想定版HB新聞

2017年5月18日 (木)

【想定版HB新聞】オークス

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でオークスを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が4勝。勝ち馬はすべて4角6番手以降。3歳牝馬にとって、東京2400mはタフな舞台。前半はスタミナを温存することだけに専念する必要がある。

過去5年で「上がり最速馬」が4勝
8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年の勝ち馬の4頭が「ハイブリッド指数」2番手以内。そして、「推定後半3ハロン」1位は4年連続して馬券絡み。特に近3年は「推定後半3ハロン」1位&2位ともに馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

5
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

13番レーヌミノルは桜花賞を制覇。「ハイブリッド指数」=《62》は例年並み。

「ハイブリッド指数」=《62》
1_3

パワーがあって重い芝が得意なので、上がりの速いレースが課題。距離延長の克服もカギとなる。

馬特記&レース特記=「芝重い○」「渋馬場○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番リスグラシューは桜花賞で2着。小柄な馬体ながら、重い馬場は苦にしない。

レース特記=「芝重い○」「渋馬場○」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京のアルテミスSを勝っており、軽い芝の時計勝負にも実績がある。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦して3着を外していない安定感は強調できる。

「全成績」=【2・3・1・0】
2_5

2番ソウルスターリングは断然人気の桜花賞で3着。外を回るロスがあったので、「ハイブリッド指数」的には勝ち馬の13番レーヌミノルと互角。

「ハイブリッド指数」=《62》

3_5

デビュー以来、初となる在厩調整も影響したかもしれない。

前走はデビュー以来、初の短期放牧なし
4_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


5戦して敗れたのが前走だけだから、巻き返してくる可能性は高い。

「全成績」=【4・0・1・0】
4_4

レースセンスがよいので、距離延長も他馬との比較ではプラス。

レース特記=「R振スム」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番アドマイヤミヤビは桜花賞で12着と大敗。渋った馬場が堪えたか。

馬特記&レース特記=「渋馬場×」

5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

クイーンCの勝ち時計1分33秒2、上がり最速33.6秒ともに優秀。その証拠として、2着馬のアエロリットがNHKマイルCを制している。

勝ち時計1分33秒2、上がり最速33.6秒
「ハイブリッド指数」=《61》

5_4

2走前、百日草特別のレースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒も秀逸。良馬場で巻き返すチャンスは十分ある。

レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番フローレスマジックはクイーンC、フローラSと連続して3着。東京のような軽い芝は向いている。

レース特記=「芝軽い○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5戦して3着を外していない点は評価できる。

「全成績」=【1・2・2・0】
5_3

大幅に馬体が変動するタイプだから、中3週で馬体減には注意したい。

3走前の「馬体重」=438k(-12)

6_2

1番モズカッチャンは3連勝でフローラSを制覇。「ハイブリッド指数」は桜花賞組には見劣る。

「ハイブリッド指数」=《58》

7

8番ホウオウパフュームは牡馬相手に2000mを2連勝。寒竹賞ではレースラップのラスト1ハロン11.5秒を楽々と差し切ったのは優秀。

レースラップのラスト1ハロン11.5秒
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ヤマカツグレースは折り合いに不安があるタイプ。横山Jとは相性がよいかもしれないが、距離延長はプラスとはいえないはず。

レース特記=「掛り気味」「R振スム」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番ミスパンテールは長期休養明けのチューリップ賞で上がり最速をマークして2着。前走の敗戦だけで見限るのは早い。

チューリップ賞で上がり最速をマーク
8_2


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (2)

2017年5月12日 (金)

【想定版HB新聞】ヴィクトリアM

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。5月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、ID・パスワードを停止させて頂いております。今週末の利用をご希望の場合は、以下のページから「再入会」のお手続きをよろしくお願い致します。

ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて6月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でヴィクトリアMを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で勝ち時計は1分31秒台が2回、1分32秒台前半が3回もあって、高速決着への対応力が求められる。そして、4角5番手以内が4勝。果たして今年は差し届くかどうか。

過去5年で1分31~32秒台が4回
過去5年で4角5番手以内が4勝

1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位の馬券絡みが4頭ずつ。近走で牡馬相手に大敗している「ハイブリッド指数」ノーマークが一変して勝利するケースは多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2015年の「推定前半3ハロン」2位ケイアイエレガント、3位ミナレットが先行策から大波乱を演出している。「位置取りシート」では「最内」「内」の人気薄の前残りを警戒。

「最内」1番手=ケイアイエレガント
Photo_32
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ミッキークイーンは阪神牝馬Sで上がり最速をマークして一昨年の秋華賞以来の勝利。

上がり最速をマーク
2_3

渋った馬場を克服したとはいえ、本来は良馬場の瞬発力が得意なタイプ。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」「時計速○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mでは5戦2勝、2着3回とパーフェクト連対。得意の距離で昨年2着の雪辱を晴らすか。

「距離実績」=【2・3・0・0】
3_3

レッツゴードンキは近4走すべて連対。一戦ごとの馬体増が成長の証。

一戦ごとの馬体増
4_2

折り合いに不安のあるタイプだから、一気の2ハロンの距離延長は不安材料ではある。

馬特記&レース特記=「折合×」「掛り気味」「行たがる」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スマートレイアーは京都記念でマカヒキに先着して2着。ただし、「ハイブリッド指数」は《70》を超えていない。7歳では上積みは乏しい。

「ハイブリッド指数」=《69》
5_2

馬場が渋った方がチャンスは大きい。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルージュバックは近走は結果こそ出ていないが、すべて「ハイブリッド指数」=《70》超えと高い。今回は「ノーザンF天栄」からの放牧帰りかどうかはチェックが必要。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
6_2

クイーンズリングは阪神牝馬Sは折り合いを欠いて、落鉄もしており、ラストは追うのを辞めていたので参考外。

レース特記=「落鉄」「ムキ走る」「直追止め」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨秋のエリザベス女王杯で上がり最速をマークしてG1制覇。

上がり最速をマーク
7_2

良馬場の時計勝負なら見直しが必要。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」「上が速○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ウキヨノカゼは近3走すべて上がり2位以内をマーク。ただし、時計が掛かる条件が向くので、マイルG1の時計勝負では厳しいか。

馬特記=「時計掛○」
8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アドマイヤリードは阪神牝馬Sでミッキークイーンと並ぶ上がり最速タイ。近走はすべて上がり最速をマークしている。

近走はすべて上がり最速をマーク
2_4

ジュールポレールは阪神牝馬Sで3着。キャリア9戦と底を見せていない。

「全成績」=【4・2・1・2】
8_3

一走ずつ馬体重が減ってきたのがどうか。

一走ごとの馬体減
9

長距離輸送がひとつポイントとなる。【直前情報】も参考にしたい。

NHKマイルCの【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

昨年のヴィクトリアMでは「推定後半3ハロン」1位、2位が馬券絡み。

「推定後半3ハロン」1位、2位が馬券絡み
3f_13
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連複「6090円」が本線で的中して、9万円超えの払い戻し。

★昨年の3連複馬券★
2811
3連複 60.9×1500円=9万1350円
購入5万円 払戻9万1350円

そして、先週のNHKマイルCは「推定3ハロン」1位の2頭が馬券絡み。

「推定3ハロン」1位の2頭が馬券絡み
Photo_38
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連複「50600円」の5万馬券が的中して、36万円超えの払い戻しを達成。東京のG1は「推定後半3ハロン」1位を軸として、3連複フォーメーションで万馬券が仕留めやすい。

★3連複5万馬券★
2611
単勝 5.8×2万円=11万1600円
3連複 506.0×500円=25万3000円
購入5万5000円 払戻36万4600円


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

【想定版HB新聞】NHKマイルC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でNHKマイルCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「4角先頭馬」が3勝。すべて1番人気に応えており、実力があれば逃げ切りが可能ではある。

過去5年で「4角先頭馬」が3勝
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年連続して「ハイブリッド指数」1番手、前後半5傑入りが勝利。そして、近7年で「ハイブリッド指数」3番手以内が実に6勝を占めている。勝ち馬の6頭が「推定後半3ハロン」5位以内に該当。上位の上がりは要求される。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

カラクレナイは桜花賞で上がり2位をマークして4着。「ハイブリッド指数」=《60》超えと上々。

上がり2位
「ハイブリッド指数」=《61》

1_6

全5戦すべて上がり2位以内をマーク。直線の長い東京コースは向くはず。鞍上のデムーロJも大舞台では頼もしい。

全5戦すべて上がり2位以内をマーク
2_5

モンドキャンノはスプリングSで10着。行きたがる面があるので、1800mは長い。

レース特記=「行たがる」「距離長」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

朝日杯FSのパフォーマンスなら、今回のメンバーでは勝ち負け可能。

「ハイブリッド指数」=《57》
3_4

アウトライアーズは皐月賞で12着と大敗。

「ハイブリッド指数」=《58》
4_5

時計の速い決着に実績が不向きだったか。

レース特記=「高速場×」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの掛かる中山の方が向いている。

馬特記=「渋馬場○」「上が掛○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アエロリットは桜花賞でカラクレナイと並んで上がり2位タイ。外を回る距離ロスがあったので、「ハイブリッド指数」は《62》と高い。

桜花賞で上がり2位
「ハイブリッド指数」=《62》

5_4

1600mで連対を外したのは前走だけ。東京のクイーンCで2着しているのも強調できる。

「距離実績」=【0・3・0・1】
6_2

ボンセルヴィーソは近4走すべて4角3番手以内で立ち回っている。

近4走すべて4角3番手以内
7_2

しかも、ニュージーランドTでは大外枠から、出遅れを挽回して3着。

レース内容
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オープンで4戦して3着を外していないのは立派。勝ち味に遅い反面、相手なりに走れるタイプではある。

「クラス成績」=【0・2・2・0】

8

レッドアンシェルはアーリントンCで皐月賞2着馬のペルシアンナイトに次ぐ上がり2位をマーク。

アーリントンCで上がり2位
9

一戦ごとの馬体増は成長の証。

一戦ごとの馬体増

10

逆にミスエルテは「ハイブリッド指数」は《50》前後で低迷。

「ハイブリッド指数」=《50》前後
1_7

しかも、一戦ごとに馬体重が減っている。テンションが高い面があるので、長距離輸送は大きな課題。

レース特記=「落着ほし」
4_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

【直前情報】も参考にしたい。

天皇賞(春)の【直前情報
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ジョーストリクトリはニュージーランドTを快勝。ただし、展開が向いたのは確か。真価が問われる一戦となる。

「ハイブリッド指数」=《55》
2_6

タイムトリップはクロッカスS、ニュージーランドTで上がり最速をマーク。直線の長い東京コースは向くはず。

2走続けて上がり最速をマーク

3_5

昨年のNHKマイルCは前後半5傑入りのメジャーエンブレムが勝って、「推定後半3ハロン」1位のロードクエストが2着。

「推定後半3ハロン」1位、3位で決着
3f_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

そして、3着に12人気のレインボーラインが入って、3連複「11190円」の万馬券が的中。今年も「推定後半3ハロン」重視で万馬券が獲れるか。大混戦ムードなので、馬券的には面白いレース。

3611
3連複 111.9×1000円=11万1900円
購入5万500円 払戻11万1900円


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

【想定版HB新聞】天皇賞(春)

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で天皇賞(春)を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

→天皇賞(春)の想定版はコチラから

過去5年の勝ち馬はすべて2周目の4角5番手以内で立ち回っている。同じ京都外回り長距離戦の菊花賞に比べて、距離適性の低い馬が少なく、距離ロスが大きく響いてくる。

過去5年の勝ち馬は2周目の4角で5番手以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去10年で1人気が0連対と大不振。ただし、近7年の勝ち馬の4頭は「ハイブリッド指数」2番手以内。連対馬の11頭までが「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

3番キタサンブラックは今年からG1の大阪杯を好位から抜け出して快勝。

レース内容
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて「ハイブリッド指数」=《76》超えのパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《76》超え
2_3

京都は菊花賞、天皇賞(春)を含めて、3戦3勝と得意としている。

「コース実績」=【3・0・0・0】
3_2

15番サトノダイヤモンドは年明け初戦の阪神大賞典を快勝。成長著しい4歳馬らしく、一戦ごとに「ハイブリッド指数」は上昇している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_3

3番キタサンブラックと同様、京都では3戦3勝と負け知らず。

「コース実績」=【3・0・0・0】

5_2

道中の行きっぷりがよく、折り合いが課題ではある。

レース特記=「掛り気味」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

とはいえ、デビューから一度も3着を外していない安定感がある。

「全成績」=【7・1・1・0】
5_3

1番シャケトラは日経賞を後方から豪快に差し切り勝ち。「ハイブリッド指数」=《75》は上位とは差はわずか。

「ハイブリッド指数」=《75》
6_2

スタミナがあるので、3200mは問題ないはず。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリア6戦と底を見せていない。一角崩しがあるかもしれない。

「全成績」=【4・1・1・0】

7_2

先週のフローラSは人気薄の1番モズカッチャンが最内枠を活かして勝利。1枠が5勝と開幕週の東京は明らかに内枠有利の傾向。

東京の芝は1枠が5勝
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

一方の京都も1枠が4勝、複勝率《40%》超えの好成績。1番シャケトラにとっては絶好の最内枠。

東京の芝は1枠が4勝
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

一線級相手に通用するか。【直前情報】も参考にしたい。

マイラーズCの【直前情報】
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

6番シュヴァルグランは阪神大賞典で2着。有馬記念から馬体が絞れていたのがよかったはず。

「馬体重」=474k(-4)
8

スタミナには不安がなく、ラストは確実に伸びてくる。内枠を引けたのは大きい。

レース特記=「スタミ○」「終い確実」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番レインボーラインは菊花賞で上がり2位、ジャパンCで上がり最速。デムーロJが引き続き手綱を取るので侮れない。

菊花賞で上がり2位、ジャパンCで上がり最速
9

12番ゴールドアクターは近3走が勝ち切れず。追って甘い面が出ている。時計が掛かる中山が得意なので、京都の高速馬場には不安が残る。

レース特記=「追って甘」「中山向き」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ディーマジェスティは昨秋以降は「ハイブリッド指数」は低迷。距離延長もプラスとは言えないか。

「ハイブリッド指数」=《70》台前後
10

7番アルバートはダイヤモンドSの上がり最速33.4秒は上がり2位に0.7秒差でで断トツ。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差
11

長距離戦で58kgを背負って、レースラップのラスト3F11秒台は破格。昨年の6着以上があってよい。

レースラップのラスト3F11秒台
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

→天皇賞(春)の想定版はコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

【想定版HB新聞】フローラS、マイラーズC、福島牝馬S

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でフローラS、マイラーズC、福島牝馬Sを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の前後半の平均は36秒7-34秒9、後傾1秒8のスローペース。ただし、「上がり最速馬」は3勝、勝ち馬の4頭が上がり2位以内をマーク。基本的に東京は上位の上がりが要求される。

過去5年で「上がり最速馬」が3勝
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の連対馬はすべて「ハイブリッド指数」6番手以内に該当。未勝利勝ち直後では苦戦しており、500万下を勝ち上がるか、オープン以上の参戦組が強い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

フローレスマジックは年明け初戦のクイーンCでハイレベルな相手に3着。アルテミスSで減った馬体が回復しているのはよかった。

「ハイブリッド指数」=《55》
「馬体重」=456k(+18)

2_4

東京のような軽い芝は向いている。

レース特記=「芝軽い○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ホウオウパフュームは牡馬相手に2000mを2連勝。寒竹賞では上がり最速をマークしている。

寒竹賞で上がり最速をマーク
3_4

特にレースラップのラスト1ハロン11.5秒を楽々と差し切ったのは優秀。スタートの不安は残るが、それを補えるだけの瞬発力を秘めている。

レースラップのラスト1ハロン11.5秒
レース特記=「スタ悪い」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アドマイヤローザはエルフィンSで2着。前後半37.3秒-34.6秒、後傾2.7秒のスローペースだから、展開が向いたのは間違いない。

前後半37.3秒-34.6秒、後傾2.7秒のスローペース
4_2

ただし、2戦目に2000m戦で牡馬相手に上がり最速をマークして勝利した点は評価できる。

牡馬相手に上がり最速をマーク

5_2

先週の皐月賞では「ノーザンFしがらき」帰りのダンビュライトが波乱を演出。アドマイヤローザも放牧帰りで成長しているはず。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
Photo
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


ディーパワンサは年明け初戦のフラワーCが6着。「ハイブリッド指数」的には《50》前後で停滞気味。

「ハイブリッド指数」的=《50》前後
6

1600mまでしか勝ち鞍がないので、距離延長は不安材料。

「距離実績」=【0・0・0・0】
7

タガノアスワドはつばき賞でファンディーナの2着。前後半38.1秒-33.9秒、後傾4.2秒のスローペースは向いたのは間違いないが、3着に1.1秒差は優秀。

前後半38.1秒-33.9秒、後傾4.2秒のスローペース
「ハイブリッド指数」=《52》

8

この馬自身もレースラップのラスト1ハロン11秒台前半で走破している。

レースラップのラスト1ハロン11秒台前半
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ヤマカツグレースは君子蘭賞で2着。折り合いに不安があるので、距離延長はマイナス材料。

レース特記=「掛り気味」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッドミラベルは未勝利を「ハイブリッド指数」=《47》、「レースレベル」=《S》で圧勝。キャリア2戦で上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」=《47》
「レースレベル」=《S》

10

2戦ともに時計の掛かる条件だから、開幕週の時計、上がりの速い決着がどうか。

レース特記=「渋馬場○」「上が掛○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ザクイーンは4戦目が「ハイブリッド指数」=《49》、「レースレベル」=《A》。前走の初勝利でキッカケを掴んだかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《49》
「レースレベル」=《A》
9


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年4月13日 (木)

【想定版HB新聞】皐月賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で皐月賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

⇒皐月賞の【ハイブリッド新聞】(想定版)はコチラから

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。2連続開催の最終週で極端な前残りもない。直線が短い中山でも紛れは起こりづらい。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去7年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着2回の好成績。「推定後半3ハロン」1位が2勝、2着3回。勝ち馬の6頭までが「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

⇒皐月賞+「推定3ハロン分析シート」(コンビニ版)のサンプルはコチラから

8番ファンディーナはデビューから3連勝でフラワーCを制覇。直線は持ったままで後続を突き放す圧勝劇。

レース内容
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦目のレースラップのラスト2Fが10.7秒→11.0秒を差し切ったのは秀逸。

レースラップのラスト1F11秒台
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3戦すべて4角2番手以内から、上がり最速をマーク。「レースレベル」=《S》で勝利している。

4角2番手以内→上がり最速をマーク
「レースレベル」=《S》
2_3

牡馬相手に通用する馬体の持ち主。

フラワーCの【直前情報】
3

*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番スワーヴリチャードは例年、好走の共同通信杯の勝ち馬。4戦中、上がり最速を3回マークしている。

「ハイブリッド指数」=《58》
4戦中、上がり最速を3回マーク

3_3

スタートが速くないので、今回も末脚を活かす形。

レース特記=「アオル」「スタ悪い」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

馬場が渋るのは問題なく、最終週の馬場は合う。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4番カデナは「ハイブリッド指数」的には2番スワーヴリチャードと互角。デビューから5戦すべて上がり最速をマーク。ラストは確実に伸びてくるタイプ。

「ハイブリッド指数」=《57》
5戦すべて上がり最速をマーク
4_2

5番レイデオロは3戦すべて上がり最速をマークして勝利。「ハイブリッド指数」的には上積みが必要ではある。

3戦すべて上がり最速
「ハイブリッド指数」=《53》

5_3

7番ペルシアンナイトはアーリントンCで上がり最速をマークして快勝。「ハイブリッド指数」的に上位と差はない。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《59》

6_3

初めての2000mがどうか。

「距離実績」=【0・0・0・0】
7_2

17番ウインブライトはスプリングSで中団から、上がり最速をマークして勝利。

「ハイブリッド指数」=《58》
上がり最速をマーク

8_4

ただし、レースラップのラスト1F12.4秒を要した点は評価できない。

レースラップのラスト1F12.4秒
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山は3戦3連対。コース適性の高さを活かして、何処まで上位を争えるか。

「コース実績」=【2・1・0・0】
9_2

6番アウトライアーズはスプリングSで17番ウインブライトと0.1秒差。ただし、勝ち馬とコース取りの差が大きく、「ハイブリッド指数」は《54》と見劣る。

「ハイブリッド指数」=《54》

10_2

11番アルアインは毎日杯を勝利。不利を受けたシンザン記念から巻き返した。

レース特記=「不利」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

渋馬場の千両賞を勝利。ディープ産駒にしては、渋った馬場は得意としている。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番サトノアレスのスプリングSは躓いたり、他馬と接触するロスがあっての敗戦。

レース特記=「躓く」「他馬接触」

8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦して連対を外したのは前走だけ。巻き返しを警戒しておきたい。

「全成績」=【3・2・0・1】
1_5

⇒皐月賞の【ハイブリッド新聞】(想定版)はコチラから




尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年4月 6日 (木)

【想定版HB新聞】桜花賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で桜花賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が3勝、勝ち馬はすべて上がり4位以内。4角10番手以降から4頭が差し切っている。2連続開催の後半で馬場が荒れてきて、直線で外を通った差し&追い込み馬の好走が目立つ。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝、3番手以内が6勝。「推定後半3ハロン」1位が4連対。勝ち馬の6頭が「推定後半3ハロン」4位以内、1位&2位のワン・ツーが3回もある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

14番ソウルスターリングはデビューから無傷の4連勝。

「全成績」=【4・0・0・0】
3_5

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。4戦すべて4角5番手以内から、上がり2位以内をマーク。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4角3~5番手→上がり2位以内

4_4

馬場が渋っても問題ない。あとはデビュー以来、初となる在厩調整がどうかだけ。

馬特記&レース特記=「芝重い○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番アドマイヤミヤビはデビュー2戦目から3連勝。クイーンCの勝ち時計1分33秒2、上がり最速33.6秒ともに優秀。「ハイブリッド指数」は14番ソウルスターリングと互角。

勝ち時計1分33秒2、上がり最速33.6秒
「ハイブリッド指数」=《61》

5_4

2走前、百日草特別のレースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒が秀逸。

レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4戦すべて上がり2位以内、近3走は上がり33秒台。ハーツクライ産駒にしては瞬発力があって、阪神外回りコースは向いている。

4戦すべて上がり2位以内、近3走は上がり33秒台
6_2

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りで仕上がりもよいはず。実績のないクイーンC組だが、この馬ならG1制覇はあり得る。

6番リスグラシューは阪神JFではソウルスターリングと互角。上がり最速をマークは立派。休み明け2走目で何処まで上向くか。

「ハイブリッド指数」=《60》
上がり最速をマーク

7_3

1番ミスエルテは2連勝で朝日杯FSに挑戦して4着。小柄な牝馬なので、阪神の重い馬場は苦手としている。テンションの高さも気になる材料。

レース特記=「芝軽い○」「芝重い×」「落着ほし」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

朝日杯FSより、阪神JFの方がレースレべルが低く、「ハイブリッド指数」的に上積みも必要。馬体重の回復も課題となる。

「ハイブリッド指数」=《53》
一戦ごとに馬体減

8

【直前情報】も参考にしたい。

大阪杯の【直前情報】
15
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

16番ミスパンテールはキャリア1戦で挑んだチューリップ賞で2着。しかも、上がり最速をマークしたのは立派。

上がり最速をマーク

9

馬格があるので、馬場悪化は問題ない。長期休養明けを使った上積みは大きい。

レース特記=「次良気配」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番カラクレナイは馬格があって、上がりが掛かる阪神は得意。

レース特記=「芝重い○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1400mの経験しかなく、1ハロンの距離延長はマイナス材料。

「距離実績」=【0・0・0・0】

10

10番レーヌミノルはデビュー2連勝して以降、4戦は勝ち星なし。

「全成績」=【2・2・1・1】
11

今年は2戦使っているので上積みに乏しく、短距離馬の色が強くなっているはず。

レース特記=「距離長」「距離○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番ライジングリーズンはフェアリーS、アネモネSを連勝。ブラックタイド産駒で上がりの掛かる条件が得意で、中山は向いている。

馬特記&レース特記=「中山向き」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」は《50》台前半と低い。一気の相手強化では厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《50》台前半

12

12番アエロリットはフェアリーS、クイーンCで連続して2着。「ハイブリッド指数」的にはライジングリーズンを逆転している。

「ハイブリッド指数」=《60》
13

4戦して1勝、2着3回と安定感がある。勝ち切るまではどうかも、上位争いは可能。馬券妙味は十分にある。

「全成績」=【1・3・0・0】
14


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

【想定版HB新聞】大阪杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で大阪杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

今年からG1へ昇格。過去5年は後傾3.0秒以上のスローペースが3回あるにも関わらず、「上がり最速馬」が3勝、勝ち馬はすべて上がり2位以内。2連続開催で馬場が荒れてきて、差し&追い込みが決まりやすい。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、3着2回の好成績。「推定後半3ハロン」1位も2勝、計4頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

キタサンブラックは昨年の有馬記念で2着。

レース内容
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて「ハイブリッド指数」=《75》超えと高く、4角2番手以内で立ち回っている。

「ハイブリッド指数」=《75》超え
近走はすべて4角2番手以内

3_4

全14戦で3着を外したのは一度だけ。休み明けも3戦3連対と全く苦にしない。

「全成績」=【8・2・3・1】
「休み明け成績」=【2・1・0・0】

4_4

上がりの掛かるレースが得意なので、阪神の重い芝は得意としている。

馬特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マカヒキは帰国初戦の京都記念で3着。

「ハイブリッド指数」=《70》
5_2

瞬発力が持ち味なので、渋った馬場が不向きだった。

馬特記&レース特記=「渋馬場×」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mは3戦3連対とパーフェクト連対。1ハロンの距離短縮は好材料。

「距離実績」=【2・1・0・0】
6_2

サトノクラウンは香港ヴァーズで初G1制覇。

レース内容
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

帰国初戦の京都記念でハイレベルな相手に快勝。

「ハイブリッド指数」=《74》
7_2

キタサンブラックと同様、上がりの掛かる馬場は得意。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ヤマカツエースは近2走が「ハイブリッド指数」=《70》超えと充実。特に有馬記念で上がり最速をマークしたのは立派。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
有馬記念で上がり最速をマーク

8

2000mは4勝をあげるベストの距離。

「距離実績」=【4・0・1・4】
9

阪神では4戦して3着以内がない点がどうかだけ。

「コース実績」=【0・0・0・4】
10

アンビシャスは中山記念で昨年と同様、上がり最速をマーク。昨年の大阪杯でキタサンブラックを負かしており、コース適性は高い。

中山記念で上がり最速をマーク
「コース実績」=【2・0・1・1】
12

ステファノスは天皇賞(秋)で2年連続して上がり最速をマーク。

天皇賞(秋)で上がり最速をマーク
14

6歳にして4勝は物足りなく、勝ち切るまでは厳しいか。

国内での「全成績」=【4・3・3・8】
15

マルターズアポジーは小倉記念を逃げ切って重賞2勝目。前後半34.8秒-36.5秒、前傾1.7秒のハイペースだから、て展開に恵まれたわけではない。

前後半34.8秒-36.5秒(前傾1.7秒のハイペース)

16

全19戦で一度も先手を譲っておらず、今回も単騎逃げが想定できる。

「4角5番手内率」=《100%》
17
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキーロケットは京都記念は出遅れが堪えたもの。

レース特記=「アオル」
レース内容=「S一息」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

日経新春杯で「ハイブリッド指数」=《70》超え。前走の敗戦が力負けではない。

「ハイブリッド指数」=《71》
13


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年3月23日 (木)

【想定版HB新聞】高松宮記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で高松宮記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬は4角7番手以内で立ち回っている。昨年はビッグアーサーがレコード勝ち。年によって勝ち時計にハラつきがあり過ぎる。

過去5年の勝ち馬は4角7番手以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝。「ハイブリッド指数」1番手&2番手の馬券絡みが4回もある。実力がストレートに反映されやすい。「推定後半3ハロン」1位も3頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

レッドファルクスは3連勝でスプリンターズSを勝利。

「ハイブリッド指数」=《73》
3_4

香港スプリントはゲートで待たされて、出遅れたのが堪えたか。

レース内容
レース特記=「スタ悪い」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中京1200mのCBC賞で上がり最速32.7秒をマーク。

上がり最速32.7秒
3_5

中京コースは3戦3勝と好相性。休み明けも苦にならないタイプ。

「コース実績」=【3・0・0・0】
「休み明け成績」=【3・0・0・2】

4_4

海外遠征帰りで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

阪神大賞典の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

メラグラーナはオーシャンSで初重賞制覇。近2走は上がり2位をマークしている。

近2走は上がり2位をマーク
5_4

1200mへ距離短縮して、6戦4勝、2着1回と底を見せていない。

「距離実績」=【4・1・0・1】
6_2

渋馬場の京阪杯で大敗しているので、良馬場の方がよい。

レース特記=「渋馬場×」
15
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッツゴードンキは芝では上がり2位以内をマーク。特に近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超えをマークしている。

芝では上がり2位以内をマーク
近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え
7

行きたがる面があるので、距離短縮は問題ない。

レース特記=「行たがる」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

シュウジは阪神カップで上がり最速をマークして勝利。ハイレベルなメンバーだったので、「ハイブリッド指数」=《72》と高い。巻き返しは十分にあり得る。

阪神カップで上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《72》
8

ソルヴェイグはスプリンターズSで3着。シルクロードSは大幅馬体増が堪えたか。馬体が絞れてくれば、勝ち負けのチャンス。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
大幅な馬体重の増減
9

セイウンコウセイは2走前、淀短距離Sで「推定前半3ハロン」1位に該当。

淀短距離Sの「推定3ハロン」
3f
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝「1010円」の5人気で勝利して、10万円超えの払い戻しに貢献。

★10万円超えの払い戻し★
1211
単勝 10.1×1万円=10万1000円
馬連 19.0×1000円=1万9000円
購入2万5000円 払戻12万円

シルクロードSで2着。芝&ダートを合わせて、14戦して10連対と安定感はある。

「全成績」=【5・5・0・4】
10

特に芝1200mは3戦パーフェクト連対。

「距離実績」=【2・1・0・0】
11

フィエロは近走はすべて「ハイブリッド指数」=《70》超え。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
12

1400~1600mが向いているので、初の1200mがどうか。

レース特記=「距離○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ナックビーナスは「ハイブリッド指数」が《60》台後半。G1ではやや物足りない。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
13

トーキングドラムは阪急杯で上がり最速をマークして勝利。

阪急杯で上がり最速をマーク

14_3

重い芝が得意なので、中京コースは合うはず。目下の勢いなら侮れない。

レース特記=「芝重い○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

【想定版HB新聞】阪神大賞典、スプリングS、フラワーC、ファルコンS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で阪神大賞典、スプリングS、フラワーC、ファルコンSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で後半3ハロンの方が1秒1以上も遅い年が3回もある。勝ち馬はすべて4角5番手以内で立ち回っている。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

過去5年の勝ち馬は4角5番手以内
1_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年すべて「ハイブリッド指数」1番手が馬券絡み。朝日杯FSの勝ち馬が該当すれば、信頼度は高い。「推定後半3ハロン」1位は3着が4回もある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

サトノアレスは3連勝で朝日杯FSを制覇。「ハイブリッド指数」は準オープン並み。

「ハイブリッド指数」=《59》
2_8

ディープ産駒にしては重い芝も問題ないタイプ。

レース特記=「荒馬場○」「芝重い○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5戦してすべて2着以内の安定感は大きな武器。今回も勝ち負けに加わるはず。

「全成績」=【3・2・0・0】
3_6

アウトライアーズ中山では2戦2勝。

「コース実績」=【2・0・0・0】
4_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの掛かる舞台は向いている。

馬特記=「渋馬場○」「上が掛○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

百日草特別で上がり2位をマークして3着。キャリアの浅い2歳戦では、【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうかが判断基準のひとつ。

レースラップのラスト2F11.0秒-11.1秒
上がり2位
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

そして、百日草特別以外の3戦すべて断トツの上がり最速をマーク。【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうかも重要。

3戦で断トツの上がり最速をマーク
5_5

モンドキャンノは朝日杯FSで上がり最速をマークして2着。距離延長にも対応している。

上がり最速をマーク
距離延長にも対応
7_2

とはいえ、折り合いに不安のあるタイプだから、乗り替わり、距離延長は割引き材料。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ウインブライトは「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇。馬体増が成長の証。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
一戦ごとに馬体増

8

時計が掛かれば、馬券圏内のチャンスはある。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エトルディーニュは共同通信杯で6人気で2着と健闘。ただし、「ハイブリッド指数」は500万条件並みだから、相手に恵まれた感。

「ハイブリッド指数」=《51》
9

プラチナヴォイスは萩S以降の3戦は延び悩んでいる。気性面の成長が課題。

レース特記=「掛り気味」「落着ほし」「内もたれ」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

トリコロールブルーはフリージア賞で2勝目。レースセンスがよく、ラストは堅実に伸びてくるタイプ。

レース特記=「終い確実」「折合○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的に上積みは必要だが、底を見せていない魅力は大きい。絶好調のデムーロJ騎乗は強力。

「ハイブリッド指数」=《50》
6_3

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

フィリーズRの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

【想定版HB新聞】フィリーズR、金鯱賞、中山牝馬S

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でフィリーズR、金鯱賞、中山牝馬Sを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

1200m戦からの参戦馬が多く、スタートから飛ばしていくため、ペースは落ち着かないケースが多い。その結果、過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。9番枠より内枠が7連対しているのも特徴のひとつ。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
1_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「前半・後半」はイーブン。勝ち馬はどちからが○以上+HB印付きから。「HB」印自体は優秀で「HB」◎の「HB・前半・後半」3つ入りなら頭まで。

過去4回「HB」印で1~3着を占めており人気薄までカバー。「前半・後半」上位の人気薄も相手には必要。

内枠有利で、7・8外枠の馬であれば「後半」印は必須。前走1200mからの馬は消し。1400m以上で出来れば1600mからの馬を。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

位置取りシートでは
フィリーズレビューはなかなか良い材料かも

レーヌミノルは阪神JFでも3着に好走。「ハイブリッド指数」=《50》超えと高い。

「ハイブリッド指数」=《50》超え
2_5

1200m~1400mが向くので、1ハロンの距離短縮は好材料。阪神の重い芝も向いている。

レース特記=「距離長」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カラクレナイは未勝利、万両賞を連勝。

「ハイブリッド指数」=《51》
3_5

阪神1400mで勝利しているのは強み。

レース特記=「芝重い○」「上が掛○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アズールムーンの兵庫ジュニアGは初ダートで外から被されて、リズムを崩したのが敗因。

レース特記=「外被る×」「リズム悪」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

芝では逃げて2連勝を決めており、スピードが活きる条件の方がよい。

逃げて2連勝

5_3

アカカは中京の未勝利戦を5馬身差で圧勝。

「ハイブリッド指数」=《45》
6_2

休み明けの近2走は折り合いを欠いたのが敗因。スムーズにレースできるかどうか。

レース特記=「掛り気味」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ベルカプリは休み明けの前走で「推定前半3ハロン」1位に該当。

「推定前半3ハロン」1位=6番ベルカプリ
Photo_24
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝「1310円」で逃げ切って波乱を演出。

★単勝+3連複万馬券★
276
単勝 13.1×5000円=6万5500円
3連複 140.6×500円=7万300円
購入1万6000円 払戻13万5800円

前走は仕掛けて先手を奪ったので、今回も単騎逃げが理想。

レース特記=「ハナ条件」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

シグルーンはアルテミスSで3着。阪神JFは外を回らされたのが敗因のひとつ。

レース内容=「中団で外回る。」
レース特記=「大外回る」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ジューヌエコールは阪神JFで11着。折り合いに不安があるので、距離は1400mの方がよいはず。

馬特記&レース特記=「掛り気味」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デイリー杯2歳Sで「ハイブリッド指数」=《50》超え、上がり最速をマークして牡馬に勝利。距離短縮で巻き返しがあっていい。

「ハイブリッド指数」=《51》
上がり最速をマーク

4_4

阪神JF以来で休み明けの馬が多い。【直前情報】も参考にしたい。

チューリップ賞の【直前情報】
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年3月 2日 (木)

【想定版HB新聞】弥生賞、チューリップ賞、オーシャンS

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。3月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きました。今週末のご希望の方は以下のページから「再入会」をよろしくお願い致します。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて4月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年はマカヒキが上がり最速をマークして勝利。近3年の勝ち馬は上がり2位以内をマークしている。一方、過去5年の勝ち馬の4頭が4角4~5番手。4角で好位に取りついて、差し切るのが好走パターン。

4角5番手以内→上がり2位以内が好走パターン
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「ハイブリッド指数」1~3番手+「推定後半3ハロン」1~3位での決着。近7年で「ハイブリッド指数」1番手の6頭が馬券絡み。そして、「推定後半3ハロン」1位も4勝、2着1回の好成績。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

カデナは京都2歳Sで初重賞制覇。当時は「推定後半3ハロン」1位に該当して、10万円超えの払い戻しに貢献。

京都2歳Sの「推定3ハロン」
Photo_32
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★10万超えの払い戻し★
5711
3連複 23.6×5000円=11万8000円
購入3万2000円 払戻11万8000円

全4戦すべてで上がり最速をマークして連対。

4戦すべて上がり最速
2_5

百日草特別は勝ち馬アドマイヤミヤビがクイーンCを制したとおり、レースラップのラスト2F11.0秒-11.1秒は高い瞬発力が問われた一戦。

レースラップのラスト2F11.0秒-11.1秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

軽い芝が得意なディープ産駒だから、中山の重い馬場の克服がカギ。

馬特記=「芝軽い○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11月以来の実戦で仕上がり、成長がどうか。【直前情報】も参考にしたい。

フェブラリーSの【直前情報】
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

コマノインパルスの京成杯は年明けの時点で「ハイブリッド指数」=《51》は決して高い数値ではなく、上がりも2位が最高。

「ハイブリッド指数」=《51》
3戦すべて上がり2位

3_5

近2走で出遅れている通り、スタートの課題も残る。

レース特記=「スタ悪い」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山コースの相性を活かして、何処まで善戦できるかどうか。

「コース実績」=【1・1・0・0】
4_5

ダイワキャグニーはセントポーリア賞を快勝。「ハイブリッド指数」は京成杯のコマノインパルスより高いほど。

「ハイブリッド指数」=《52》
5_3

しかも、2戦ともにレースラップのラスト1F11.5秒と優秀。初重賞挑戦でも侮れない。

レースラップのラスト1F11.5秒と優秀
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

グローブシアターはキャリア1戦で参戦のホープフルSで2着は優秀。

「ハイブリッド指数」=《49》
6_2

430kg台と小柄な馬体。成長の余地は大きい。

ホープフルSの【直前情報】
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ダンビュライトは2戦目以降は上がり最速が一度もない。ただし、きさらぎ賞の「ハイブリッド指数」=《50》超えはレベル的には低くはない。

2戦目以降は上がり2位が最高
「ハイブリッド指数」=《54》

7

乗り難しい面があるので、引き続き、ルメールJが騎乗するのは大きい。

レース特記=「内もたれ」「掛り気味」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノマックスの初戦の「ハイブリッド指数」=《40》は及第点。テーオーフォルテも一気に上積みを加えてくる可能性あり。

「ハイブリッド指数」=《40》
8

例年は皐月賞へ向けてハイレベルな一戦。「位置取りシート」的にも近7年はすべて1番手が勝利している。果たして今年の該当馬の4~5頭は?

昨年の「位置取りシート」
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論




尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

【想定版HB新聞】中山記念、阪急杯、アーリントンC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で中山記念、阪急杯、アーリントンCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が3勝、勝ち馬はすべて上がり4位以内をマーク。好位~中団から上位の上がりをマークするのが必勝パターン。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり4位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」6番手以内。勝ち馬の4頭が「推定後半3ハロン」2位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

アンビシャスは昨年の中山記念で「推定後半3ハロン」1位に該当して2着。

昨年の中山記念の「推定3ハロン」
3f_10
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

ルメールJが「推定後半3ハロン」1位に騎乗すれば、巧く末脚を引き出してくれる。

1211_2
馬連 8.0×5000円=4万円
3連複 9.2×4000円=3万6800円
3連単 37.9×500円=1万8950円
購入3万5000円 払戻9万5750円

「ハイブリッド指数」=《75》超えはG1級の能力がある証拠。

「ハイブリッド指数」=《75》超え
3_4

折り合いに不安があるタイプ。

レース特記=「行たがる」「折合×」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mより1800mの方が向いている。ルメールJとは5戦5連対と抜群の相性を誇る。

「距離実績」=【1・2・2・1】
4_4

リアルスティールは天皇賞(秋)で2着。「ハイブリッド指数」は《77》と高い。

「ハイブリッド指数」=《77》
5_3

菊花賞2着の実績があるとはいえ、本質的には2000m前後がベスト。

レース特記=「距離長」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ツクバアズマオーはオールカマー、中山記念で上がり最速をマーク。ただし、「ハイブリッド指数」的には前述の2頭から大きく見劣る。

2重賞で上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《69》が最高

6_3

大得意な中山の舞台で実力差を補えるかどうかも、勝ち切るまでは厳しいはず。

「コース実績」=【5・2・2・4】
7

ネオリアリズムは国内の近2走が「ハイブリッド指数」=《70》超え。

「ハイブリッド指数」=《73》
8

マイルCSで3着好走とはいえ、2000m前後の方が向いている。「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り。香港マイル以来の実戦でも仕上がりはよいはず。

レース特記=「距離短」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ロゴタイプは香港マイルはゴチャついて、スムーズさを欠く内容。

レース特記=「ゴチャ」

5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

既に7歳で上積みは乏しいので、上位争いまでか。

「ハイブリッド指数」=《73》
9

ヴィブロスは秋華賞で初G1制覇。「ハイブリッド指数」は牡馬一線級相手では見劣る。

「ハイブリッド指数」=《68》
10

小柄なディープ産駒だから、京都の軽い芝、上がりの速い決着の方が合う。

馬特記=「芝軽い○」「上が速○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けで馬体重が何処まで増えてくるか。

「馬体重」=414kg
10_2

ヌーヴォレコルトを含めて、海外遠征帰りが多いので、【直前情報】も参考にしたい。

フェブラリーSの【直前情報】
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年2月16日 (木)

【想定版HB新聞】フェブラリーS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でフェブラリーSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は前後半5傑入りのモーニンが勝って、「推定後半3ハロン」1位のノンコノユメが2着。3連単「16010円」が的中。

昨年のフェブラリーSの「推定3ハロン」
3f_13
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★3連単万馬券★
28112_2
3連単 160.1×500円=8万50円
購入3万6000円 払戻8万50円

そして、昨年末のチャンピオンズCでは「推定後半3ハロン」1位のアウォーディーが2着。3連複「11180円」の万馬券が的中。ダートG1の馬券は当たりやすい。

昨年のチャンピオンズCの「推定3ハロン」
Photo_23
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★3連複万馬券★
4211_2
3連複 111.8×2000円=22万3600円
購入6万4000円 払戻22万3600円

フェブラリーSは過去5年で1秒5以上の前傾ラップが4回。勝ち馬は上がり4位以内。直線が長いコースのG1ともなれば、鋭い末脚を発揮できなければ勝ち負けできない。

過去5年で1秒5以上の前傾ラップが4回
勝ち馬は上がり4位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去7年で「ハイブリッド指数」1番手は5頭が馬券絡み。1~3番手のうちの2頭が例年、馬券絡みしている。2012年に7人気で勝利したテスタマッタも「ハイブリッド指数」は3番手に該当。実力がストレートに反映されやすいレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

カフジテイクは根岸Sで「推定後半3ハロン」1位に該当。直線一気に差し切って初重賞制覇を達成。

根岸Sの「推定3ハロン」
Photo_37
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

東京では4走すべて上がり最速&上がり34秒台をマーク。

上がり最速&上がり34秒台
3_3

直線の長い東京コースは4戦3勝、3着1回と好相性。

「コース実績」=【3・0・1・0】
4_3

スタートが悪いのは相変わらずだが、ラストは堅実に伸びてくる。

レース特記=「スタ悪い」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ゴールドドリームのチャンピオンズCは道中で折り合いを欠いたのが敗因。

レース特記=「掛り気味」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

武蔵野Sではカフジテイクに先着。3歳秋で「ハイブリッド指数」=《74》と高い。

「ハイブリッド指数」=《74》
5_2

1600mは3戦2勝、2着1回とパーフェクト連対。1ハロンの距離短縮は大きなプラス。

「距離実績」=【2・1・0・0】
6_4

ベストウォーリアは根岸Sで2着。近走は地方交流重賞を含めて、すべて「ハイブリッド指数」は《70》超えている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7_2

レースセンスがよく、立ち回りの巧さは武器。左回りは向いている。

レース特記=「左回り○」「立回り○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

モーニンは揉まれ弱さがあって、折り合いにも注目がつくタイプ。

レース特記=「揉れ弱い」「馬込み×」「行たがる」

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」=《70》超えの実力はある。昨年と同様、如何にスムーズにレースできるかがカギ。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

8_2

休み明けは苦にしない。

「休み明け成績」=【2・0・0・0】
9_2

ノンコノユメは近走は「ハイブリッド指数」=《70》前半で低迷している。

上がり最速が一度もない
10

去勢後の近3走は以前よりズブさが目立つ。

馬特記&レース特記=「ズブイ」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年のフェブラリーSで2着の得意の東京で一変できるかどうか。

「コース実績」=【4・1・1・0】
1_2

サウンドトゥルーはチャンピオンズCで上がり最速をマークして初G1制覇。

上がり最速をマーク
2_4

展開が向いたのは確かだが、G1でも互角以上の末脚は大きな武器。

レース特記=「展開向く」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コパノリッキーは近走は1800m以上で大敗。距離短縮で前進は見込める。

「ハイブリッド指数」=《75》
3_4

アスカノロマンはチャンピオンズCで前後半36.3秒-37.7秒、前傾1.4秒のハイペースを2番手から粘り込んで3着。「ハイブリッド指数」は《77》と高い。

前後半36.3秒-37.7秒、前傾1.4秒のハイペース
「ハイブリッド指数」=《77》

4_4

レコード決着の昨年のフェブラリーSで3着しており、時計の速い決着にも対応可能。

馬特記=「時計速○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

大幅馬体増がないかは注意したい。

「馬体重」=520kg台前半がベスト
5_3

また、「位置取りシート」的には昨年は「外」→「内」→「中」の1番手で決着。過去10年の勝ち馬の9頭までが1番手に該当している。今年の該当馬5頭は?

昨年の「位置取りシート」
Photo
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年2月 9日 (木)

【想定版HB新聞】京都記念、共同通信杯、クイーンC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で京都記念、共同通信杯、クイーンCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内。昨年の皐月賞馬ディーマジェスティを始め、皐月賞馬&ダービー馬を計5頭も輩出。近年では一、二を争う出生レースといえる。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が5連対。重賞で好走してきた馬達が実力を発揮している。全体的には「推定後半3ハロン」上位馬の好走が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ムーヴザワールドはキャリア1戦で挑んだ東京スポーツ杯2歳Sで3着。2戦目で「ハイブリッド指数」の《52》は高い。

「ハイブリッド指数」=《52》
3_7

ディープ産駒ながらも、加速が遅いタイプ。直線が長い東京コースは向く。

馬特記&レース特記=「加速遅い」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けで成長がどうか。【直前情報】も参考にしたい。

きさらぎ賞の【直前情報】
6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

スワーヴリチャードは東京スポーツ杯2歳Sでムーヴザワールドに先着の2着。「ハイブリッド指数」的にも上回っている。しかも、上がり最速をマーク。

「ハイブリッド指数」=《53》
上がり最速をマーク

4_5

3戦すべて出遅れており、今回も後方からのレースが想定できる。

レース特記=「スタ悪い」「アオル」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エアウィンザーは母エアメサイアの良血馬。レースセンスのよさが持ち味のひとつ。

レース特記=「R振スム」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3戦すべて上がり最速をマークしている点は高く評価できる。

「ハイブリッド指数」=《49》
5_4

タイセイスターリーは泥んこ馬場のシンザン記念で2着。折り合いがカギなので、ルメールJ騎手の手綱さばき次第。

レース特記=「行たがる」「渋馬場○」

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ディアシューターは中山で初勝利。東京の瞬発力勝負は不向きか。

レース特記=「上が掛○」「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

【想定版HB新聞】きさらぎ賞、東京新聞杯

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。2月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きました。今週末のご希望の方は以下のページから「再入会」をよろしくお願い致します。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて3月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点できさらぎ賞、東京新聞杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が3勝、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。上がり1位&2位のワン・ツーが4回もある。このレースを上がり最速で制すれば、のちのG1戦線での活躍が期待できる。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年連続して「推定後半3ハロン」1番手、2番手が馬券絡み。そして、近2年連続して「推定後半3ハロン」1~3位で決着している。「推定後半3ハロン」を重視すれば、当たるレースといっていい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

サトノアーサーは初戦は同着での勝利だったが、2戦目は上がり32秒台の末脚で圧勝。2戦ともに上がり最速をマーク。「ハイブリッド指数」=《54》は重賞並みに高い。

2戦ともに上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《54》
3_6

レースラップのラスト2F10秒台~11秒台前半は優秀。ディープ産駒だから、阪神の渋った馬場より、京都の上がりの速い馬場の方が合う。

レースラップのラスト2F10秒台~11秒台前半
レース特記=「渋馬場×」「上が速○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうかで判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

ダンビュライトは内にモタれたり、掛かり気味になるなど、乗り難しい面がある。ルメールJが引き続き手綱を取るのは好材料。

レース特記=「内もたれ」「掛り気味」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2戦目で「ハイブリッド指数」=《50》をマークしており、前走の敗戦が力負けではない。

「ハイブリッド指数」=《50》
4_4

プラチナヴォイスの前走は不利を受けてのもの。

レース内容=「直線で寄られる不利」
レース特記=「不利」

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

未勝利戦をレコードで圧勝したとおり、時計の速い決着は得意。2戦2勝の京都外回り1800m戦で一変も。

馬特記&レース特記=「時計速○」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

タガノアシュラは黄菊賞で2勝目。直線の短い京都内回りが向いており、少頭数で展開が向いた面も大きい。

レース特記=「R息入る」「小回向き」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アメリカズカップは中京、阪神で2連勝。京都の瞬発力勝負は微妙かもしれない。

馬特記&レース特記=「芝重い○」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スズカメジャーの初戦のレースラップのラスト2ハロン11.8秒→11.3秒は優秀。キャリア1戦で底を見せていない魅力はある。

レースラップのラスト2ハロン11.8秒→11.3秒
8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年1月26日 (木)

【想定版HB新聞】根岸S、シルクロードS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で根岸S、シルクロードSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内。勝ち馬の4頭が4角10番手以降から差し切っている。上がり34~35秒台が要求されるので、速い上がりへ対応できるかがポイント。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
上がり34~35秒台への対応力が必要

2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が3連対、勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」5番手以内に該当。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

東京1400mはあまりペースは速くはならないものの、上がり34~35秒台の速い上がりが要求されており、2012~15年まで4年連続して「推定後半3ハロン」1位が連対している。

2012年の「推定3ハロン」
2012

2013年の「推定3ハロン」
2013_2

2014年の「推定3ハロン」
2014

2015年の「推定3ハロン」
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

4年前が3連複21点買いで「15560円」の万馬券。

★2013年の3連複万馬券★
1211
単勝 12.8×3000円=3万8400円
馬連 13.8×2000円=2万7400円
3連複 155.6×500円=7万7800円
購入1万7500円 払戻14万3600円

そして、3年前が3連複15点買いで「29140円」の2万馬券が的中。「ハイブリッド指数」「推定後半3ハロン」で儲けやすいレース。

★2014年の3連複2万馬券★
1211
単勝 7.5×5000円=3万7500円
3連複 291.4×500円=14万5700円
購入1万2500円 払戻18万3200円

ベストウォーリアは3走連続して2着と好走。地方交流重賞のレースレベルは「ハイブリッド指数」で判断できる。

「ハイブリッド指数」=《69》~《72》
3_3

レースセンスのよさが持ち味のひとつ。休み明けも苦にならない。

馬特記=「鉄砲○」
レース特記=「立回り○」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カフジテイクは「ハイブリッド指数」が一戦ごとに上昇。しかも、近4走すべて上がり2位以内をマークしている。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
近4走すべて上がり2位以内

4_2

出遅れ癖は治らないが、ラストは確実に伸びてくる。

レース特記=「スタ悪い」「終い確実」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

直線の長い東京コースは好相性。

「コース実績」=【2・0・1・0】
5

ベストマッチョはデビューから5戦4勝、2着1回とパーフェクト連対。しかも、すべて東京コースに使われている。

「全成績」=【4・1・0・0】
「コース実績」=【4・1・0・0】

6

近3走すべて上がり35秒台は優秀だが、条件戦で上がり最速でない点は不満。勝ち切るまでは厳しいかもしれない。

近3走すべて上がり35秒台
7

ニシケンモノノフは兵庫GTで初重賞制覇。ただし、「ハイブリッド指数」はそれほど高くはない。あくまで上位争いの1頭。

「ハイブリッド指数」=《69》
8

キングズガードは近3走すべてオープン以上で上がり35秒台、上がり4位以内をマークしている。

近3走すべて上がり35秒台、上がり4位以内

9

1400m戦では18戦して3着を外したのは一度だけ。巻き返しを警戒したい。

「距離実績」=【7・5・5・1】

10

ノボバカラはカペラSでニシケンモノノフに快勝。「ハイブリッド指数」は《74》と高い。

「ハイブリッド指数」=《74》
11

中央の1400m戦は4戦3勝、3着1回だから、距離延長は問題ない。

「距離実績」=【3・0・1・0】
1_5

エイシンバッケンは3走前、2走前に上がり34秒台をマーク。

3走前、2走前に上がり34秒台をマーク
2_4

ダートで3着を外したのは一度だけ。1400mも得意としている。

「ダート成績」=【5・3・2・1】
「距離実績」=【2・2・1・0】

3_4

ブルミラコロは近2走は折り合いを欠きながら快勝。重賞の速いペースの方が向く印象。

レース特記=「行たがる」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全12戦で10連対と抜群の安定感を誇っている。J今回のメンバーは1400mで安定感を誇っている馬が多い。

「距離実績」=【5・4・0・1】
「全成績」=【5・5・1・1】
4_3


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年1月19日 (木)

【想定版HB新聞】AJCC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でAJCCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角7番手以内。そして、「上がり最速馬」の2勝を含めて、すべて上がり6位以内。好位~中団から上位の上がりを使えるタイプが有利。

過去5年の勝ち馬は4角7番手以内→上がり6位以内
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去7年で「ハイブリッド指数」1番手は2勝、3着1回。5番手以上が6勝。「推定後半3ハロン」1位は近5年で3頭が馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ゼーヴィントはハイレベルな明け4歳馬。福島記念では年長馬相手に2着。

「ハイブリッド指数」=《68》
3_4

レースセンスがよく、立ち回りの巧さがある。

レース特記=「立回り○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山コースは3勝3連対とパーフェクト連対。

「コース実績」=【2・1・0・0】
4

リアファルは長期休養明けの金鯱賞で18kg増にも関わらず、5着と健闘。

「馬体重」=524k(+18)
5

【直前情報】でノーマークだったとおり、仕上がり途上だったのは間違いない。果たして今回はどうか。

京成杯の【直前情報】
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ミライヘノツバサは準オープンの迎春Sを快勝。

「ハイブリッド指数」=《63》
6

先行力があって、中山は向いている。

レース特記=「中山向き」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

このコースは7戦4勝、3着以内が6回と好相性。皐月賞以外は馬券圏内を外していない。

「コース実績」=【4・1・1・1】
7

タンタアレグリアは天皇賞(春)で4着。「ハイブリッド指数」=《70》超えと高い。しかも、上がり最速をマークしていたほど。長期休養明けがどうかだけ。

「ハイブリッド指数」=《73》
上がり最速をマーク

8

シングウィズジョイはエリザベス女王杯で「推定後半3ハロン」1位に該当。

エリザベス女王杯の「推定3ハロン」
3f_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

2着に好走して、3連複は2万馬券。20万円超えの払い戻しに貢献してくれた。

エリザベス女王杯の馬券
★3連複2万馬券★
5411_2
3連複 206.8×1000円=20万6800円
購入5万7000円 払戻20万6800円

中山で重賞勝ちがあるとおり、重い芝は問題ない。

馬特記=「芝重い○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルミナスウォリアーはディセンバーSで上がり最速をマークして2着。ただし、「ハイブリッド指数」的には見劣る。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《65》

9

「ハイブリッド指数」的にはクラリティスカイの方が上。

「ハイブリッド指数」=《69》
10

2000mでも長い印象なので、1ハロンの延長がカギ。

レース特記=「距離長」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ワンアンドオンリーはジャパンCで8着。2着とは0.4秒差しかなく、「ハイブリッド指数」は《70》超え。今回の相手なら復活劇があるかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《71》
11


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

【想定版HB新聞】日経新春杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で日経新春杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が3勝。勝ち馬はすべて上がり5位以内をマークしている。京都外回り2400m戦は全場&全距離の中でも、上がり順位が結果に直結しやすい舞台のひとつ。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台の年がほとんどで、上がり34秒台の末脚が要求される。1番人気が4連対。実力がストレートに反映されやすい。

レースラップのラスト3F11秒台
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 の上部

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。そして、「推定後半3ハロン」1位、2位の決着が3回もある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

昨年は「推定後半3ハロン」1位のシュヴァルグラン、2位のレーヴミストラルで決着。「推定後半3ハロン」重視でよいレース。

「推定後半3ハロン」1位、2位で決着
3f_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

1611_2
3連単 65.5×500円=3万2750円
購入2万円 払戻3万2750円

ミッキーロケットは神戸新聞杯で上がり最速をマークして2着。サトノダイヤモンドを上がりで上回ったから価値が高い。

神戸新聞杯で上がり最速をマーク
3_5

菊花賞は掛り気味だったので、距離短縮は好材料。「ノーザンFしがらき」帰りだから、休み明けの心配はいらない。

レース特記=「掛り気味」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

シャケトラは4戦3勝。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇。しかも、4戦すべて上がり最速をマークしている。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4戦すべて上がり最速をマーク

4_3

3勝すべて阪神の重い馬場であげたものだから、京都の軽い馬場がどうか。

レース特記=「渋馬場○」「芝重い○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

格上挑戦の身ではあるが、軽ハンデ53kgなら通用してよい。

「挑」(=格上挑戦)
軽ハンデ53kg

5

レッドエルディストは秋2走は神戸新聞杯の上がり3位が最高。春に比べれば物足りなさは残る。

神戸新聞杯の上がり3位が最高
6

モンドインテロは札幌日経OP、ステイヤーズSで上がり最速をマーク。

近3走中で上がり最速が2回
7

軽い芝が得意なディープ産駒。京都は2戦2勝と好相性。

「コース実績」=【2・0・0・0】
8

カフジプリンスは菊花賞8着と健闘。

「ハイブリッド指数」=《65》
9

しかも、直線でゴチャつくシーンがあってのもの。福永Jとも手が合いそう。

レース特記=「ゴチャ」
レース内容=「直線前壁で追いだし待たされ。」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レーヴミストラルは昨年の日経新春杯で上がり最速をマークして快勝。上がり2位に0.9秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.9秒差)
10_2

8ヵ月ぶりで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

京都金杯の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ヤマカツライデンは京都大賞典で逃げて8着。レースラップのラスト3ハロンすべて11秒台の決着が不向き。

レース特記=「上が速×」
レースラップのラスト3ハロン11.1秒-11.1秒-11.5秒

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走すべて先手を奪っており、今回も単騎逃げが予想できる。大逃げなら怖い存在。

近走すべて4角先頭
11


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

【想定版HB新聞】シンザン記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でシンザン記念、フェアリーSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「4角先頭馬」は13年エーシントップ、14年ミッキーアイルが逃げ切り勝ち。今後を見据えて折り合い面を重視する馬が多いため、前半3ハロンの平均が35秒1とマイル重賞としてはペースが遅い。展開面では逃げ&先行馬が有利で、過去5年で4角5番手以内が6連対を占めている。

好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ペルシアンナイトはアイビーSで2歳女王のソウルスターリングの2着。3戦すべて上がり最速をマークしている。

3戦すべて上がり最速をマーク

5

しかも、こうやまき賞のレースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.2秒と秀逸。

レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.2秒

1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3戦すべて出遅れているが、好位には取りつけて、ラストは堅実に伸びてくる。

レース特記=「スタ悪い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アルアインは新馬、千両賞と2連勝。2戦ともに上がり35秒台。ディープ産駒だから、上がり33~34秒台でも問題ないはず。

2戦ともに上がり35秒台
3_2

トラストは朝日杯FSで5着と健闘。

「ハイブリッド指数」=《50》
4_2

重い芝が得意なので、京都コースは合わないかもしれない。

レース特記=「芝重い○」

5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コウソクストレートは京王杯2歳Sで4着と善戦。3戦すべて1400m戦だから、距離延長に不安が残る。

3戦すべて1400m戦
6

タイセイスターリーはデイリー杯2歳Sで8着。気性面の成長がどうか。

馬特記&レース特記=「気性幼い」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

デイリー杯2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

【想定版HB新聞】有馬記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で有馬記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年の有馬記念の【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年で「上がり最速馬」が2勝、勝ち馬の4頭が上がり4位以内。4角2~5番手から抜け出すのが好走パターンとなっている。

4角2~5番手→上がり4位以内
1_8
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年では「ハイブリッド指数」1番手、「推定後半3ハロン」1位は5頭が一致すれば、すべて馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番キタサンブラックはジャパンCを逃げ切り勝ち。

4角先頭
2_8

今年はすべて「ハイブリッド指数」=《76》超えのパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《76》超え
3_7

先行力、スタミナがあるので、中山2500mの舞台は向く。

レース特記=「先行力○」「スタミ○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実際、中山では4戦して3着を外していない。

「コース実績」=【2・0・2・0】
4_6

11番サトノダイヤモンドは菊花賞で上がり最速をマークして初G1制覇。「ハイブリッド指数」=《75》は近年ではもっとも高い。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《75》
5_4

しかも、レースラップのラスト3F11秒台は優秀。やや行たがる面があるので、距離短縮は好材料。1番キタサンブラックを差し切るチャンスは十分にある。

レースラップのラスト3F11秒台
レース特記=「掛り気味」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番ゴールドアクターは昨年の有馬記念の覇者。器用さがあるので、中山が向いている。

レース特記=「中山向き」

4_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オールカマーの「ハイブリッド指数」は《77》と高く、昨年からの衰えはない。今年も上位争いのチャンス。

「ハイブリッド指数」=《77》

6_2

6番サウンズオブアースはジャパンCで2着と好走。一線級相手でも互角に戦える。ただし、5歳にして未だ2勝馬の身。勝ち切るのは厳しいはず。

「ハイブリッド指数」=《76》
「全成績」=【2・8・1・8】
8

14番シュヴァルグランはジャパンCで6番サウンズオブアースと同等のパフォーマンス。過去最高の482kgだから、馬体に余裕があったのかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《76》
「馬体重」=482k(+8k)

9

長距離戦ではラストは堅実に伸びてくる。

上がり3位以内

10

16番マリアライトはエリザベス女王杯で6着。1角で寄られる不利があったので、決して力負けではない。

レース特記=「不利」
11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

宝塚記念でドゥラメンテ、キタサンブラックに完封。実力を出し切れば、牡馬相手でも見劣らない。問題は不利な大外枠がどうか。

「ハイブリッド指数」=《77》
12

8番ミッキークイーンはエリザベス女王杯の馬体増はよい傾向。久々を叩いた上積みは大きいはず。

「馬体重」=442k(+10)
13

4番ヤマカツエースは金鯱賞で重賞4勝目。「ハイブリッド指数」は《69》だから、一線級相手では見劣る。内枠を活かしたい。

「ハイブリッド指数」=《69》
14

15番アルバートはステイヤーズSを連覇。スタミナは十分あるので、ペースが速くなれば台頭の余地も。

馬特記&レース特記=「スタミ○」

5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

過去3年の有馬記念の【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

【想定版HB新聞】朝日杯FS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で朝日杯FSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去2年の朝日杯FSの【ハイブリッド新聞】(成績版)

2014年から阪神外回り1600mへ舞台を移しての施行。近2年とも「上がり最速馬」が勝利している。阪神の外回りコースは上位の上がりが必要不可欠。

近2年とも「上がり最速馬」が勝利
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

一昨年は「推定後半3ハロン」2位のダノンプラチナ、昨年は同3位のリオンディーズが勝利。「推定後半3ハロン」3位以内が勝利の条件か。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ミスエルテは上がり33秒台をマークして2連勝。

上がり33秒台で2連勝
3_3

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には1番手ではなく、あくまでチャンスのある1頭。先週のフランケル産駒のソウルスターリングの勝利によって、過剰人気になる感はある。

「ハイブリッド指数」=《52》
3_4

ダンビュライトはサウジアラビアRCで上がり2位をマークして2着。

上がり2位をマーク
4_3

前走で内へモタれる面が目立ったので、その点が修正されるかどうか。

レース特記=「内側斜行」「内もたれ」「内側逃避」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

モンドキャンノは京王杯2歳Sで上がり最速をマークして初重賞制覇。

上がり最速をマーク
5_2

ただし、1200mでも行たがる面がある。

レース特記=「行たがる」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

距離は1400mまでかもしれない。【直前情報】も参考にしたい。

京王杯2歳Sの【直前情報】
6_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

タガノアシュラは黄菊賞を逃げ切って2勝目。5頭立ての少頭数でペースに恵まれた面も大きい。

前後半36.7秒-35.3秒(後傾1.4秒のスローペース)
7

G1で同じレースができるかは疑問。阪神外回りより、小回りコースが向いている。

レース特記=「小回向き」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノアレスはベゴニア賞で上がり最速をマークして快勝。4戦して連対を外していない安定感は評価できる。

上がり最速をマーク
「全成績」=【2・2・0・0】
8_2

トラストは近2走の上がりは6位と速くない。

上がり6位

9

行きたがる面があるなど、レースぶりにも課題が残る現状。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」「行たがる」「R中頭高」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

クリアザトラックの初戦は勝ち時計こそ遅いが、内容的には完勝。

「ハイブリッド指数」=《43》
10

特に余力を残しながら、レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒は強烈。G1でも通用する瞬発力を秘めている。

レース特記=「直余力有」
レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.1秒

11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッドアンシェルはもみじSを上がり33秒台で差し切り勝ち。

上がり33秒台
12

2走ともにレースラップのラスト1ハロンの方が速い点は余力を残している証拠。

レースラップのラスト1ハロンの方が速い

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

過去2年の朝日杯FSの【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

【想定版HB新聞】阪神JF

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で阪神JFを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年の阪神JFの【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年で4角5番手以内は3連対止まり。短距離戦からの参戦馬が多く、ペースが速くなりやすい。その結果として、勝ち馬の4頭が上がり3位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり3位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」3番手以上が4勝。そして、「推定後半3ハロン」1位が3連対、勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ソウルスターリングは新馬戦、アイビーSと1800m戦を2連勝。いずれも上がり最速をマークして、好位から差し切っている。

上がり最速をマーク
3_2

特に前走のレースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.5秒は優秀。キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。

レースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.5秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳牝馬だから、初めての長距離輸送がどうか。【直前情報】も参考にしたい。

デイリー杯2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

リスグラシューのアルテミスSの勝ち時計は平凡。ただし、スローペースが影響したもので仕方がない。

前後半36.3秒-34.5秒、後傾1.8秒のスローペース
4_3

その分、レースラップのラスト3F11秒台と速く、ラスト1F11.3秒は秀逸。2戦目の未勝利戦をレコード勝ち。高速決着、瞬発力勝負のどちらも得意。

レースラップのラスト1F11.3秒
レース特記=「時計速○」「上が速○」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ジューヌエコールも上がり最速をマークして3連勝。一戦ごとに馬体重も増えて成長している。

3戦すべて上がり最速をマークして勝利
一戦ごとに馬体増

5_2

折り合い面に不安があるので、乗り替わりは不安材料ではある。

レース特記=「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レーヌミノルは小倉2歳Sを圧勝。「ハイブリッド指数」=《57》は近年の中では最も高い。1600mの距離適性がカギ。スピードが勝ったタイプなので、1200mの方がよい。

「ハイブリッド指数」=《57》
上がり4位
6_3

ヴゼットジョリーは新潟2歳Sで上がり33.2秒をマークして差し切り勝ち。2歳夏の時点で「ハイブリッド指数」=《50》は高い。

上がり33.2秒をマーク
「ハイブリッド指数」=《50》

7

ディーパワンサは3戦すべて上がり最速をマーク。

3戦すべて上がり最速をマーク
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デイリー杯2歳Sはレースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.4秒。先行勢を捕らえ切れなかったのは仕方なく、脚を余しての敗戦。巻き返しを警戒しておきたい。

レースラップのラスト2ハロン11.2秒-11.4秒
レース特記=「次一変可」「直余力有」

4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アリンナは未勝利、秋明菊賞と逃げて2連勝。距離延長が課題なうえ、上がりの速い阪神外回りは不向き。

上がり5位
9

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】

過去3年の阪神JFの【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年12月 1日 (木)

【想定版HB新聞】チャンピオンズC

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。12月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きました。今週末のご希望の方は以下のページから「再入会」をよろしくお願い致します。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて来年1月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でチャンピオンズCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年のチャンピオンズCの【ハイブリッド新聞】(成績版)

14年は4角2番手のホッコータルマエ、15年は4角6番手のサンビスタが勝利。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利かもしれない。

過去2年の勝ち馬は好位から上位の上がりをマーク
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

3着以内の6頭中、5頭までが「ハイブリッド指数」6番手以内に該当。一応は実力上位馬では決着している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番アウォーディーはダートに転向して無傷の6連勝中。スタミナがあるうえ、速い決着にも対応している。

レース特記=「時計速○」「スタミ○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は常に《70》超えと安定している。地方交流重賞のレースレベルの高さは「ハイブリッド指数」で判断できる。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
3_4

9番ノンコノユメの前走の大幅馬体減は去勢明けの影響が大きい。今回は馬体重がどれだけ戻っているかがポイントのひとつ。

「馬体重」=438k
4_3

常に「ハイブリッド指数」=《70》超えのパフォーマンス。ただし、昨年の武蔵野S以来、1年以上も勝ち星がないのは微妙。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
5_3

12番ゴールドドリームは武蔵野Sで前後半5傑入り。

「推定3ハロン」1位の2頭+前後半5傑入り
3f_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

「推定前半3ハロン」1位のタガノトネールには敗れたものの、直線は接触する不利などありながらも2着は確保。

レース特記=「他馬接触」「スム欠く」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3連複「19410円」、3連単「157320円」となって、約45万円の払い戻しに貢献してくれた。

★3連複万馬券+3連単15万馬券★
5311_2
3連複 194.1×1500円=29万1150円
3連単 1573.2×100円=15万7320円
購入3万1500円 払戻44万8470円

「ハイブリッド指数」は《74》と高く、古馬との斤量差もある。

「ハイブリッド指数」=《74》
6_2

中央では5戦4勝、2着1回と連対を外していない点も魅力。

中央の「全成績」=【4・1・0・0】
7

古馬相手に馬体が見劣らないかどか。【直前情報】も参考にしたい。

ジャパンCの【直前情報】
4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

11番コパノリッキーは前走の2100mより、1600~1800mが向いている。

レース特記=「距離長」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

帝王賞では2着の9番ノンコノユメに0.7秒差で圧勝して、「ハイブリッド指数」は《78》と高い。実力を出し切れば強い。

「ハイブリッド指数」=《78》
8

7番ラニはズブイ面ばかりが目立つ。G1の速いペースでは追走に手間取るはず。

レース特記=「ズブイ」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番モーニンは武蔵野Sは揉まれて実力を出せず。59kgの斤量も堪えた。

レース特記=「揉れ弱い」「馬込み×」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

日本テレビ盃では2番アウォーディーと接戦している。マイル前後がベストかもしれないが、この距離も克服できてよい。

「ハイブリッド指数」=《73》
9

8番サウンドトゥルーは昨年の3着馬。1800m戦では3着を外していないので、今年も馬券絡みのチャンスはある。

中央での「距離実績」=【4・1・2・0】
10

14番アポロケンタッキーは近4走中で「ハイブリッド指数」=《70》超えを3回マーク。560kg超えの超大型馬なので、冬場で太目が残らないか注意は必要。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
「馬体重」=562kg
11

4番アスカノロマンは近3走は大敗も、4走前にG1級の「ハイブリッド指数」=《77》をマーク。馬体が絞れてくれば、一変しても不思議ではない。

「ハイブリッド指数」=《77》
前走の「馬体重」=432k(+10)

12

過去3年のチャンピオンズCの【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

【想定版HB新聞】ジャパンC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でジャパンCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

今年のジャパンCの【ハイブリッド新聞】(前日版)


過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内をマーク。後傾0.8秒以上のスローペースが4回あって、上がり32~33秒台の瞬発力勝負となるケースが多い。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の5頭が馬券絡み。そして、「推定後半3ハロン」1位が3連対。連対馬の9頭までが「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番キタサンブラックは休み明けの京都大賞典を快勝。近4走は見事に「ハイブリッド指数」=《76》で安定している。

「ハイブリッド指数」=《76》
3_3

スタミナがあって、時計の掛かる馬場が得意。

馬特記=「スタミ○」「渋馬場○」「荒馬場○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今年の4走は上がり4位が最高なので、瞬発力が要求される東京がどうか。

上がり4位が最高
4_3

16番リアルスティールは天皇賞(秋)で上がり最速をマークして2着。「ハイブリッド指数」=《77》と高く、勝ち馬モーリスが強過ぎただけ。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《77》

5_3

国内では2勝しかしておらず、勝ち味に遅いタイプではあるが、実力上位は間違いない。ムーアJが騎乗するのは魅力。

「全成績」=【2・5・1・2】
6_2

3番ゴールドアクターも近3走で「ハイブリッド指数」=《77》と高く、現役で上位の実力の持ち主。上がりの速い決着にも対応できる。

「ハイブリッド指数」=《77》
近3走で上がり3位以内が2回

7_4

9番ディーマジェスティは菊花賞で伸び切れず4着。6kgの馬体増も影響したかもしれない。

「馬体重」=482(+6k)
8_2

皐月賞、ダービーで上がり2位をマーク。3歳世代では上位の瞬発力の持ち主。古馬との2kgの斤量差は魅力。

皐月賞、ダービーで上がり2位をマーク
9_2

14番レインボーラインは菊花賞で上がり2位をマークして2着。「ハイブリッド指数」は《72》と高く、古馬相手でも通用するはず。

札幌記念で上がり最速、菊花賞で上がり2位
「ハイブリッド指数」=《72》

10_2

17番シュヴァルグランのアルゼンチン共和国杯は、レースラップのラスト2ハロン11.1秒-11.4秒と速く、余力を残して勝てたのは大きい。

レースラップのラスト2ハロン11.1秒-11.4秒
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

長距離戦では堅実に上位の上がりが使える。

2400m以上では上がり4位以内
11

12番サウンズオブアースの京都大賞典は前後半36.2秒-33.7秒、後傾2.5秒のスローペース。

前後半36.2秒-33.7秒、後傾2.5秒のスローペース
12

展開が不向きだったのは間違いない。

レース特記=「展開不向」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

勝ち味に遅いタイプではあるが、G1でも通用する実力はある。

「全成績」=【2・7・1・8】
13

4番ルージュバックは天皇賞(秋)で7着。毎日王冠から間隔が詰まって、馬体の回復に手間取ったのが敗因のひとつ。馬体増が好走の条件。

「馬体重」=450(-2k)
14

今年のジャパンCの【ハイブリッド新聞】(前日版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

【想定版HB新聞】マイルCS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でマイルCSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が2勝、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。前半33秒台後半~34秒台とペースが速くなって、展開的には差し&追い込み馬に有利になるケースが多い。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

そして、近3年はディープインパクト産駒が連対しており、同産駒は京都外回りの瞬発力勝負で抜群の強さを発揮する。

レース特記=「上が速○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。そして、近5年は連対馬の1頭も「推定前半3ハロン」5位以内に該当していない。近6年で5回は「推定後半3ハロン」1位、2位のいずれかが馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

サトノアラジンは休み明けのスワンSを快勝。京都の軽い芝は得意。

レース特記=「芝軽い○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近走はすべて上がり2位以内、上がり32~33秒台をマークしている。昨年より瞬発力が増している。

上がり2位以内、上がり32~33秒台
3_3

イスラボニータは昨年のマイルCSで3着。近走はすべて「ハイブリッド指数」=《70》超えをマークしている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
4_3

ただし、3歳秋のセントライト記念以来、2年も勝利がなく、勝ち切るまでは厳しいはず。

「全成績」=【6・3・4・5】
5_3

ヤングマンパワーは準オープン、関屋記念、富士Sと3連勝。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇しており、4歳秋にして充実一途。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_2

時計の速い決着は問題ないので、京都の上がりの速い決着がどうか。

レース特記=「時計速○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキーアイルは近3走の「ハイブリッド指数」=《70》超えは1200m~1400mでマークしたもの。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7_2

1600m戦はデビュー2戦目から5連勝しているが、その後は3戦すべて二桁着順。「推定前半3ハロン」5位以内が連対していない傾向も不向き。

「距離実績」=【5・1・0・3】
8

ロードクエストは富士Sで1人気ながら9着と大敗。外枠で外を回るロスが大きかった。

レース特記=「大外回る」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

初の年長馬相手の京成杯AHで上がり最速をマークして快勝。1600m戦はNHKマイルC2着をはじめ、5戦4連対の好成績。巻き返しを警戒。

「距離実績」=【3・1・0・1】
9

フィエロは2年連続して2着。スワンSはスタートで躓くロスが堪えた。

レース特記=「躓く」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

安田記念で上がり最速をマークして3着。7歳という年齢ほど衰えはない。

安田記念で上がり最速
10

ネオリアリズムは札幌記念でモーリス、レインボーラインを完封。「ハイブリッド指数」=《73》はフロックでは出せない数値。

「ハイブリッド指数」=《73》
11_2

折り合いに不安のあるタイプだから、1600m戦は向くかもしれない。

馬特記&レース特記=「行たがる」「掛かる」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノルパンも折り合いに不安がある。逆に1ハロンの距離延長は大きなマイナス。

馬特記&レース特記=「行たがる」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マジックタイムはダービー卿CT、関屋記念で上がり最速をマーク。牡馬相手でも瞬発力は通用する可能性あり。

ダービー卿CT、関屋記念で上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《71》が最高

12

ガリバルディの富士Sは前後半36.3秒-34.2秒、後傾2.1秒の超スローペースが不向きだった。

前後半36.3秒-34.2秒(後傾2.1秒の超スローペース)
上がり最速をマーク

13

近2走は上がり最速をマーク。後方で脚を溜める形は合っている。

近2走は上がり最速をマーク
14

軽い芝が得意なディープ産駒。京都では6戦して一度しか馬券圏内を外していない。大駆けを警戒しておきたい。

「距離実績」=【2・1・2・1】

15


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

【想定版HB新聞】エリザベス女王杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でエリザベス女王杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年のエリザベス女王杯の【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年の勝ち馬はすべて4角6~10番手で立ち回っている。そして、上がりは5位以内をマーク。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

勝ち馬は4角6~10番手→上がり5位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が馬券圏内を外したのは一度だけ。「推定前半3ハロン」5位以内は5連対、「推定後半3ハロン」5位以内は7連対。やや「推定後半3ハロン」上位の方が優勢ではある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

マリアライトは昨年の覇者。近走は「ハイブリッド指数」=《70》超えと高い。馬体重が438~440kgで安定しているのも充実の証。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
「馬体重}=438~440kg

3_3

G1・2勝を含めて、稍重~重では5戦4勝、3着1回と抜群の成績。ディープ産駒にしては時計の掛かった方がよいタイプ。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキークイーンも近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超えをマーク。

「ハイブリッド指数」=《73》

4_3

コチラはマリアライトとは違って、ディープ産駒らしく、時計&上がりの速い決着が得意。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10戦して4勝、2着5回。唯一、崩れた昨年のジャパンCでも0.3秒差しか負けていない。

「全成績」=【4・5・0・1】
4_4

ラストは確実に伸びてくるタイプ。

馬特記=「終い確実」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6ヶ月ぶりで脚元に不安がないかなど、【直前情報】も参考にしたい。

ファンタジーSの【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

タッチングスピーチは春3戦は「ハイブリッド指数」は《60》台中盤。道悪の京都記念で2着に好走した反動があったのかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤
5_3

京都は勝ち鞍こそないが、4戦して3度の馬券絡み。今回は「ノーザンFしがらき」からの放牧明け。休み明けは苦にしない。

「コース実績」=【0・1・2・1】
「休み明け成績」=【1・1・0・1】

6_3

クイーンズリングは府中牝馬Sで重賞3勝目。成績にムラのあるが、「ハイブリッド指数」=《70》超えの実力はある。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
7_3

渋った馬場でも、軽い馬場でも問題ないタイプ。

レース特記=「渋馬場○」「芝軽い○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

パールコードは秋華賞で2着と好走。「ハイブリッド指数」=《67》はレコード決着の昨年とほぼ同レベル。2kgの斤量差なら、通用しても驚けない。

「ハイブリッド指数」=《67》
8_2

ヒルノマテーラはマーメイドSで2着、カシオペアSで1着。レースぶりがスムーズだから、距離延長も問題ない。

レース特記=「R振スム」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マキシマムドパリは昨年の秋華賞で3着と好走。京都では5戦して一度も3着を外していない点は強調できる。馬券圏内ならチャンスありか。

「コース実績」=【1・0・4・0】
9_2


過去3年のエリザベス女王杯の【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

【想定版HB新聞】アルゼンチン共和国杯

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。11月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、ID・パスワードを停止させて頂いております。今週末の利用をご希望の場合は、以下のページから「再入会」のお手続きをよろしくお願い致します。

ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて12月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でアルゼンチン共和国杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年すべて後傾ラップとなっており、スローペースからの上がり勝負となるケースがほとんど。長距離戦にしては上がり34秒台と速い。4年前は2分29秒台で決着するなど、近年は高速決着となりやすい。

長距離戦にしては時計、上がりが速い
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

シュヴァルグランの宝塚記念は距離が短かったうえ、下がってきた馬を捌けず。

レース内容=「直線下がる馬捌けず。」
レース特記=「ゴチャ」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

天皇賞(春)で3着するなど、長距離戦では安定して上位の上がりをマークして好走。

長距離戦で上位の上がりをマーク
3_7

スタミナがあるので、2500m戦は向いている。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ヴォルシェーブは近走はすべて準オープンで上がり最速をマークして連対。G2なら「ハイブリッド指数」的に上積みが必要ではある。

近走はすべて上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《65》
4_7

アルバートは天皇賞(春)で上がり4位をマークして6着。近走すべて「ハイブリッド指数」は《70》を超えている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
5_5

昨年のステイヤーズSを圧勝しているとおり、スタミナ面は十分。器用さに欠けるので、広い東京コースも向いている。

馬特記=「スタミ○」「広馬場向」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

先週の天皇賞(秋)では「社台系」の放牧帰りがワン・ツー。今回は「ノーザンファーム」からの放牧帰りだから、休み明けでも仕上がりはよいはず。

天皇賞(秋)の「外厩シート」
1_4
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


モンドインテロはオープン特別で上がり最速をマークして2勝。「ハイブリッド指数」が《60》台後半、56.5kgのハンデなら通用するチャンスはある。

上がり最速をマークしてオープン特別2勝
「ハイブリッド指数」=《68》
6_4

フェイムゲームはダイヤモンドSを3連続して連対。2年前のアルゼンチン共和国杯を勝利している。東京コースは5戦4連対と得意としている。

「コース実績」=【3・1・0・1】
7_3

プレストウィックは3走前、2走前と上がり最速をマークして勝利。前走の敗戦だけで見限るのは早計か。

上がり最速をマークして勝利
8_2

2500mの長距離戦だから、スタミナの有無は【コメント新聞】で要チェック。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

【想定版HB新聞】天皇賞(秋)

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で天皇賞(秋)を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年の天皇賞(秋)の【ハイブリッド新聞】(成績版)


「上がり最速馬」は12年エイシンフラッシュ、13年ジャスタウェイ、14年スピルバーグと3年連続して勝利。東京での中距離G1は位置取りに関係なく、上位の上がりをマークできるかが最大のポイント。

2012~14年は「上がり最速馬」が勝利
4_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が2勝、3着以内が4回。連対馬の9頭が「推定後半3ハロン」5位以内に該当している。「推定前半3ハロン」1位の馬券絡みはない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

8番モーリスは安田記念で2着。海外遠征帰りで調整不足だったのが敗因。

レース特記=「調教不足」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

初の2000m戦の札幌記念で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマークして2着
5_3

道中は外々を回るロスがありながら、ラストまで伸びた内容は濃い。

レース特記=「道中外々」「追って○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2015年以降は国内外を併せて、一度も連対を外していない。2ヶ月ぶりの今回は仕上がりがどうかだが、「社台系」からの放牧帰りなら仕上がりは良好か。

近走もオール連対
6_2

9番ルージュバックはエプソムC、毎日王冠を2走続けて上がり最速をマークして勝利。「ハイブリッド指数」は《76》と高い。

2走続けて上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《76》
7_2

近2走はレースラップのラスト4Fがすべて11秒台。上がりの速い決着は得意としている。得意の東京コースの中距離戦なら、牡馬相手でも見劣らない。

レースラップのラスト4F
レース特記=「上が速○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

気になるのは、中2週で調教後の馬体重が前走比で9kgも減っている点。【直前情報】も参考にしたい。

札幌記念の【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

1番エイシンヒカリは香港カップ、イスパーン賞と連勝。「4角5番手内率」は《100%》なので、今回も先手を奪う形か。

「4角5番手内率」=《100%》
8_2

3番アンビシャスは毎日王冠でルージュバックに次ぐ上がり2位をマークして2着。「ハイブリッド指数」は《76》と互角。

上がり2位をマークして2着
「ハイブリッド指数」=《76》
9_2

宝塚記念では行きたがって失速したとおり、折り合い面が最大の課題。横山典Jへの乗り替わりがどうか。

馬特記=「折合×」
レース特記=「行たがる」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ステファノスは毎日王冠で5着。直線で塞がれて進路がなく、脚を余しての敗戦なので度外視できる。

レース内容=「直線塞がり」
レース特記=「仕掛遅れ」「ゴチャ」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年の天皇賞(秋)で上がり最速をマークして2着した実績あり。今年も休み明け2戦目で前進必至。

休み明け2戦目で前進必至
10

15番ラブリーデイは昨年の覇者。6歳で年齢的な衰えが多少はあるが、「ハイブリッド指数」的には今年も上位は争えてよい。

「ハイブリッド指数」=《75》
11

12番リアルスティールはドバイターフを勝っており、世界でも通用する実力はある。安田記念で折り合いを欠いて大敗。初騎乗のデムーロJの手綱捌きに注目したい。

レース特記=「掛かる」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

過去3年の天皇賞(秋)の【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

【想定版HB新聞】菊花賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で菊花賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去3年の菊花賞の【ハイブリッド新聞】(成績版)

過去5年の勝ち馬の4頭が2周目の4角を2~3番手で立ち回っている。一方、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。1周目を中団~後方で立ち回ったとしても、2周目の4角では3番手以内が勝利の条件。

過去5年の勝ち馬は上がり2位以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で「ハイブリッド指数」1番手が馬券圏内を外したのは一度だけ。「ハイブリッド指数」1番手、2番手ともに馬券絡みが4回もある。そして、勝ち馬はすべて「推定前半3ハロン」か「推定後半3ハロン」のいずれかが3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2011年、2012年が3分2秒台。そして、2014年が3分1秒0の超レコード。高速決着への対応力は重要。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スタミナも要求されるので、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティが距離を克服できるかはポイント。

レース特記=「スタミ○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番サトノダイヤモンドは皐月賞では他馬と接触する不利。そして、ダービーでは落鉄が堪えており、実力を出し切っての敗戦ではない。

レース特記=「他馬接触」「落鉄」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けの神戸新聞杯を快勝。ダービーと同じく、「ハイブリッド指数」は《70》と高く、クビ差まで迫った2着馬を褒めるべき。

「ハイブリッド指数」=《70》
2_5

道中で行きたがる面があったのは休み明けの影響か。ひと叩きしての上積みは大きい。

レース特記=「次良気配」「掛り気味」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ディーマジェスティは皐月賞をレコード勝ち。速い時計の決着は得意としている。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3歳4月時点で「ハイブリッド指数」=《69》はかなり高く、世代レベルの高さを表している。

「ハイブリッド指数」=《69》
3_5

休み明けのセントライト記念を勝利。他馬とはキック力、パワーが違った。

セントライト記念の【直前情報】
5
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2頭のどちらが馬体的には上か。【直前情報】にも注目したい。

秋華賞の【直前情報】
6
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

7番レッドエルディストは神戸新聞杯で上がり3位をマークして3着。ラストは確実に伸びてくるタイプ。

神戸新聞杯で上がり3位
4_4

瞬発力勝負より、上がりが掛かる決着が得意。スタミナがあるので、距離延長は好材料。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番ミッキーロケットは神戸新聞杯で3番サトノダイヤモンドを上がりで上回ったのは立派。「ハイブリッド指数」は《69》と高く、フロックでの好走ではない。

神戸新聞杯で上がり最速
「ハイブリッド指数」=《69》

6_4

1番カフジプリンスは長距離戦では安定して上位の上がりをマーク。

長距離戦ではすべて上がり5位以内
7_2

重い芝が得意で、スタミナがある。距離延長は好材料。最内枠も味方するはず。

馬特記&レース特記=「スタミ○」「芝重い○」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番エアスピネルは神戸新聞杯で5着だが、後方からのレースは合っていない。

レース特記=「後行く×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

本質的に2400mでも長いので、距離延長はマイナス材料。外枠を引いた点も厳しい。

レース特記=「距離長」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

11番レインボーラインは札幌記念でモーリスら古馬の強豪相手に好走。10kgの大幅馬体増は成長の証。上位争いのチャンスある。

「ハイブリッド指数」=《68》
「馬体重」=442k(+10)
9

10番ウムブルフは近2走は上がり最速をマークして2連勝。しかも、上がり2位に0.5秒差以上で抜けて速かったほど。

上がり最速をマークして2連勝
上がり2位に0.5秒差以上

8

「レースレベル」は《A》と高く、ハイレベルな年長馬相手に勝利。底をみせていない点は魅力。

「レースレベル」=《A》
8_2


過去3年の菊花賞の【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年10月13日 (木)

【想定版HB新聞】秋華賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で秋華賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり5位以内。前傾ラップが4回あって、近2年はレコード決着と時計が速いのも特徴。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着2回の好成績。「推定後半3ハロン」1位も3勝、3着2回。勝ち馬の5頭が「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

過去3年の秋華賞の【ハイブリッド新聞】(成績版)


ビッシュは秋初戦の紫苑Sを快勝。レースぶりがスムーズで、戸崎Jとは手があっている。

レース特記=「R振スム」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」も《60》を超えてきている。

「ハイブリッド指数」=《60》超え
2_3

輸送で馬体重が減らないかが最大のポイントだが、調教後の馬体重が420kgなのは不安材料。

420kgの馬体重を維持できるか
3_4

【直前情報】も参考にしたい。

紫苑Sの【直前情報】
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ジュエラーは骨折休養明けのローズSで大敗。休み明け2走目の今回は上積みは大きいはず。

レース内容=「次良気配」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

桜花賞で「ハイブリッド指数」が《60》超えだから、現3歳世代では能力は上位。巻き返しは十分にありえるか。

「ハイブリッド指数」=《63》
4_4

ヴィブロスは紫苑Sで落馬寸前の大きな不利がありながら2着。

レース内容
レース特記=「不利」「躓く」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は不利の補正が入っているので、ビッシュとは着差ほど差はない。

「ハイブリッド指数」=《60》
5_3

近2走は上がり2以内をマークしており、末脚は充実している。調教後の馬体重が426kgまで増えているので、恐らくプラス体重で出走できるはず。

近2走は上がり2以内
「馬体重」=414kg

5_4

クロコスミアはローズSで11人気ながら、渋太く逃げ粘って2着。ステイゴールド産駒なので、渋った馬場が向いた感はある。

レース特記=「渋馬場○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、「ハイブリッド指数」は《62》と高く、大幅馬体増で成長しているのは確か。人気薄でも軽くは扱えないか。

「ハイブリッド指数」=《62》
「馬体重」=414kg(+14)

6_4

カイザーバルはローズSで3着。馬体が大幅に絞れてきたのが好走の要因かもしれない。

「馬体重」=470kg(-14)
7_2

折り合いに不安があるタイプなので、距離延長が課題ではある。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

パールコードは紫苑Sで5着だが、スムーズさを欠いていたので参考外。

レース内容
レース特記=「スム欠く」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mは3戦2連対だから、距離適性的には他馬より上。前走の敗戦だけでは見限れない。

「距離実績」=【1・1・0・1】
8_3

ダイワドレッサーはラジオNIKKEI賞で牡馬相手に2着と健闘。オークスでも上がり4位をマークしており、同世代の牝馬同士ならチャンスはある。

オークスで上がり4位
9_2

レッドアヴァンセはローズSは渋った馬場が敗因。

レース特記=「渋馬場×」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

春は馬体減りが影響していたので、18kg増の大幅馬体増は好材料。

「馬体重」=452kg(+18)
10

京都は3戦2勝、2着1回と得意な舞台。

「コース実績」=【2・1・0・0】
11

瞬発力勝負が得意のディープ産駒なので、京都の軽い芝は向いている。

馬特記=「芝軽い○」「上が速○」
8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

過去3年の秋華賞の【ハイブリッド新聞】(成績版)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

【想定版HB新聞】毎日王冠

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■


人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます!

競馬ブログランキングへ


木曜の夜時点で毎日王冠を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で1秒以上の後傾ラップが4回も。11年&13年は上がり32秒台での差し切り勝ち。速い上がりへの対応力が重要となる。

速い上がりへの対応力が重要
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手の馬券絡みが1頭と不振ではある。「推定後半3ハロン」5位以内が4勝。やや上がりの速いタイプが優勢。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ルージュバックはエプソムCを0.4秒差V。「ハイブリッド指数」は《73》と高く、上がり最速32.8秒の強烈な末脚だった。

「ハイブリッド指数」=《73》
上がり最速32.8秒

3_3

オークスの2着を含めて、東京は4戦3連対の得意な舞台。

「コース実績」=【2・1・0・1】
4_4

距離も4戦4連対の1800mがベスト。

レース特記=「距離○」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アンビシャスは宝塚記念で行きたがる面をみせて大敗。折り合いが最大の課題であるのは間違いない。

レース特記=「掛り気味」「行たがる」「折合×」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、ルメールJ騎乗の4戦すべて上がり最速をマークして連対。

上がり最速をマーク

7_2

ディープ産駒なので、瞬発力勝負は得意としている。

馬特記&レース特記=「上が速○」
12
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」が《75》を超えているとおり、折り合えばG1を勝てる能力はある。

「ハイブリッド指数」=《75》超え
7_3

ロゴタイプは安田記念で久々のG1制覇。前後半35.0秒-33.9秒、後傾1.1秒のスローペースが向いたのは間違いない。今回も展開次第の面は大きい。

前後半35.0秒-33.9秒、後傾1.1秒
8

ウインフルブルームは復帰後の2戦を好走。「ハイブリッド指数」が《60》台後半だから、G1級の好メンバー相手では見劣る。

「ハイブリッド指数」が《60》台後半
9

ステファノスは近2走が「ハイブリッド指数」=《70》超え。G1ではやや実力不足の感も、G2なら勝ち負けの実力がある。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

10

1800m戦は5戦して馬券絡みが4回と相性がよい。

「距離実績」=【2・0・2・1】
11


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

【想定版HB新聞】スプリンターズS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でスプリンターズSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】


過去3年のスプリンターズSの【ハイブリッド新聞】(成績版) 


過去の傾向的には逃げ&先行馬が優勢だったが、近5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。エアレーション作業を導入した影響か、やや傾向は変わりつつある。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手が1勝、2着2回。近3年は「推定後半3ハロン」1位は3年連続して連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

10
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ビッグアーサーは休み明け初戦のセントウルSは前後半5傑入りに該当。

セントウルSの「推定3ハロン」
3f_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★枠連&ワイド1点★
4211
枠連 4.5×3万円=13万5000円
ワイド 2.3×2万円=4万6000円
購入5万円 払戻18万1000円

前後半33.1秒-34.5秒、前傾1.4秒のハイラップを押し切った。

前後半33.1秒-34.5秒、前傾1.4秒のハイラップ
3_2

「ハイブリッド指数」の《75》が示す通り、他馬より絶対能力が一枚上。

「ハイブリッド指数」=《75》
4_3

芝1200m戦では11戦して8勝、2着2回の抜群の安定感。

「距離実績」=【8・2・0・1】
5_2

ラストは確実に伸びるタイプ。時計の速い決着、ハイペースともに得意。前走は掛り気味に逃げたので、折り合いだけが課題か。

馬特記=「時計速○」「P速い○」「終い確実」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキーアイルは高松宮記念で2着。「ハイブリッド指数」的にはビッグアーサーとほぼ互角。

「ハイブリッド指数」=《74》
6_2

ダッシュ力があって、時計の速い決着も得意。

レース特記=「二脚速い」「高速場○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は6か月ぶりの実戦で仕上がりがカギ。2010年はウルトラファンタジーが単勝「2930円」の10人気で逃げ切り勝ち。【直前情報】も参考にしたい。

2010年の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ダンスディレクターは重賞でも常に上位の上がりをマークしている。

常に上位の上がりをマーク
7

1200m戦は6戦2勝、3着2回の好成績。休み明け2走目で前進必至。

「距離実績」=【2・3・0・1】
8

ブランボヌールはキーンランドCで「ハイブリッド指数」=《70》超え。小柄な牝馬なので、20kg増の大幅馬体増も好材料。

「ハイブリッド指数」=《70》
「馬体重」=438k(+20)

9

桜花賞、NHKマイルCは距離が長かったので、1200mがベストの距離。

レース特記=「距離長」「適距離」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実際、この距離では3戦3勝。年長馬の一線級が相手でも、53キロなら通用する可能性は高い。

「距離実績」=【3・0・0・0】
10

シュウジは1200m戦で2走連続して2着。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《70》
11

この馬も1200m戦では連対を外していない。

「距離実績」=【1・2・0・0】
12

馬格のあるパワータイプなので、力の要る馬場の方が得意。初めての中山コースは向くはず。

馬特記=「渋馬場○」「芝重い○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ネロはアイビスSD、セントウルSで連続して2着。「ハイブリッド指数」は《68》が限界点かもしれない。

「ハイブリッド指数」=《68》
13

ベルカントは3走連続して「ハイブリッド指数」=《70》をマーク。G1馬、強い3歳馬が多いので、勝ち負けまでは厳しいかもしれない。

「ハイブリッド指数」=《70》
14

レッドファルクスは久々の芝のCBC賞を快勝。前後半33.8秒-33.4秒の後傾ラップだから、展開に恵まれたわけではない。上がり最速32.7秒は上がり2位に0.4秒差で抜けて速かったのは優秀。

前後半33.8秒-33.4秒の後傾ラップ

上がり最速(上がり2位に秒0.4差)
15

芝の1200m戦は2戦2勝。底をみせていない魅力は大きい。

「距離実績」=【2・0・0・0】
16

過去3年のスプリンターズSの【ハイブリッド新聞】(成績版) 



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (1)

2016年9月22日 (木)

【想定版HB新聞】神戸新聞杯、オールカマー

アップ完了後に「ツイッター」にて告知!■

【ハイブリッド新聞】(想定版&確定版)+コンビニ版をアップ完了後、「ツイッター」にて通知させて頂いております。アカウントは「hybridshinbun」となります。是非、一度、お試し下さいませ。

「ツイッター」
https://twitter.com/hybridshinbun



「ツイッター」に登録

1_2


②登録後にログインして、アカウント「hybridshinbun」を検索
2_3


「ハイブリッド競馬新聞」を"フォロー"する
3_3


④【ハイブリッド競馬新聞】が更新され次第、自分のページへ通知が届く
4_2





■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で神戸新聞杯、オールカマーを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

直線の長いコースの長距離戦なので、全くペースは上がらない。「上がり最速馬」は2勝、2着2回、3着1回。勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。全場・全距離の中で最も上がり順位が結果に直結する舞台といえる。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で「ハイブリッド指数」1番手がすべて馬券絡み。そして、「ハイブリッド指数」2番手も4頭が馬券絡みしている。「推定後半3ハロン」1位も4勝、2着1回と好走。実力がストレートに反映され易く、紛れは起こり辛い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

サトノダイヤモンドは皐月賞で3着、ダービーで2着と好走。3歳春の時点での「ハイブリッド指数」の《70》は秀逸。現3歳世代のレベルの高さを物語っている。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
3_5

この2戦は皐月賞で上がり3位、ダービーで上がり4位をマーク。

皐月賞で上がり3位、ダービーで上がり4位
3_6

ダービーは落鉄していなければ、勝っていたかもしれない。

レース特記=「落鉄」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ディープ産駒で上がりの決着は得意だが、馬場が渋っても対応できるタイプ。

馬特記=「渋馬場○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は3ヶ月ぶりで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

セントライト記念の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

エアスピネルは皐月賞、ダービーで4着。「ハイブリッド指数」=《60》台中盤なら、例年ならクラシックを制しても不思議のないレベル。

「ハイブリッド指数」=《60》台中盤
4_3

本質的には2400mの距離は長いので、立ち回りの巧さで克服している。

レース特記=「立回り○」「距離長」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞で上がり6位、ダービーで上がり9位。先行力を活かして粘り込みを図るが、サトノダイヤモンドを逆転するのは厳しいかもしれない。

皐月賞で上がり6位、ダービーで上がり9位
4_4

ナムラシングンは1000万下の宮崎特別を快勝。14kgの大幅馬体増だったので、休み明けを使った上積みは大きい。

レース特記=「次良気配」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞が「ハイブリッド指数」=《62》だから、通用する下地は十分にある。

「ハイブリッド指数」=《62》
5_3

レッドエルディストはダービーで出遅れて、大外を回りながら9着。4着エアスピネルとは着順ほど、「ハイブリッド指数」に差はない。

出遅れ→4角大外
「ハイブリッド指数」=《64》
6_2

青葉賞での上がり最速は上がり2位に0.6秒差も抜けて速かったほど。阪神外回り2400mの舞台は向く。

上がり位(上がり最速に0.6秒差)
6_3

ミッキーロケットはスプリングSで5着、皐月賞で13着。夏場も使っている割には「ハイブリッド指数」は《60》に達していない。

「ハイブリッド指数」=《59》
7

カフジプリンスは1000万下の阿寒湖特別で年長馬相手に快勝。「ハイブリッド指数」は《60》に到達している。

「ハイブリッド指数」=《60》
8

上がり最速は上がり2位に0.6秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり最速に0.6秒差)
8_2

この一戦も含めて、長距離戦では常に上がり2位以内をマーク。

常に上がり2位以内
9

前走は仕掛け遅れて、脚を余しての敗戦。決して末脚が通用しなかった訳ではない。巻き返すチャンスは十分か。

レース特記=「仕掛け遅」「直余力有」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

【想定版HB新聞】ローズS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でローズS、セントライト記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内。重馬場だった13年を除いて、連対馬の上がりはすべて33秒台で一致。実力がストレートに反映される舞台で、本番の秋華賞にもっとも直結するレース。

過去5年の勝ち馬は上がり5位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定後半3ハロン」3位のタッチングスピーチ、1位のミッキークイーンで決着。

昨年は「推定後半3ハロン」3位、1位で決着
Photo

過去6年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。上がり順位が結果に直結するレースといえる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

シンハライトは桜花賞はハナ差で2着に敗れたが、オークスで雪辱を晴らしてG1制覇。「ハイブリッド指数」は《60》を超えている。

「ハイブリッド指数」=《60》超え
1_5

ディープ産駒らしく、時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「上が速○」「瞬発力○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5戦して一度も連対を外していない安定感も強調材料。

「全成績」=【4・1・0・0】
2_3

ジュエラーは桜花賞でシンハライトに勝利。4戦すべて上がり最速をマークしており、瞬発力はシンハライトより上かもしれない。

4戦すべて上がり最速
3_4

骨折休養明けで仕上がりが最大のカギ。【直前情報】も参考にしたい。

セントウルSの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

アットザシーサイドはオークスで11着と大敗。手前を替えておらず、距離も長かったか。

レース特記=「手前替×」「距離長」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

桜花賞で「ハイブリッド指数」《60》超えだから、前走が力負けではない。

「ハイブリッド指数」=《61》
4_3

デンコウアンジュはアルテミスSでメジャーエンブレムに勝利して以来、結果が出ていない。「ハイブリッド指数」の良化度も小さい。

「ハイブリッド指数」=《50》台後半
5_3

オークスでは接触する不利があっての敗戦。馬券圏内ならチャンスはあるか。

レース特記=「他馬接触」「不利」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラベンダーヴァレイは小倉1200mの500万下を快勝。行きたがる面がネックなので、一気の距離延長で折り合えるかが微妙。

レース特記=「行たがる」「掛り気味」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アドマイヤリードは桜花賞で上がり2位をマークして5着と健闘。

桜花賞で上がり2位をマーク
6_2

400kg台の小柄な牝馬なので、オークスは距離が長かった。距離短縮なら見直せる。

レース特記=「距離長」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッドアヴァンセはチューリップ賞で大幅に馬体が減って、その後は目一杯に仕上げられず。

チューリップ賞で「-14kg」の大幅馬体減
7_2

ラストまで伸び切れなかった最大の原因。休み明けで上積みは大きいはず。

レース特記=「良脚少し」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年9月 8日 (木)

【想定版HB新聞】セントウルS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でセントウルSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「4角先頭馬」が2勝。勝ち馬はすべて4角5番手以内。近4年は1分7秒台と勝ち時計も速いのも特徴といえる。

過去5年の勝ち馬はすべて4角5番手以内
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡み。勝ち馬の3頭が「推定前半3ハロン」3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ビッグアーサーは高松宮記念で好位から突き抜けて初G1制覇。

レース内容
レース特記=「完勝」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前半33.3秒+後半33.4秒=1分6秒7だから、高速決着への対応力も文句なし。

前半33.3秒+後半33.4秒=1分6秒7
3_6

10戦して連対を外したのは大外枠のシルクロードSのみ。58キロの斤量も問題ないはず。

「全成績」=【7・2・0・1】
4_2

5ヶ月の休み明けがどうかは【直前情報】も参考にしたい。

小倉2歳Sの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ダンスディレクターも7ヶ月ぶりの実戦。シルクロードSは内枠で内をロスなく立ち回れたアドバンテージが大きかった。

レース内容
レース特記=「内枠○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200m戦は5戦パーフェクト連対の安定感。持ち前の末脚でビッグアーサーでどれだけ迫れるか。

「距離実績」=【2・3・0・0】
5_2

ネロはアイビスSDでベルカントにアタマ差の2着。スピードがあるので、1000mがベストは間違いない。

レース特記=「適距離」

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

あとは距離延長が課題だが、開幕週の絶好馬場は向く。「4角5番手内率」は《85%》と高く、今回のメンバーで先行力は一番。

「4角5番手内率」=《85%》
6

ウリウリは1人気の昨年は2着。近走は「ハイブリッド指数」は《70》を超えておらず、6歳牝馬で年齢的な衰えがあるはず。休み明けの割引きも必要。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
8

スノードラゴンは時計が掛かってこそのタイプ。開幕週の高速決着は不向き。

馬特記=「時計掛○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エイシンブルズアイは近走は1200m戦ですべて上がり33秒台。

すべて上がり33秒台
7

時計の速い決着にも対応できる。展開ひとつで浮上のチャンスは十分ある。

レース特記=「時計速○」「高速場○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年のメーンのセントウルSは本命のハクサンムーンが飛んだので威張れた的中ではないが、穴で狙った「推定前半3ハロン」3位の10番アクティブミノルが勝利。

「推定前半3ハロン」3位=10番アクティブミノル
3f_7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

単勝「4800円」の配当。今年も人気薄の「推定前半3ハロン」上位には注意が必要。

★相手の穴馬の単勝「4800円」が的中★
4211
単勝 48.0×1000円=4万8000円
購入2万1500円 払戻4万8000円


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

【想定版HB新聞】札幌2歳S

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。9月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、ID・パスワードを停止させて頂いております。今週末のご希望の方は以下のページから「再入会」をよろしくお願い致します。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて10月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で札幌2歳S、小倉2歳S、新潟記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「4角先頭馬」の連対はないものの、4角5番手以内が7連対を占める。一方で、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。「上がり最速馬」が3連勝中。

近3年は「上がり最速馬」が3連勝中
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定後半3ハロン」2位、1位がワン・ツー。近6年で「推定後半3ハロン」2位以内が3勝。毎年、「推定後半3ハロン」1位か2位のどちらかは馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

タガノアシュラの初戦は余力を残しながら、レコードを大幅に更新。

レース特記=「完勝」「直余力有」
備考=「レコード大幅更新。」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

逃げて上がり最速をマーク。上がりは2位に0.6秒差で抜けて速かったほど。502kgと馬格があるのも大物感の証明か。重賞でも期待は大きい。

4角先頭→上がり最速
「馬体重」=502kg

3_4

インヴィクタは初戦は札幌1800m戦を勝利。着差こそクビ差ではあったが、「ハイブリッド指数」=《40》なら上々。

「ハイブリッド指数」=《40》
4_3

初戦は出遅れて後方からだったので、スタートに課題は残る。

レース特記=「スタ悪い」
レース内容=「出遅れ後方」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ディープウォーリアも初戦は札幌1800mを勝利。4角先頭から上がり最速だから、完勝といっていい。

4角先頭→上がり最速
5_4

レースラップのラスト1F11.7秒も評価できる。

レースラップのラスト1F11.7秒
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コリエドールの初戦は2着サトノアレスとの叩き合いを制して勝利。レースラップのラスト2ハロン11.5秒-11.4秒は見た目以上に余力を残した勝ち方。

レースラップのラスト2ハロン11.5秒-11.4秒

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

父クロフネだから、馬場が荒れてきたのは歓迎か。

父=クロフネ
6_2

ブラックオニキスは未勝利戦、クローバー賞を連勝。ただし、8頭中、6頭が地方馬を占めており、メンバーレベルは低く、「ハイブリッド指数」は未勝利レベルでしかない。

「ハイブリッド指数」=《38》
7

地方から参戦のクローバー賞2着馬トラストに関しても同様のことがいえる。

「ハイブリッド指数」=《36》
8_2

アドマイヤウイナーの初戦は4角でゴチャつくロスがあったが、直線は馬群の間を縫って伸びてきた。前走からの上積みは大きい。

レース内容
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

トリオンフは初戦は0.1秒差の辛勝。ただし、レースラップのラスト2ハロン11秒台なら上々。まだ底を見せた勝ち方ではない。

レースラップのラスト2ハロン11秒台
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年の札幌2歳Sは「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。馬連、3連複が本線で的中して、7万円超えの払い戻し。

「推定後半3ハロン」1位=2位で決着
S11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

昨年は○◎で決着
2511
馬連 8.8×2000円=1万7600円
3連複 58.1×1000円=5万8100円
購入2万7500円 払戻7万5700円


キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

【想定版HB新聞】新潟2歳S、キーンランドC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で新潟2歳S、キーンランドCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の4頭が4角11番手以降。そして、勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。圧倒的に差し&追い込み馬が優勢。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり2位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去6年で「ハイブリッド指数」ノーマークが3勝。初戦からの伸びシロが重要。【直前情報】も参考にしたいところ。

北九州記念の【直前情報】
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】 

そして、過去5年で「推定後半3ハロン」1位は3連対。やはり上位の上がりは必要とされる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

イブキは初戦の新潟1800m戦を快勝。レースラップのラスト2ハロン11.2秒-12.0秒、上がり34.8秒だから、新潟にしては上がりが掛かった。

レースラップのラスト2ハロン11.2秒-12.0秒
レース特記=「上が掛○」

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」の《37》はあまり高い数値ではない。人気なら、あまり信用するのは危険か。

「ハイブリッド指数」=《37》
3_3

モーヴサファイアは中京の1600mの新馬戦を勝利。上がり最速35.5秒は平凡に映るかもしれないが、上がり2位に0.4秒差で抜けて速かったので優秀。

上がり最速(上がり2位に0.5秒差)
4_3

「ハイブリッド指数」の《42》はイブキより断然、高い。

「ハイブリッド指数」=《42》
4_4

マイネルバールマンは新馬戦を快勝して、ダリア賞で2着。折り合いに不安がないので、距離延長には対応できるはず。

レース特記=「R振スム」「折合○」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、2戦ともに上がり2位だから、飛び抜けた瞬発力があるわけではない。

上がり位、位
5_2

キャスパリーグの初戦は好位から、馬場の中央を伸びて快勝。牝馬ながら、重い芝は問題ない。

レース内容
3
*画像はPC版の【コメント新聞】

サンライズソアは初戦を2番手から抜け出して勝利。トビが大きく、追って頭が上がるので、直線が長いコースは微妙。

レース特記=「大トビ」「追頭上る」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オーバースペックは2戦ともに上がり最速をマーク。いずれも上がり2位に0.4秒差以上で断トツ。新潟の外回りは向くはず。

2戦ともに上がり最速をマーク
7

アピールバイオは初戦を1.3秒差で逃げ切り勝ち。上がりも2位に0.8秒差で速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.8秒差)
6

しかも、レースラップのラスト2ハロン11.5秒-11.6秒も優秀。単なる逃げ馬ではない。

レースラップのラスト2ハロン11.5秒-11.6秒
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】


昨年は「推定後半3ハロン」1位のロードクエストが圧勝。「推定後半3ハロン」2位で8人気のマコトルーメンが馬券絡みして、3連複フォーメーション「56400円」が的中。今年も上がりの速いタイプが優勢のはず。

昨年の「推定3ハロン」
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★昨年の3連複5万馬券★
21011
3連複 564.0×200円=11万2800円
購入2万1500円 払戻11万2800円


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。