6位以内をマーク。好位から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。人気薄の逃げ馬には注意が必要。

勝ち馬は4角4番手以内→上がり6位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の3着以内は2頭のみだが、5番手以内が6勝をあげている。「推定前半3ハロン」1位が3勝、3着1回と好走。勝ち馬の5頭が「推定後半3ハロン」5位以内に該当。あまり、前半・後半系の特徴はない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

トリコロールブルーは鳴尾記念で3着。「ハイブリッド指数」は《60》台後半と高い。

「ハイブリッド指数」=《69》
2_4

近2走は時計、上りの速い決着にも対応している。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mでは5戦して3着を外していない。

「距離実績」=【3・1・1・0】
3_5

エアアンセム近2走は「ハイブリッド指数」=《65》超え。

「ハイブリッド指数」=《65》超え
4_4

詰めは甘いが、相手なりに走るタイプ。

「全成績」=【4・4・5・13】
5_3

サクラアンプルールは近2走は「ハイブリッド指数」=《70》と優秀。

「ハイブリッド指数」=《70》
6_4

スタミナを要求される条件は向いている。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けに実績がない点がどうか。

「休み明け成績」=【1・0・0・5】
7_4

スズカデヴィアスは新潟大賞典を制して、年齢に衰えは感じられない。

「ハイブリッド指数」=《69》
8

函館の洋芝は克服できるはず。

馬特記=「渋馬場○」「時計掛○」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ブレスジャーニーは巴賞で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
9

スタートが悪いのが課題なので、展開が向くかどうか。

レース特記=「スタ悪い」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ブラックバゴは中山記念は脚を余しての4着。

レース特記=「直余力有」
7_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《68》
11

函館で勝利しているのは強みといえる。

「コース実績」=【1・0・0・0】
12

ナイトオブナイツは巴賞を快勝。

「ハイブリッド指数」=《65》
10

立ち回りが巧く、小回りの函館コースは向いている。

レース特記=「立回り○」「函館向き」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

【想定版HB新聞】プロキオンS

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。7月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きます。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて8月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でプロキオンS、七夕賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

前半3ハロンはいずれも前半34秒台と速く、過去5年すべて1秒3以上の前傾ラップとなっている。

過去5年すべて前傾ラップ
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち時計は1分21秒9~22秒9と速く、1分22秒台中盤の持ち時計は欲しい。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。昨年は「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。全体的には後半系のレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

キングズガードは地方交流重賞で連続して2着。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
4_4

ゲートが遅いのは仕方ない。

レース特記=「スタ悪い」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中京コースは得意としている。

「コース実績」=【1・1・2・1】
5_4

インカンテーション近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え。年齢的な衰えは小さい。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
6_2

マテラスカイは準オープンの2戦が完勝。

レース特記=「完勝」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mなら実力は重賞級。

「ハイブリッド指数」=《68》

7

1ハロンの距離延長が大きな課題。

「距離実績」=【0・2・0・3】

8

サクセスエナジーは地方交流重賞を2連勝。「ハイブリッド指数」=《70》は優秀。

「ハイブリッド指数」=《70》

9

4歳馬でキャリアが浅く、伸びシロが見込める。斤量がどうかだけ。

中央の「全成績」=【4・1・0・4】

10

ドリームキラリは近走は逃げて好走している。同型との兼ね合いがカギ。

レース特記=「ハナ条件」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ウインムートは近2走は控える形で勝利しているのは収穫。

「ハイブリッド指数」=《70》
11

時計が速い決着にも対応できる。

レース特記=「時計速○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルグランフリソンはオープン特別のオアシスSを勝利。

「ハイブリッド指数」=《69》
11_2

折り合い面が課題なので、福永騎手に戻るのは好材料。

レース特記=「掛り気味」「掛かる」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

【想定版HB新聞】ラジオNIKKEI賞、CBC賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でラジオNIKKEI賞、CBC賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で4角9番手以降から連対した馬はおらず、あまり後方過ぎては届かない。ただし、勝ち馬はすべて上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手は3着以内が2回。一応、「ハイブリッド指数」5番手以内が4勝。54キロ以下の軽ハンデ馬が6連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

イェッツトは京成杯、プリンシパルSで3着。小回りコースの適性はある。

レース特記=「小回向き」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この馬の「ハイブリッド指数」を超えられるかが一つの目安となる。

「ハイブリッド指数」=《54》
2_2

ケイティクレバーは「ハイブリッド指数」的には上位の1頭。

「ハイブリッド指数」=《55》

3_2

小林徹Jへ乗り替わって、積極的に先手を奪うか。

馬特記&レース特記=「ハナ条件」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

メイショウテッコンもハナを切るのが理想。マイペースで逃げられれば強い。

「ハイブリッド指数」=《61》
4_2

キューグレーダーは4戦して連を外していない。

「全成績」=【2・2・0・0】
5_2

前走のレースラップのラスト1ハロンが11.4秒だから、まだ伸びシロが見込める。

レースラップのラスト1ハロン=11.4秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計が速くても、遅くても対応できる。

レース特記=「時計掛○」「上が速○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キボウノダイチは前走で2勝目だが、展開に恵まれた面は大きい。

前後半36.5秒-34.4秒(後傾2.1秒のスローペース)
6_2

グレンガリーは休み明けを2連勝。

「ハイブリッド指数」=《51》
7

福島コースで勝ち鞍があるのは強み。

「コース実績」=【1・0・0・0】
8

小回りに対応できる立ち回りの巧さは武器。

レース特記=「立回り○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

フィエールマンは新馬戦、山藤賞を2連勝。「ハイブリッド指数」は《57》と高い。

「ハイブリッド指数」=《57》
10

しかも、山藤賞のレースラップのラスト2ハロン11.6秒→11.4秒は強烈。瞬発力は重賞でも互角以上。

レースラップのラスト2ハロン11.6秒→11.4秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

【想定版HB新聞】宝塚記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で宝塚記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】


宝塚記念の想定版(+金曜の園田6R、10R)
→宝塚記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版


過去5年で「上がり最速馬」は3勝、勝ち馬すべて上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

梅雨の時期で馬場が荒れやすく、道悪適性の高さも要求される。

レース特記=「渋馬場○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は3着以内が5頭。ただし、ノーマークが4勝している。「推定後半3ハロン」1位、2位のほぼどちらかは3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「インスタグラム」に書いた通り、梅雨の時期で馬場の内が荒れやすく、8枠が目下5連勝中。しかしながら、今年は例年より馬場状態はかなり良い。土曜の芝の傾向を要チェック。

先週は芝1600mでのタイレコード決着
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

「位置取りシート」的には四隅&内・外枠。四隅に関しては3番手までの変則系。1番手内目が安定ゾーンで、近年は内目の傾向。

近2年の「位置取りシート」
Photo
コンビニ版位置取りシート的、宝塚記念の過去分
→ コチラ
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


3番サトノダイヤモンドの大阪杯は内枠でゴチャついて、スムーズさを欠いていた。

レース特記=「ゴチャ」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

金鯱賞で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
3_4

国内では13戦して一度しか3着を外していない。前走の敗戦だけでは見限れない。

「全成績」=【7・1・3・1】
4_5

16番キセキは日経賞はスムーズさを欠くレース内容。

レース内容
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

その割には「ハイブリッド指数」的には低くはない。

「ハイブリッド指数」=《68》

5_5

泥んこ馬場の菊花賞を勝っており、渋った馬場、重い馬場は得意。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「スタミ○」

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

出遅れ癖が課題ではある。

レース特記=「スタ悪い」

3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神は4戦すべて3着以内と得意としている。

「コース実績」=【1・1・2・0】

7

10番ヴィブロスは平坦コースの瞬発力勝負が得意。阪神の坂、荒れた馬場が課題となる。

馬特記=「芝軽い○」「上が速○」

4_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ドバイターフ(2着)以来、約3ヵ月ぶりの実戦で仕上がりがどうか。

ユニコーンSの【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番サトノクラウンは昨年の宝塚記念は上がり最速をマークして勝利。道悪、荒れ馬場は苦にしない。

馬特記=「渋馬場○」
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

成績にムラはあるが、実力的には上位の1頭。

「全成績」=【6・1・1・7】
8

5番ストロングタイタンは鳴尾記念は4コーナー4番手から、上がり最速をマークしてレコード勝ち。

4角4番手→上がり最速をマーク
9

良馬場の時計勝負が得意としている。

レース特記=「時計速○」

6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番パフォーマプロミスは初重賞挑戦の日経新春杯を快勝。一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
10

「インスタグラム」に書いた通り、1週前はCWコースで6F79秒台の好時計。数字以上に馬体を大きく見せて、栗毛の毛艶もピカピカ。

Photo_4

6歳でもキャリアは13戦と浅く、本格化の兆し。

「全成績」=【6・2・2・3】
11

8番ダンビュライトは香港遠征帰り。馬体の回復がカギとなる。

前走の「馬体重」=468k
12

宝塚記念の想定版(+金曜の園田6R、10R)
→宝塚記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5


「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

【想定版HB新聞】ユニコーンS、函館スプリントS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でユニコーンS、函館スプリントSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の前後半の平均は34秒8-36秒4、前傾1秒6のハイラップ。勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。勝ち時計は1分35秒8~36秒0と速めの時計で一致している。

上がり3位以内&1分35秒台が勝利の条件
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が5連対。すべて1番手か2番手のどちらかは3着以内に好走。そして、「推定後半3ハロン」1位の5頭が3着以内。青竜S組の好走が多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には勝ち馬は1番手。人気馬でも2番手以降だと勝てません。1番手、3番人気以内、「+」付きが基本。四隅も優秀。

近2年の「位置取りシート」
6_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ルヴァンスレーヴは全日本2歳優駿を勝利して、年明け初戦の伏竜Sで2着。既に古馬1600万下レベルに達している。

「ハイブリッド指数」=《62》
3_4

スタートが悪い点が課題となる。

レース特記=「スタ悪い」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

グリムは500万下、青竜Sと2連勝。レベル的にはルヴァンスレーヴと互角。

「ハイブリッド指数」=《62》
4_4

上がりの速い東京コースは得意としている。

レース特記=「上が速○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダートでは4戦3勝と底を見せていない。

「ダート成績」=【3・0・0・1】
5_4

ハーベストムーンは鳳雛Sで展開が向いた面は大きい。

レース特記=「R息入る」

3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダートは3着を外しておらず、今回が真価が問われる。

「全成績」=【3・1・1・0】

6_4

リョーノテソーロはダートで3戦2勝、2着1回。

「ダート成績」=【2・1・0・0】
7

ダート戻りは歓迎なので、距離が課題となる。

レース特記=「行たがる」「距離長」

4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コマビショウは上位に比べて、上昇度は低い。

「ハイブリッド指数」=《56》

8

バイラの端午Sは展開が向いた面が大きい。

レース特記=「展開向く」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には上積みが必要。

「ハイブリッド指数」=《56》

9

グレートタイムの鳳雛Sは展開が向かずの2着。

前後半38.8秒-36.2秒(後傾2.6秒のスローペース)

10

ラストは確実に伸びてくるタイプ。ルメールJへの乗り替わりは好材料。

近4走すべて上がり3位以内

11


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

【想定版HB新聞】エプソムC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でエプソムCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が2勝。東京コースの重賞にしては、先行馬の粘り込みが多い。雨の影響もどうでるか。

過去5年で「上がり最速馬」が2勝
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着3回と計6連対。「ハイブリッド指数」2番手も5頭が3着以内に好走。「推定前半3ハロン」1位、「推定後半3ハロン」1位ともに4頭ずつが3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には四隅。から、更に拡張して3番手まで広げてOK。安定しているのは1番手の内目。

近2年の「位置取りシート」
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ダイワキャグニーはメイSを快勝。「ハイブリッド指数」は《70》に到達。

「ハイブリッド指数」=《70》
3_3

右回りが苦手で、左回りの東京が合う。

馬特記&レース特記=「右回り×」「府中向き」
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは8戦5勝と実績がある。

「コース実績」=【5・0・1・2】
4_3

サトノアーサーはメイSで0.2秒差の3着。

「ハイブリッド指数」=《68》
5_2

近3走すべて上がりは2位以内と末脚は堅実。

近3走すべて上がりは2位以内
6_2

1800mでは3着を外していない.

「距離実績」=【1・2・1・0】

7

サーブルオールは1000万下、1600万下を連勝してオープン入り。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
8

時計が掛かった方がよいタイプ。

レース特記=「荒馬場○」「時計掛○」

2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

グリュイエールは約2年ぶりの府中Sを勝利。

約2年ぶり
9

6歳でもキャリアは13戦と浅い。

「全成績」=【5・1・1・6】
10

スマートオーディンはダービー以来の実戦、

約2年ぶり
11

実力的にはG3では上位。【直前情報】も参考にしたい。

安田記念の【直前情報】
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ハクサンルドルフは新潟大賞典で8着だが、ゴチャついて実力を発揮できず。

レース特記=「ゴチャ」「直余力有」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それでも、上がりは最速をマーク。展開ひとつで出番があってよい。

上がり最速をマーク
12

アデイインザライフは近2走は大敗も、ニューイヤーSは立派な内容。

「ハイブリッド指数」=《70》
13

得意の東京コースで巻き返しを警戒したい。

「コース実績」=【3・1・2・1】
14


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月31日 (木)

【想定版HB新聞】安田記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で安田記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

安田記念の木曜想定版
 (+金曜の園田10R、11R)


→安田記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版


過去5年で「上がり最速馬」はすべて馬券絡み。勝ち時計は1分31秒台~32秒台前半、上がり33秒台が要求される。

1分31秒台~32秒台前半、上がり33秒台の決着
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着1回と好走。「推定後半3ハロン」1位も12~16年まで4年連続して連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

スワーヴリチャードは大阪杯で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《76》

3_3

東京コースは日本ダービーの2着を含め、重賞で4戦してすべて連対。

「コース実績」=【2・2・0・0】
4_2

左回りを得意としている。

レース特記=「右回り×」「左回り○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ペルシアンナイトは大阪杯で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
5_2

近走は常にハイレベルなパフォーマンスをしている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

6_2

2000mで掛かり気味なので、1600mの方がよい。スタートが悪い点が課題。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サングレーザーはマイラーズCで上がり最速33.2秒をマーク。上がり2位に0.5秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.5秒差)
7_2

ディープインパクト産駒で時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13戦して3着を2回しか外していない。末脚が堅実なタイプ。

「全成績」=【6・1・4・2】
8

アエロリットはヴィクトリアMで4着。実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《73》
9

ペースが速くなって、上がりが掛かって欲しい。

レース特記=「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノアレスは3走続けて上がり2位以内、上がり32~33秒台をマーク。

上がり2位以内&上がり32~33秒台
10

1ハロンの距離延長は好材料。

「距離実績」=【2・2・0・1】
1_3

リアルスティールは東京コースにも実績があって、海外G1制覇の実力は上位。

「ハイブリッド指数」=《74》

2_3

渋った馬場は苦手で、上がりが速い決着なら。

馬特記&レース特記=「上が速○」「渋馬場×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ヒーズインラブはダービー卿CTで初重賞制覇。ただし、G2以上の経験がなく、一気の相手強化では厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《68》
3_4

リスグラシューはヴィクトリアMの上がり最速32.9秒は立派。

上がり最速32.9秒
4_4

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mでは8戦して3着を外していない点は高評価できる。

「距離実績」=【2・4・2・0】

5_3

安田記念の木曜想定版
 (+金曜の園田10R、11R)


→安田記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

【想定版HB新聞】日本ダービー

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で日本ダービーを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ハイブリッド新聞の木曜想定版
(+金曜の園田ナイターの8R、12R)



過去5年の勝ち馬は上がり2位以内が4頭、上がり33秒台も4頭。近年は直線が短い中山2000mの皐月賞で差し届かず、ダービーで差し届くパターンが多い。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「推定後半3ハロン」1位が5連勝中。そして、近8年の勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」6番手以内には該当している。「ハイブリッド指数」ノーマークは2着が3回まで。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には展開マーク「@」は買う以外の選択肢はなし。IDM・展開Wの展開マーク付き、「+」の展開マーク付きが次順。「追い切り」指数上位は人気馬の中での選択で特に重要。

過去12年のコンビニ版位置取りシート

1_6
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


1番ダノンプレミアムは弥生賞を快勝。4戦4勝の実力上位は明らか。

「全成績」=【4・0・0・0】
3_4

既に古馬オープン級のレベルにある。

「ハイブリッド指数」=《66》
4_4

過去10年で1枠が半数の5勝、2着2回、3着1回と圧倒。枠順は絶好。

過去10年で1枠が5勝
Photo_2

弥生賞では行きたがる面があったので、2ハロンの距離延長が課題。

レース特記=「行たがる」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞を蹄不安で回避した影響がどうか。【直前情報】は必見。

弥生賞の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

12番エポカドーロは皐月賞を快勝。展開が向いた面はある。

レース特記=「展開向く」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5戦すべて3着以内の安定感がある。

「全成績」=【3・1・1・0】
5_4

「インスタグラム」に書いた通り、今年は2番目に遅い2分0秒8で決着。しかしながら、今年の中山2000mでは3位に該当するタイムで、稍重馬場でマークしたものなら悪くはない。

今年の中山2000mでは3位
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「コース別タイム一覧」

2000mは2戦2勝だから、2400mには対応できるはず。

「距離実績」=【2・0・0・0】
6_3

18番サンリヴァルは皐月賞で4角5番手から上がり5位。エポカドーロの後方から、上がりでも劣ったので、逆転は厳しいはず。

4角5番手→上がり5位
7_2

17番ワグネリアンの皐月賞は渋った馬場が堪えたか。

レース特記=「渋馬場×」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

弥生賞以前の内容から、前走が本来の末脚ではない。良馬場なら巻き返せるか。

東京スポーツ杯2歳S、弥生賞で上がり最速
8_2

5番キタノコマンドールは3戦目で「ハイブリッド指数」=《60》超えは優秀。

「ハイブリッド指数」=《63》
9

皐月賞を含めて、3戦すべて上がり最速をマーク。

3戦すべて上がり最速
10

渋った馬場をこなしたとはいえ、上がりの速い東京の方が向く。

レース特記=「上が速○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デムーロJは過去にGⅠは25勝ながら、意外と1番人気は少なく、単勝1~2倍台の勝利は2頭だけ。それに対して、単勝5~9倍台が半数近くの11頭。今回は人気的にも手頃。

単勝5倍超えでも勝ち切る騎手
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

15番ステルヴィオも皐月賞は展開が不向き。

レース特記=「展開不向」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それ以外の5戦は連を外していない。

「全成績」=【3・2・0・1】
1_5

16番ジェネラーレウーノは5戦3勝、3着2回と安定感はあって、東京でも勝ち鞍あり。

「全成績」=【3・0・2・0】
2_6

皐月賞は先行争いを演じた他2頭がバテたものの、ペース自体はそれほど速くない。

1000m通過=59.2秒
7
*画像はPC版の【コメント新聞】

上がりの速い東京は向かないか。

馬特記=「上が掛○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ゴーフォザサミットは青葉賞のレースラップのラスト3ハロン11秒台は上々。

レースラップのラスト3ハロン11秒台
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦して4着以下が3回と安定感に欠ける。

「全成績」=【3・0・0・3】
3_5

13番グレイルも皐月賞で上がり最速タイをマーク。距離延長は歓迎か。

皐月賞で上がり最速タイ
4_5

10番ステイフーリッシュは京都新聞杯を2番手から抜け出して快勝。前後半34.7秒-34.6秒のイーブンペースを押し切った内容は評価できる。

前後半34.7秒-34.6秒
5_5

8番ブラストワンピースは3戦3勝。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《60》
6_4

東京2400mのゆりかもめ賞を圧勝。この舞台で上がり34.0秒は優秀。

Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

毎日杯が余力を残した勝ち方だから、まだ上積みは大きい。

レース特記=「直余力有」
7_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダービー1本に照準を定めたローテーションはマイナスにはならない。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


先週のオークスは「推定後半3ハロン」断トツ1位のアーモンドアイが快勝、東京2400mは上がりの速さが最重要な舞台。

「推定後半3ハロン」上位で決着
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

今週の日本ダービーは「推定後半3ハロン」1位が5連勝中。果たして今年の該当馬は?

「推定後半3ハロン」1位(M8=◎)が5連勝中
Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面


ハイブリッド新聞の木曜想定版
(+金曜の園田ナイターの8R、12R)


●明日の園田ナイター競馬(1日=500円)
1_4
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

【想定版HB新聞】オークス

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でオークスを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

オークスの想定版(金曜の園田7R、9R)


過去5年で「上がり最速馬」が3勝、勝ち馬はすべて上がり3位以内。道中は折り合いに専念して、直線まで如何にスタミナを温存できるかがポイント。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

5年連続して「推定後半3ハロン」1位は3着以内。特に近4年は「推定後半3ハロン」1位&2位ともに3着以内。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には展開マーク付きが優秀。それ以外であれば外目有利。特に「大外」はラインとして恵まれており3番手までがその範囲。印が薄くても人気馬なら。皐月賞からのバウンスシャッセ、忘れな草のエリンコート、フローラSのピュアブリーゼ。どれも「中」より内目から。

過去10年の「位置取りシート」(→PDF版はコチラから)
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


13番アーモンドアイは桜花賞で上がり最速をマークして、3連勝でG1制覇。上がりは2位に1.0秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に1.0秒差)
2_5

全4戦すべて上がり最速をマークしている。

全4戦すべて上がり最速をマーク

3_4

類まれな瞬発力を秘めている。折り合いに不安がないので、距離延長は問題ないはず。

レース特記=「瞬発力○」「R振スム」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番ラッキーライラックは桜花賞で2着。後方勢が上位を占める流れだったので、早めに抜け出して交わされたのは仕方がない。

前後半34.5秒-34.4秒
4_3

5戦4勝、2着1回の安定した成績。

「全成績」=【4・1・0・0】
5

常に時計、上がりの速いレースで結果を残している。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番サトノワルキューレはフローラSで上がり最速33.4秒をマークして差し切り勝ち。

上がり最速33.4秒
6_2

しかも、レースラップのラスト1F11.7秒を差し切ったのは秀逸。

レースラップのラスト1F11.7秒
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

2400mを2戦しているのは大きな強み。

「距離実績」=【1・0・1・0】
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

NHKマイルCに続いて、ディープ産駒の2頭が3着以内。今の馬場は向いている。

「種牡馬=○・▲」で決着
1_3
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

1番リリーノーブルは桜花賞で3着。5戦すべて3着以内の安定感がある。

「全成績」=【2・1・2・0】
8

折り合いに不安があるので、最内枠を引けたのは大きい。

レース特記=「掛り気味」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番マウレアは東京コースは3戦2勝。実績にあるコースで前進に期待。

「コース実績」=【2・0・0・1】

10

6番オールフォーラヴはわすれな草賞を快勝。ただし、「ハイブリッド指数」的には見劣る。

「ハイブリッド指数」=《54》
1_6

11番パイオニアバイオは9戦して、3着以内が7回。相手なりに走るタイプ。

「全成績」=【1・5・1・2】
2_6

14番ランドネはスイートピーSを勝利。「ハイブリッド指数」的には上積みは必要。

「ハイブリッド指数」=《56》
3_5

5番カンタービレはフラワーCで初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《54》
4_4

4戦4連対の安定感は強調できる。

「全成績」=【2・2・0・0】
5_2

角居厩舎はの3頭出し。「インスタグラム」に書いた通り、今年の勝ち鞍はすべて1600m以上、芝の中距離戦向きの馬が多い。

今年の勝ち鞍はすべて1600m以上

Photo_5
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー


オークスの想定版(金曜の園田7R、9R)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

【想定版HB新聞】ヴィクトリアM

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でヴィクトリアMを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ヴィクトリアMのハイブリッド競馬新聞の木曜想定版
11日(金)の園田6R+11Rのマキシマム競馬新聞

16年はストレイトガールが1分31秒5のレコード勝ち。稍重馬場の17年以外、勝ち時計はすべて1分31~32秒台と速く、高速決着への対応力が求められる。

過去5年で1分31~32秒台が4回
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

2010~12年まで「ハイブリッド指数」1番手&「推定後半3ハロン」1位が3着以内。その後は15年に最低人気のミナレットが3着するなど、近5年は波乱の決着が多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的に1番手は不発気味。その替わりに四隅は優秀。3番手以降からも毎年1頭は圏内。前走は重賞で「後3F差」で黄色以上+「後3F地点」2列目以内。

過去のコンビニ版位置取りシート

1

リスグラシューは阪神牝馬Sで上がり2位をマーク。

上がり2位
3_4

展開が向かず、脚を余しての3着。

レース特記=「展開不向」「直余力有」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京1600mの東京新聞杯を牡馬相手に完勝。一戦ごとに馬体重が増えて成長している。

4走続けて馬体増
4_3

1600mでは7戦2勝、2着3回、3着2回とすべて3着以内。

「距離実績」=【2・3・2・0】
5_2

ミスパンテールは阪神牝馬Sをマイペースで逃げ切り勝ち。

前後半37.2秒-33.8秒(後傾の3.4秒のSペース)
6

目下4連勝中と勢いがある。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

1600mの距離適性は高い。

「距離実績」=【3・1・0・1】
8

アドマイヤリードは阪神牝馬Sで4着。勝ち馬より2kg重い斤量を背負っており、「ハイブリッド指数」は高い。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
9

「インスタグラム」に書いた通り、NHKマイルCの勝ち時計は今年で唯一の1分32秒台。昨年のヴィクトリアMは稍重馬場で過去2番目に遅い1分33秒9の決着だったのがどうか。

Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

ソウルスターリングは昨秋以降は4戦して5着以内が一度もない。

「ハイブリッド指数」=《70》未満
10

気性面の問題が大きいはず。

レース特記=「スタ悪い」「内側斜行」「掛り気味」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カワキタエンカはダッシュ力の速さが持ち味。

馬特記=「ダッシ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

福島牝馬Sでハイペースを逃げ粘った中身は濃い。単騎逃げを警戒したい。

前後半35.1秒-36.1秒(前傾1.0秒のハイペース)
4_4

レッツゴードンキはヴィクトリアMは一昨年が10着、昨年が11着。東京コースでは結果が出ていない。

「コース実績」=【0・1・0・3】
5_3

デンコウアンジュは昨年のヴィクトリアMが2着。東京1600mがベスト。

馬特記=「府中向き」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アエロリットは中山記念で牡馬相手に2着と善戦。

「ハイブリッド指数」=《73》
1_4

東京コース3戦3連対。

「コース実績」=【2・1・0・0】
2_5

1600mは5戦4連対。

「距離実績」=【1・3・0・1】
3_5

「インスタグラム」に書いた通り、今回のメンバーで1分32秒3は持ち時計ナンバー1。高速決着には実績がある。

Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」


ヴィクトリアMのハイブリッド競馬新聞の木曜想定版
11日(金)の園田6R+11Rのマキシマム競馬新聞


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

【想定版HB新聞】NHKマイルC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でNHKマイルCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

【今年のハイブリッド新聞(想定版)】
タテ版&ヨコ版(+明日の園田)

【過去5年のハイブリッド新聞】
タテ版 ・ヨコ版


過去5年は1分32~33秒台の決着。ペースに左右される面が大きい。のちにG1で好走している馬は少ない。10番人気以下が5頭も馬券絡みしている。

1分32~33秒台への対応力が必要
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1番手が4連勝中。しかも、近8年の勝ち馬の7頭までが「ハイブリッド指数」3番手以内。そして、勝ち馬の7頭までが「推定後半3ハロン」5位以内。「推定前半3ハロン」1位も4頭が3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

勝ち馬はほぼ人気馬からで、1番手のIDM・展開W◎◎もしくはIDM◎。展開マーク系、三角の印入り(上がり指数5位まで)で、その印が入っていないと勝ち馬の資格ナシのレベル。「後3F地点」で太文字での馬番、2列目以内がデフォ。それ以外の時は四隅から。四隅自体も毎年1頭は人気に関わらず圏内の馬を出している。特に外目の四隅。

過去のコンビニ版位置取りシート

過去10年のコンビニ版の「位置取りシート」
4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


7番タワーオブロンドンはアーリントンCで上がり2位をマークして快勝。

上がり2位

3_4

時計、上がりの速い決着で結果を残している。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦4勝、すべて3着以内と安定している。

「全成績」=【4・1・1・0】

4_4

9番ギベオンは新馬、フリージア賞を連勝して、毎日杯で0.3秒差の2着。

「ハイブリッド指数」=《55》
5_4

「インスタグラム」に書いた通り、藤原英昭厩舎がリーディングを独走。複勝率は58.6%と圧巻。

複勝率=58.6%
Photo_4
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

10番パクスアメリカーナも中内田厩舎が好調。一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_2

時計が速くても、馬場が絞っても対応できる。

馬特記=「渋馬場○」「時計速○」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番テトラドラクマはクイーンCを快勝。「ハイブリッド指数」的には見劣らない。

「ハイブリッド指数」=《56》
7_2

そして、東京コースは3戦3連対と好相性。

「コース実績」=【2・1・0・0】
8_2

6戦して3着を外したのは一度だけ。

「全成績」=【2・2・1・1】
10_2

11番ケイアイノーテックはニュージーランドTで2着。馬体の回復がカギか。

「馬体重」=456k(-12)
9_2

行たがる面があるので、乗り替わりはマイナス材料。

レース特記=「行たがる」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番カツジはニュージーランドTを快勝。馬体が絞れたのがよかったか。

「馬体重」=478k(+12)
11_3

4戦2勝、2着1回と底を見せていない。

「全成績」=【2・1・0・1】

12

16番ミスターメロディは初芝のファルコンSを快勝。ダートを含めて、5戦5連対の安定感。

「全成績」=【3・2・0・0】
13

藤原英昭厩舎はギベオンと2頭出し。どちらかは馬券に絡むか。

同厩舎の2頭出しは四角囲みで表示
14

一昨年が3連複「11190円」、昨年が単勝「560円」&3連複「50600円」の好相性のレース、今年も狙うは3連複万馬券

★一昨年の3連複万馬券★
Photo
3連複 111.9×1000円=11万1900円
購入5万500円 払戻11万1900円

★昨年の単勝+3連複5万馬券★
Photo_2
単勝 5.6×2万円=11万2000円
3連複 506.0×500円=25万3000円
購入5万5000円 払戻36万5000円


【今年のハイブリッド新聞(想定版)】
タテ版&ヨコ版(+明日の園田)</