想定版HB新聞

2018年7月12日 (木)

【想定版HB新聞】函館記念

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。7月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、ID・パスワードを停止させて頂きました。今週末の利用をご希望の場合は、以下のページから「再入会」のお手続きをよろしくお願い致します。

ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて8月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で函館記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬は4角4番手以内から、上がり6位以内をマーク。好位から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。人気薄の逃げ馬には注意が必要。

勝ち馬は4角4番手以内→上がり6位以内
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手の3着以内は2頭のみだが、5番手以内が6勝をあげている。「推定前半3ハロン」1位が3勝、3着1回と好走。勝ち馬の5頭が「推定後半3ハロン」5位以内に該当。あまり、前半・後半系の特徴はない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

トリコロールブルーは鳴尾記念で3着。「ハイブリッド指数」は《60》台後半と高い。

「ハイブリッド指数」=《69》
2_4

近2走は時計、上りの速い決着にも対応している。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2000mでは5戦して3着を外していない。

「距離実績」=【3・1・1・0】
3_5

エアアンセム近2走は「ハイブリッド指数」=《65》超え。

「ハイブリッド指数」=《65》超え
4_4

詰めは甘いが、相手なりに走るタイプ。

「全成績」=【4・4・5・13】
5_3

サクラアンプルールは近2走は「ハイブリッド指数」=《70》と優秀。

「ハイブリッド指数」=《70》
6_4

スタミナを要求される条件は向いている。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けに実績がない点がどうか。

「休み明け成績」=【1・0・0・5】
7_4

スズカデヴィアスは新潟大賞典を制して、年齢に衰えは感じられない。

「ハイブリッド指数」=《69》
8

函館の洋芝は克服できるはず。

馬特記=「渋馬場○」「時計掛○」
3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ブレスジャーニーは巴賞で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
9

スタートが悪いのが課題なので、展開が向くかどうか。

レース特記=「スタ悪い」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ブラックバゴは中山記念は脚を余しての4着。

レース特記=「直余力有」
7_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《68》
11

函館で勝利しているのは強みといえる。

「コース実績」=【1・0・0・0】
12

ナイトオブナイツは巴賞を快勝。

「ハイブリッド指数」=《65》
10

立ち回りが巧く、小回りの函館コースは向いている。

レース特記=「立回り○」「函館向き」
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

【想定版HB新聞】プロキオンS

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。7月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きます。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて8月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でプロキオンS、七夕賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

前半3ハロンはいずれも前半34秒台と速く、過去5年すべて1秒3以上の前傾ラップとなっている。

過去5年すべて前傾ラップ
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

勝ち時計は1分21秒9~22秒9と速く、1分22秒台中盤の持ち時計は欲しい。

レース特記=「時計速○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近4年で「ハイブリッド指数」1番手が4連対。昨年は「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。全体的には後半系のレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

キングズガードは地方交流重賞で連続して2着。

「ハイブリッド指数」=《60》台後半
4_4

ゲートが遅いのは仕方ない。

レース特記=「スタ悪い」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中京コースは得意としている。

「コース実績」=【1・1・2・1】
5_4

インカンテーション近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え。年齢的な衰えは小さい。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
6_2

マテラスカイは準オープンの2戦が完勝。

レース特記=「完勝」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1200mなら実力は重賞級。

「ハイブリッド指数」=《68》

7

1ハロンの距離延長が大きな課題。

「距離実績」=【0・2・0・3】

8

サクセスエナジーは地方交流重賞を2連勝。「ハイブリッド指数」=《70》は優秀。

「ハイブリッド指数」=《70》

9

4歳馬でキャリアが浅く、伸びシロが見込める。斤量がどうかだけ。

中央の「全成績」=【4・1・0・4】

10

ドリームキラリは近走は逃げて好走している。同型との兼ね合いがカギ。

レース特記=「ハナ条件」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ウインムートは近2走は控える形で勝利しているのは収穫。

「ハイブリッド指数」=《70》
11

時計が速い決着にも対応できる。

レース特記=「時計速○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルグランフリソンはオープン特別のオアシスSを勝利。

「ハイブリッド指数」=《69》
11_2

折り合い面が課題なので、福永騎手に戻るのは好材料。

レース特記=「掛り気味」「掛かる」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

【想定版HB新聞】ラジオNIKKEI賞、CBC賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でラジオNIKKEI賞、CBC賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で4角9番手以降から連対した馬はおらず、あまり後方過ぎては届かない。ただし、勝ち馬はすべて上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手は3着以内が2回。一応、「ハイブリッド指数」5番手以内が4勝。54キロ以下の軽ハンデ馬が6連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

イェッツトは京成杯、プリンシパルSで3着。小回りコースの適性はある。

レース特記=「小回向き」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

この馬の「ハイブリッド指数」を超えられるかが一つの目安となる。

「ハイブリッド指数」=《54》
2_2

ケイティクレバーは「ハイブリッド指数」的には上位の1頭。

「ハイブリッド指数」=《55》

3_2

小林徹Jへ乗り替わって、積極的に先手を奪うか。

馬特記&レース特記=「ハナ条件」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

メイショウテッコンもハナを切るのが理想。マイペースで逃げられれば強い。

「ハイブリッド指数」=《61》
4_2

キューグレーダーは4戦して連を外していない。

「全成績」=【2・2・0・0】
5_2

前走のレースラップのラスト1ハロンが11.4秒だから、まだ伸びシロが見込める。

レースラップのラスト1ハロン=11.4秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

時計が速くても、遅くても対応できる。

レース特記=「時計掛○」「上が速○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キボウノダイチは前走で2勝目だが、展開に恵まれた面は大きい。

前後半36.5秒-34.4秒(後傾2.1秒のスローペース)
6_2

グレンガリーは休み明けを2連勝。

「ハイブリッド指数」=《51》
7

福島コースで勝ち鞍があるのは強み。

「コース実績」=【1・0・0・0】
8

小回りに対応できる立ち回りの巧さは武器。

レース特記=「立回り○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

フィエールマンは新馬戦、山藤賞を2連勝。「ハイブリッド指数」は《57》と高い。

「ハイブリッド指数」=《57》
10

しかも、山藤賞のレースラップのラスト2ハロン11.6秒→11.4秒は強烈。瞬発力は重賞でも互角以上。

レースラップのラスト2ハロン11.6秒→11.4秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

【想定版HB新聞】宝塚記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で宝塚記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】


宝塚記念の想定版(+金曜の園田6R、10R)
→宝塚記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版


過去5年で「上がり最速馬」は3勝、勝ち馬すべて上がり5位以内をマークしている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

梅雨の時期で馬場が荒れやすく、道悪適性の高さも要求される。

レース特記=「渋馬場○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は3着以内が5頭。ただし、ノーマークが4勝している。「推定後半3ハロン」1位、2位のほぼどちらかは3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「インスタグラム」に書いた通り、梅雨の時期で馬場の内が荒れやすく、8枠が目下5連勝中。しかしながら、今年は例年より馬場状態はかなり良い。土曜の芝の傾向を要チェック。

先週は芝1600mでのタイレコード決着
Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

「位置取りシート」的には四隅&内・外枠。四隅に関しては3番手までの変則系。1番手内目が安定ゾーンで、近年は内目の傾向。

近2年の「位置取りシート」
Photo
コンビニ版位置取りシート的、宝塚記念の過去分
→ コチラ
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


3番サトノダイヤモンドの大阪杯は内枠でゴチャついて、スムーズさを欠いていた。

レース特記=「ゴチャ」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

金鯱賞で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
3_4

国内では13戦して一度しか3着を外していない。前走の敗戦だけでは見限れない。

「全成績」=【7・1・3・1】
4_5

16番キセキは日経賞はスムーズさを欠くレース内容。

レース内容
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

その割には「ハイブリッド指数」的には低くはない。

「ハイブリッド指数」=《68》

5_5

泥んこ馬場の菊花賞を勝っており、渋った馬場、重い馬場は得意。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「スタミ○」

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

出遅れ癖が課題ではある。

レース特記=「スタ悪い」

3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神は4戦すべて3着以内と得意としている。

「コース実績」=【1・1・2・0】

7

10番ヴィブロスは平坦コースの瞬発力勝負が得意。阪神の坂、荒れた馬場が課題となる。

馬特記=「芝軽い○」「上が速○」

4_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ドバイターフ(2着)以来、約3ヵ月ぶりの実戦で仕上がりがどうか。

ユニコーンSの【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番サトノクラウンは昨年の宝塚記念は上がり最速をマークして勝利。道悪、荒れ馬場は苦にしない。

馬特記=「渋馬場○」
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

成績にムラはあるが、実力的には上位の1頭。

「全成績」=【6・1・1・7】
8

5番ストロングタイタンは鳴尾記念は4コーナー4番手から、上がり最速をマークしてレコード勝ち。

4角4番手→上がり最速をマーク
9

良馬場の時計勝負が得意としている。

レース特記=「時計速○」

6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番パフォーマプロミスは初重賞挑戦の日経新春杯を快勝。一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
10

「インスタグラム」に書いた通り、1週前はCWコースで6F79秒台の好時計。数字以上に馬体を大きく見せて、栗毛の毛艶もピカピカ。

Photo_4

6歳でもキャリアは13戦と浅く、本格化の兆し。

「全成績」=【6・2・2・3】
11

8番ダンビュライトは香港遠征帰り。馬体の回復がカギとなる。

前走の「馬体重」=468k
12

宝塚記念の想定版(+金曜の園田6R、10R)
→宝塚記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5


「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

【想定版HB新聞】ユニコーンS、函館スプリントS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でユニコーンS、函館スプリントSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の前後半の平均は34秒8-36秒4、前傾1秒6のハイラップ。勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。勝ち時計は1分35秒8~36秒0と速めの時計で一致している。

上がり3位以内&1分35秒台が勝利の条件
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が5連対。すべて1番手か2番手のどちらかは3着以内に好走。そして、「推定後半3ハロン」1位の5頭が3着以内。青竜S組の好走が多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には勝ち馬は1番手。人気馬でも2番手以降だと勝てません。1番手、3番人気以内、「+」付きが基本。四隅も優秀。

近2年の「位置取りシート」
6_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ルヴァンスレーヴは全日本2歳優駿を勝利して、年明け初戦の伏竜Sで2着。既に古馬1600万下レベルに達している。

「ハイブリッド指数」=《62》
3_4

スタートが悪い点が課題となる。

レース特記=「スタ悪い」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

グリムは500万下、青竜Sと2連勝。レベル的にはルヴァンスレーヴと互角。

「ハイブリッド指数」=《62》
4_4

上がりの速い東京コースは得意としている。

レース特記=「上が速○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダートでは4戦3勝と底を見せていない。

「ダート成績」=【3・0・0・1】
5_4

ハーベストムーンは鳳雛Sで展開が向いた面は大きい。

レース特記=「R息入る」

3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダートは3着を外しておらず、今回が真価が問われる。

「全成績」=【3・1・1・0】

6_4

リョーノテソーロはダートで3戦2勝、2着1回。

「ダート成績」=【2・1・0・0】
7

ダート戻りは歓迎なので、距離が課題となる。

レース特記=「行たがる」「距離長」

4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コマビショウは上位に比べて、上昇度は低い。

「ハイブリッド指数」=《56》

8

バイラの端午Sは展開が向いた面が大きい。

レース特記=「展開向く」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的には上積みが必要。

「ハイブリッド指数」=《56》

9

グレートタイムの鳳雛Sは展開が向かずの2着。

前後半38.8秒-36.2秒(後傾2.6秒のスローペース)

10

ラストは確実に伸びてくるタイプ。ルメールJへの乗り替わりは好材料。

近4走すべて上がり3位以内

11


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年6月 7日 (木)

【想定版HB新聞】エプソムC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でエプソムCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で「上がり最速馬」が2勝。東京コースの重賞にしては、先行馬の粘り込みが多い。雨の影響もどうでるか。

過去5年で「上がり最速馬」が2勝
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着3回と計6連対。「ハイブリッド指数」2番手も5頭が3着以内に好走。「推定前半3ハロン」1位、「推定後半3ハロン」1位ともに4頭ずつが3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には四隅。から、更に拡張して3番手まで広げてOK。安定しているのは1番手の内目。

近2年の「位置取りシート」
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ダイワキャグニーはメイSを快勝。「ハイブリッド指数」は《70》に到達。

「ハイブリッド指数」=《70》
3_3

右回りが苦手で、左回りの東京が合う。

馬特記&レース特記=「右回り×」「府中向き」
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは8戦5勝と実績がある。

「コース実績」=【5・0・1・2】
4_3

サトノアーサーはメイSで0.2秒差の3着。

「ハイブリッド指数」=《68》
5_2

近3走すべて上がりは2位以内と末脚は堅実。

近3走すべて上がりは2位以内
6_2

1800mでは3着を外していない.

「距離実績」=【1・2・1・0】

7

サーブルオールは1000万下、1600万下を連勝してオープン入り。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
8

時計が掛かった方がよいタイプ。

レース特記=「荒馬場○」「時計掛○」

2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

グリュイエールは約2年ぶりの府中Sを勝利。

約2年ぶり
9

6歳でもキャリアは13戦と浅い。

「全成績」=【5・1・1・6】
10

スマートオーディンはダービー以来の実戦、

約2年ぶり
11

実力的にはG3では上位。【直前情報】も参考にしたい。

安田記念の【直前情報】
3_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ハクサンルドルフは新潟大賞典で8着だが、ゴチャついて実力を発揮できず。

レース特記=「ゴチャ」「直余力有」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それでも、上がりは最速をマーク。展開ひとつで出番があってよい。

上がり最速をマーク
12

アデイインザライフは近2走は大敗も、ニューイヤーSは立派な内容。

「ハイブリッド指数」=《70》
13

得意の東京コースで巻き返しを警戒したい。

「コース実績」=【3・1・2・1】
14


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月31日 (木)

【想定版HB新聞】安田記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で安田記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

安田記念の木曜想定版
 (+金曜の園田10R、11R)


→安田記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版


過去5年で「上がり最速馬」はすべて馬券絡み。勝ち時計は1分31秒台~32秒台前半、上がり33秒台が要求される。

1分31秒台~32秒台前半、上がり33秒台の決着
1_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、2着1回と好走。「推定後半3ハロン」1位も12~16年まで4年連続して連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

スワーヴリチャードは大阪杯で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《76》

3_3

東京コースは日本ダービーの2着を含め、重賞で4戦してすべて連対。

「コース実績」=【2・2・0・0】
4_2

左回りを得意としている。

レース特記=「右回り×」「左回り○」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ペルシアンナイトは大阪杯で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
5_2

近走は常にハイレベルなパフォーマンスをしている。

「ハイブリッド指数」=《70》超え

6_2

2000mで掛かり気味なので、1600mの方がよい。スタートが悪い点が課題。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」

2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サングレーザーはマイラーズCで上がり最速33.2秒をマーク。上がり2位に0.5秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.5秒差)
7_2

ディープインパクト産駒で時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13戦して3着を2回しか外していない。末脚が堅実なタイプ。

「全成績」=【6・1・4・2】
8

アエロリットはヴィクトリアMで4着。実力的には通用する。

「ハイブリッド指数」=《73》
9

ペースが速くなって、上がりが掛かって欲しい。

レース特記=「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノアレスは3走続けて上がり2位以内、上がり32~33秒台をマーク。

上がり2位以内&上がり32~33秒台
10

1ハロンの距離延長は好材料。

「距離実績」=【2・2・0・1】
1_3

リアルスティールは東京コースにも実績があって、海外G1制覇の実力は上位。

「ハイブリッド指数」=《74》

2_3

渋った馬場は苦手で、上がりが速い決着なら。

馬特記&レース特記=「上が速○」「渋馬場×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ヒーズインラブはダービー卿CTで初重賞制覇。ただし、G2以上の経験がなく、一気の相手強化では厳しいか。

「ハイブリッド指数」=《68》
3_4

リスグラシューはヴィクトリアMの上がり最速32.9秒は立派。

上がり最速32.9秒
4_4

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mでは8戦して3着を外していない点は高評価できる。

「距離実績」=【2・4・2・0】

5_3

安田記念の木曜想定版
 (+金曜の園田10R、11R)


→安田記念の過去5年の成績新聞(タテ版 ヨコ版



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

【想定版HB新聞】日本ダービー

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で日本ダービーを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ハイブリッド新聞の木曜想定版
(+金曜の園田ナイターの8R、12R)



過去5年の勝ち馬は上がり2位以内が4頭、上がり33秒台も4頭。近年は直線が短い中山2000mの皐月賞で差し届かず、ダービーで差し届くパターンが多い。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり2位以内
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「推定後半3ハロン」1位が5連勝中。そして、近8年の勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」6番手以内には該当している。「ハイブリッド指数」ノーマークは2着が3回まで。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には展開マーク「@」は買う以外の選択肢はなし。IDM・展開Wの展開マーク付き、「+」の展開マーク付きが次順。「追い切り」指数上位は人気馬の中での選択で特に重要。

過去12年のコンビニ版位置取りシート

1_6
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


1番ダノンプレミアムは弥生賞を快勝。4戦4勝の実力上位は明らか。

「全成績」=【4・0・0・0】
3_4

既に古馬オープン級のレベルにある。

「ハイブリッド指数」=《66》
4_4

過去10年で1枠が半数の5勝、2着2回、3着1回と圧倒。枠順は絶好。

過去10年で1枠が5勝
Photo_2

弥生賞では行きたがる面があったので、2ハロンの距離延長が課題。

レース特記=「行たがる」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞を蹄不安で回避した影響がどうか。【直前情報】は必見。

弥生賞の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

12番エポカドーロは皐月賞を快勝。展開が向いた面はある。

レース特記=「展開向く」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5戦すべて3着以内の安定感がある。

「全成績」=【3・1・1・0】
5_4

「インスタグラム」に書いた通り、今年は2番目に遅い2分0秒8で決着。しかしながら、今年の中山2000mでは3位に該当するタイムで、稍重馬場でマークしたものなら悪くはない。

今年の中山2000mでは3位
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「コース別タイム一覧」

2000mは2戦2勝だから、2400mには対応できるはず。

「距離実績」=【2・0・0・0】
6_3

18番サンリヴァルは皐月賞で4角5番手から上がり5位。エポカドーロの後方から、上がりでも劣ったので、逆転は厳しいはず。

4角5番手→上がり5位
7_2

17番ワグネリアンの皐月賞は渋った馬場が堪えたか。

レース特記=「渋馬場×」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

弥生賞以前の内容から、前走が本来の末脚ではない。良馬場なら巻き返せるか。

東京スポーツ杯2歳S、弥生賞で上がり最速
8_2

5番キタノコマンドールは3戦目で「ハイブリッド指数」=《60》超えは優秀。

「ハイブリッド指数」=《63》
9

皐月賞を含めて、3戦すべて上がり最速をマーク。

3戦すべて上がり最速
10

渋った馬場をこなしたとはいえ、上がりの速い東京の方が向く。

レース特記=「上が速○」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デムーロJは過去にGⅠは25勝ながら、意外と1番人気は少なく、単勝1~2倍台の勝利は2頭だけ。それに対して、単勝5~9倍台が半数近くの11頭。今回は人気的にも手頃。

単勝5倍超えでも勝ち切る騎手
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

15番ステルヴィオも皐月賞は展開が不向き。

レース特記=「展開不向」
5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

それ以外の5戦は連を外していない。

「全成績」=【3・2・0・1】
1_5

16番ジェネラーレウーノは5戦3勝、3着2回と安定感はあって、東京でも勝ち鞍あり。

「全成績」=【3・0・2・0】
2_6

皐月賞は先行争いを演じた他2頭がバテたものの、ペース自体はそれほど速くない。

1000m通過=59.2秒
7
*画像はPC版の【コメント新聞】

上がりの速い東京は向かないか。

馬特記=「上が掛○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6番ゴーフォザサミットは青葉賞のレースラップのラスト3ハロン11秒台は上々。

レースラップのラスト3ハロン11秒台
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦して4着以下が3回と安定感に欠ける。

「全成績」=【3・0・0・3】
3_5

13番グレイルも皐月賞で上がり最速タイをマーク。距離延長は歓迎か。

皐月賞で上がり最速タイ
4_5

10番ステイフーリッシュは京都新聞杯を2番手から抜け出して快勝。前後半34.7秒-34.6秒のイーブンペースを押し切った内容は評価できる。

前後半34.7秒-34.6秒
5_5

8番ブラストワンピースは3戦3勝。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《60》
6_4

東京2400mのゆりかもめ賞を圧勝。この舞台で上がり34.0秒は優秀。

Photo_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDVコース別タイム」

毎日杯が余力を残した勝ち方だから、まだ上積みは大きい。

レース特記=「直余力有」
7_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダービー1本に照準を定めたローテーションはマイナスにはならない。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


先週のオークスは「推定後半3ハロン」断トツ1位のアーモンドアイが快勝、東京2400mは上がりの速さが最重要な舞台。

「推定後半3ハロン」上位で決着
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

今週の日本ダービーは「推定後半3ハロン」1位が5連勝中。果たして今年の該当馬は?

「推定後半3ハロン」1位(M8=◎)が5連勝中
Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面


ハイブリッド新聞の木曜想定版
(+金曜の園田ナイターの8R、12R)


●明日の園田ナイター競馬(1日=500円)
1_4
⇒PDF版の購入はコチラから
⇒コンビニ版の購入方法はコチラから
*新聞の見方(HTML PDF


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

【想定版HB新聞】オークス

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でオークスを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

オークスの想定版(金曜の園田7R、9R)


過去5年で「上がり最速馬」が3勝、勝ち馬はすべて上がり3位以内。道中は折り合いに専念して、直線まで如何にスタミナを温存できるかがポイント。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
1_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

5年連続して「推定後半3ハロン」1位は3着以内。特に近4年は「推定後半3ハロン」1位&2位ともに3着以内。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には展開マーク付きが優秀。それ以外であれば外目有利。特に「大外」はラインとして恵まれており3番手までがその範囲。印が薄くても人気馬なら。皐月賞からのバウンスシャッセ、忘れな草のエリンコート、フローラSのピュアブリーゼ。どれも「中」より内目から。

過去10年の「位置取りシート」(→PDF版はコチラから)
1
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


13番アーモンドアイは桜花賞で上がり最速をマークして、3連勝でG1制覇。上がりは2位に1.0秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に1.0秒差)
2_5

全4戦すべて上がり最速をマークしている。

全4戦すべて上がり最速をマーク

3_4

類まれな瞬発力を秘めている。折り合いに不安がないので、距離延長は問題ないはず。

レース特記=「瞬発力○」「R振スム」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

2番ラッキーライラックは桜花賞で2着。後方勢が上位を占める流れだったので、早めに抜け出して交わされたのは仕方がない。

前後半34.5秒-34.4秒
4_3

5戦4勝、2着1回の安定した成績。

「全成績」=【4・1・0・0】
5

常に時計、上がりの速いレースで結果を残している。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

8番サトノワルキューレはフローラSで上がり最速33.4秒をマークして差し切り勝ち。

上がり最速33.4秒
6_2

しかも、レースラップのラスト1F11.7秒を差し切ったのは秀逸。

レースラップのラスト1F11.7秒
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

2400mを2戦しているのは大きな強み。

「距離実績」=【1・0・1・0】
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

NHKマイルCに続いて、ディープ産駒の2頭が3着以内。今の馬場は向いている。

「種牡馬=○・▲」で決着
1_3
「サンスポZBAT!エイト競馬データシート」

1番リリーノーブルは桜花賞で3着。5戦すべて3着以内の安定感がある。

「全成績」=【2・1・2・0】
8

折り合いに不安があるので、最内枠を引けたのは大きい。

レース特記=「掛り気味」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番マウレアは東京コースは3戦2勝。実績にあるコースで前進に期待。

「コース実績」=【2・0・0・1】

10

6番オールフォーラヴはわすれな草賞を快勝。ただし、「ハイブリッド指数」的には見劣る。

「ハイブリッド指数」=《54》
1_6

11番パイオニアバイオは9戦して、3着以内が7回。相手なりに走るタイプ。

「全成績」=【1・5・1・2】
2_6

14番ランドネはスイートピーSを勝利。「ハイブリッド指数」的には上積みは必要。

「ハイブリッド指数」=《56》
3_5

5番カンタービレはフラワーCで初重賞制覇。

「ハイブリッド指数」=《54》
4_4

4戦4連対の安定感は強調できる。

「全成績」=【2・2・0・0】
5_2

角居厩舎はの3頭出し。「インスタグラム」に書いた通り、今年の勝ち鞍はすべて1600m以上、芝の中距離戦向きの馬が多い。

今年の勝ち鞍はすべて1600m以上

Photo_5
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー


オークスの想定版(金曜の園田7R、9R)


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月10日 (木)

【想定版HB新聞】ヴィクトリアM

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でヴィクトリアMを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

ヴィクトリアMのハイブリッド競馬新聞の木曜想定版
11日(金)の園田6R+11Rのマキシマム競馬新聞

16年はストレイトガールが1分31秒5のレコード勝ち。稍重馬場の17年以外、勝ち時計はすべて1分31~32秒台と速く、高速決着への対応力が求められる。

過去5年で1分31~32秒台が4回
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

2010~12年まで「ハイブリッド指数」1番手&「推定後半3ハロン」1位が3着以内。その後は15年に最低人気のミナレットが3着するなど、近5年は波乱の決着が多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的に1番手は不発気味。その替わりに四隅は優秀。3番手以降からも毎年1頭は圏内。前走は重賞で「後3F差」で黄色以上+「後3F地点」2列目以内。

過去のコンビニ版位置取りシート

1

リスグラシューは阪神牝馬Sで上がり2位をマーク。

上がり2位
3_4

展開が向かず、脚を余しての3着。

レース特記=「展開不向」「直余力有」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京1600mの東京新聞杯を牡馬相手に完勝。一戦ごとに馬体重が増えて成長している。

4走続けて馬体増
4_3

1600mでは7戦2勝、2着3回、3着2回とすべて3着以内。

「距離実績」=【2・3・2・0】
5_2

ミスパンテールは阪神牝馬Sをマイペースで逃げ切り勝ち。

前後半37.2秒-33.8秒(後傾の3.4秒のSペース)
6

目下4連勝中と勢いがある。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

1600mの距離適性は高い。

「距離実績」=【3・1・0・1】
8

アドマイヤリードは阪神牝馬Sで4着。勝ち馬より2kg重い斤量を背負っており、「ハイブリッド指数」は高い。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
9

「インスタグラム」に書いた通り、NHKマイルCの勝ち時計は今年で唯一の1分32秒台。昨年のヴィクトリアMは稍重馬場で過去2番目に遅い1分33秒9の決着だったのがどうか。

Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

ソウルスターリングは昨秋以降は4戦して5着以内が一度もない。

「ハイブリッド指数」=《70》未満
10

気性面の問題が大きいはず。

レース特記=「スタ悪い」「内側斜行」「掛り気味」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カワキタエンカはダッシュ力の速さが持ち味。

馬特記=「ダッシ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

福島牝馬Sでハイペースを逃げ粘った中身は濃い。単騎逃げを警戒したい。

前後半35.1秒-36.1秒(前傾1.0秒のハイペース)
4_4

レッツゴードンキはヴィクトリアMは一昨年が10着、昨年が11着。東京コースでは結果が出ていない。

「コース実績」=【0・1・0・3】
5_3

デンコウアンジュは昨年のヴィクトリアMが2着。東京1600mがベスト。

馬特記=「府中向き」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アエロリットは中山記念で牡馬相手に2着と善戦。

「ハイブリッド指数」=《73》
1_4

東京コース3戦3連対。

「コース実績」=【2・1・0・0】
2_5

1600mは5戦4連対。

「距離実績」=【1・3・0・1】
3_5

「インスタグラム」に書いた通り、今回のメンバーで1分32秒3は持ち時計ナンバー1。高速決着には実績がある。

Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」


ヴィクトリアMのハイブリッド競馬新聞の木曜想定版
11日(金)の園田6R+11Rのマキシマム競馬新聞


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

【想定版HB新聞】NHKマイルC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でNHKマイルCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

【今年のハイブリッド新聞(想定版)】
タテ版&ヨコ版(+明日の園田)

【過去5年のハイブリッド新聞】
タテ版 ・ヨコ版


過去5年は1分32~33秒台の決着。ペースに左右される面が大きい。のちにG1で好走している馬は少ない。10番人気以下が5頭も馬券絡みしている。

1分32~33秒台への対応力が必要
2_5
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1番手が4連勝中。しかも、近8年の勝ち馬の7頭までが「ハイブリッド指数」3番手以内。そして、勝ち馬の7頭までが「推定後半3ハロン」5位以内。「推定前半3ハロン」1位も4頭が3着以内に入っている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

勝ち馬はほぼ人気馬からで、1番手のIDM・展開W◎◎もしくはIDM◎。展開マーク系、三角の印入り(上がり指数5位まで)で、その印が入っていないと勝ち馬の資格ナシのレベル。「後3F地点」で太文字での馬番、2列目以内がデフォ。それ以外の時は四隅から。四隅自体も毎年1頭は人気に関わらず圏内の馬を出している。特に外目の四隅。

過去のコンビニ版位置取りシート

過去10年のコンビニ版の「位置取りシート」
4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


7番タワーオブロンドンはアーリントンCで上がり2位をマークして快勝。

上がり2位

3_4

時計、上がりの速い決着で結果を残している。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

6戦4勝、すべて3着以内と安定している。

「全成績」=【4・1・1・0】

4_4

9番ギベオンは新馬、フリージア賞を連勝して、毎日杯で0.3秒差の2着。

「ハイブリッド指数」=《55》
5_4

「インスタグラム」に書いた通り、藤原英昭厩舎がリーディングを独走。複勝率は58.6%と圧巻。

複勝率=58.6%
Photo_4
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

10番パクスアメリカーナも中内田厩舎が好調。一戦ごとに成長している。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
6_2

時計が速くても、馬場が絞っても対応できる。

馬特記=「渋馬場○」「時計速○」
2_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番テトラドラクマはクイーンCを快勝。「ハイブリッド指数」的には見劣らない。

「ハイブリッド指数」=《56》
7_2

そして、東京コースは3戦3連対と好相性。

「コース実績」=【2・1・0・0】
8_2

6戦して3着を外したのは一度だけ。

「全成績」=【2・2・1・1】
10_2

11番ケイアイノーテックはニュージーランドTで2着。馬体の回復がカギか。

「馬体重」=456k(-12)
9_2

行たがる面があるので、乗り替わりはマイナス材料。

レース特記=「行たがる」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番カツジはニュージーランドTを快勝。馬体が絞れたのがよかったか。

「馬体重」=478k(+12)
11_3

4戦2勝、2着1回と底を見せていない。

「全成績」=【2・1・0・1】

12

16番ミスターメロディは初芝のファルコンSを快勝。ダートを含めて、5戦5連対の安定感。

「全成績」=【3・2・0・0】
13

藤原英昭厩舎はギベオンと2頭出し。どちらかは馬券に絡むか。

同厩舎の2頭出しは四角囲みで表示
14

一昨年が3連複「11190円」、昨年が単勝「560円」&3連複「50600円」の好相性のレース、今年も狙うは3連複万馬券

★一昨年の3連複万馬券★
Photo
3連複 111.9×1000円=11万1900円
購入5万500円 払戻11万1900円

★昨年の単勝+3連複5万馬券★
Photo_2
単勝 5.6×2万円=11万2000円
3連複 506.0×500円=25万3000円
購入5万5000円 払戻36万5000円


【今年のハイブリッド新聞(想定版)】
タテ版&ヨコ版(+明日の園田)

【過去5年のハイブリッド新聞】
タテ版 ・ヨコ版


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年4月26日 (木)

【想定版HB新聞】天皇賞(春)

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で天皇賞(春)を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

天皇賞・春の想定版(+金曜の園田ナイターの10R+12R)
(明日の園田ナイターの予想はコチラから)


近2年はキタサンブラックが4角先頭から押し切って連覇を達成。勝ち馬はすべて2周目の4角を5番手以内で立ち回っているのが勝つための最低条件。

過去5年の勝ち馬は2周目の4角で5番手以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」4番手以内。過去7年の勝ち馬の5頭が「推定前半3ハロン」3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo_3
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には2年連続して「最内」&「内」の1番手がワン・ツーを決めている。

過去10年の天皇賞(春)の「位置取りシート」

近2年の「位置取りシート」
1_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


11番シュヴァルグランの大阪杯は躓く不利。

レース特記=「躓く」「距離短」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラスト4ハロンはすべて11秒台ではスピード負け。

レースラスト4ハロンはすべて11秒台

1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

天皇賞(春)は一昨年が3着、昨年が2着。つまり、3200mは2戦2連対。

「距離実績」=【0・1・1・0】
3_4

ジャパンC勝ちの実力がある。

「ハイブリッド指数」=《78》
4_5

スタミナがあって、長距離戦では強い。

馬特記=「スタミ○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、放牧帰り2戦目は8戦して、すべて3着以内、前走の大敗は度外視して大丈夫なはず。

「休み明け2走目」=【2・3・3・0】
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

12番レインボーラインは阪神大賞典で上がり最速をマークして快勝。

上がり最速をマーク
5_5

ステイゴールド産駒らしいスタミナがある。

レース特記=「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

21戦して4勝と成績にはムラがある。前走と同じパフォーマンスができるかどうか。

「全成績」=【4・3・4・10】
6_4

「インスタグラム」に書いた通り、先週の京都の開幕週は岩田Jは5勝の大活躍。以前から長距離戦には実績あり。

先週は5勝の大活躍
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

8番クリンチャーは阪神大賞典では前半は折り合いを欠き気味。

レース特記=「掛り気味」

4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1000m通過が60.1秒は速く、ラスト4ハロン目から11秒台。先行勢には厳しい流れで3着キープは立派。

1000m通過=60.1秒
4_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超えのパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《71》
7_2

菊花賞で2着している通り、京都の長距離戦は適性が高い。

「コース実績」=【2・1・0・0】
8_2

6番ガンコは芝に戻った4走前から急上昇。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
9

レースセンスがよく、スタミナもある。

レース特記=「R振スム」「スタミ○」
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

日経賞はレースラップのラスト3ハロン11.9秒-11.6秒-12.5秒の消耗戦を押し切った内容は濃い。

レースラップのラスト3F=11.9秒-11.6秒-12.5秒
6_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番サトノクロニクルは阪神大賞典で2着。

「ハイブリッド指数」=《70》
10

長距離適性を示した。

レース特記=「距離○」「スタミ○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

京都では泥んこ馬場の菊花賞しか崩れていない。

「コース実績」=【2・1・0・1】
11

14番アルバートは長距離では安定して上位の上がりをマーク。ルメールJの腕で上位争いは可能か。

近2走は上がり2位以内
1_5

2番チェスナットコートは4走連続して上がり2位をマークして連対。

4走連続して上がり2位
2_5

長距離戦では安定して上位の上がりが使える。展開ひとつで上位争いも。

レース特記=「時計掛○」「上が掛○」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「インスタグラム」に書いた通り、2008年以降の過去10年、1枠が半数の5勝と圧倒。絶好枠ならチャンスありか。

過去10年で1枠が半数の5勝

Photo


天皇賞・春の想定版(+金曜の園田ナイターの10R+12R)
(明日の園田ナイターの予想はコチラから)



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

【想定版HB新聞】フローラS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でフローラSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が3勝、3着1回。「推定後半3ハロン」5位以内が5勝。それに対して、「推定前半3ハロン」5位以内は1頭しか馬券絡みしていない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

サトノワルキューレはゆきやなぎ賞で牡馬相手に勝利。「ハイブリッド指数」は《56》と高い。

「ハイブリッド指数」=《56》
1_3

2400mを克服したとはいえ、距離は2000mの方がよい。

レース特記=「距離長」

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアは3戦と浅く、伸びシロが見込める。

「全成績」=【2・0・1・0】
4_3

レッドベルローズはミモザ賞で2勝目。

「ハイブリッド指数」=《53》

3

キャリアは4戦なので、前述の2頭より上積みは小さい。

「全成績」=【2・0・1・1】
4

オハナはクイーンCで4着と健闘。小柄で非力な面がある。

馬特記=「非力」

 3_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

馬体の成長が欲しい。

「馬体重」=414k(+2)
5

ノームコアはフラワーCで3着だが、「ハイブリッド指数」は高くはない。

「ハイブリッド指数」=《50》
6

サラキアはチューリップ賞で上がり4位をマークは立派。

上がり4位をマーク

5_3

ディープ産駒で時計、上がりの速い決着は得意。

レース特記=「時計速○」「上が速○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的にもサトノワルキューレとほぼ互角。

「ハイブリッド指数」=《54》
2


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

【想定版HB新聞】皐月賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で皐月賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

皐月賞・想定版の無料サンプル(+土曜・高知競馬)
*高知競馬の新聞の見方(HTML PDF


過去5年の勝ち馬はすべて上がり4位以内。ハイペースになるケースが多く、以前のように前が残るケースは少ない。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
1_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は3勝、計6連対。「推定後半3ハロン」1位も3勝、計5連対と好走している。直線の短い中山といえども、全体的には「HB」「後半」系のレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

11
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番ワグネリアンは弥生賞で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
2_6

レースラップのラスト2ハロンは11秒台だから、差し届かなったのは仕方ない。

レースラップのラスト2F=11.0秒-11.6秒
1_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの速い決着が得意なので、馬場が渋らない方がよい。

馬特記&レース特記=「上が速○」
2_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ステルヴィオは「ハイブリッド指数」は2番ワグネリアンとほぼ互角。

「ハイブリッド指数」=《59》
3_6

末脚は堅実なタイプで5戦すべて連対している。

「全成績」=【3・2・0・0】
4_6

馬場が渋っても対応できる。

レース特記=「時計掛○」
3_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ルメールJは先週の4勝はすべて芝であげたもの。軽くは扱えない。

先週は芝で4勝
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

5番キタノコマンドールは上がり最速33秒台をマークして、未勝利-すみれSを2連勝

上がり最速33秒台
5_5

上がりの掛かる中山がどうか。

レース特記=「上が速○」
4_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアは2戦と浅く、克服すべき課題は多い。【直前情報】も参考にしたい。

桜花賞の【直前情報】
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

9番オウケンムーンは3連勝で東京スポーツ杯2歳Sを制覇。

「ハイブリッド指数」=《58》
6_3

中山へのコース替わりは歓迎のクチ。

「コース実績」=【2・0・0・0】
7_3

馬場は荒れるのは大歓迎。

レース特記=「荒馬場○」
5_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3番ジャンダルムは弥生賞でロスのないレースで3着。

レース特記=「R振スム」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」的に上積みは小さく、勝ち切るまでは厳しい。

「ハイブリッド指数」=《57》
8

7番エポカドーロは4戦して3着を外していないのは立派。

「全成績」=【2・1・1・0】
9

すべて4角2番手以内の先行力が武器。

「4角5番手内率」=《100%》
10

10番ジェネラーレウーノは3連勝で京成杯を制覇。

「ハイブリッド指数」=《54》
11

中山コースは2戦2勝と好相性。

「コース実績」=【2・0・0・0】
12

桜花賞では3ヵ月ぶりのアーモンドアイが勝利。「ノーザンF天栄」からの放牧帰りなら、異例のローテーションも関係なしか。

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り
13


1番タイムフライヤーは若葉Sで5着とはいえ、大外を回りながら上がり最速をマーク。

近走はすべて上がり最速
14

他馬と接触するなど、敗因は色々とある。巻き返しを一考。

レース特記=「他馬接触」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞・想定版の無料サンプル(+土曜・高知競馬)
*高知競馬の新聞の見方(HTML PDF


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

【想定版HB新聞】桜花賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で桜花賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】


桜花賞・想定版の無料サンプル(+土曜・高知5R)
桜花賞・前日版の無料サンプル(+日曜・高知5R)


過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内をマーク。2連続開催の後半で馬場が荒れてきて、外を通った差し&追い込み馬の好走が目立つ。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝。3番手以内の2頭が3着以内の年が5回ある。「推定後半3ハロン」1位が4連対、勝ち馬の5頭が3位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

1番ラッキーライラックはチューリップ賞で上がり最速をマークして0.3秒差V。

上がり最速
3_2

翌日の4歳以上1600万下の武庫川Sの勝ち時計1分33秒4レース上がり34.0秒だから、チューリップ賞の方が上。

チューリップ賞>>武庫川S
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

時計、上がりの速い決着は得意としている。

レース内容=「時計速○」「上が速○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに着実に成長している。

「ハイブリッド指数」=《62》
4_2

石橋脩騎手は先週は3勝、2着2回、3着1回と好調。

先週は3勝、2着2回、3着1回
Photo
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

1番人気での成績の勝率、複勝率はM.デムーロJ、ルメールJを凌ぐいでいる。騎手としての腕は十分。

人気別成績
Photo_2
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDV騎手成績一覧」

週中の「インスタグラム」に書いた通り、問題は枠順。2007年以降の桜花賞で5枠が4勝、勝率18%と圧倒。7枠、8枠も連対率15%と上々。それに対して、1枠、2枠は3着が1頭ずつのみ。決して有利とはいえない内枠を克服できるか。

1枠、2枠は3着が0連対
Photo_3

13番アーモンドアイはシンザン記念で牡馬相手に快勝。上がり最速は上がり2位に0.7秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速34.4秒(上がり2位に0.7秒差)
5

デビューから3戦すべて上がり最速。

3戦すべて上がり最速
6

結果が出ていないローテーションだが、この馬の瞬発力なら勝ち負けできてよい。

レース内容=「瞬発力○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番リリーノーブルは瞬発力は人気2頭には劣るとはいえ、上がり33秒台をマーク。

上がり33秒台
7

4戦して3着を外していない点は高評価できる。

「全成績」=【2・2・1・1】
8

休み明けを使って、前走以上に落ち着きは出るはず。

レース内容=「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

17番マウレアはチューリップ賞で1番ラッキーライラックと並んで上がり最速タイ。

上がり最速
9_2

デビューから減り続けている馬体重の回復がポイント。

一戦ごとに馬体減
1_3

8番ハーレムラインはアネモネSで3連勝。「ハイブリッド指数」的には高くはない。

「ハイブリッド指数」=《54》
2_4

14番レッドレグナントのアネモネSは展開に恵まれた面は大きい。M.デムーロJの腕頼みか。

前後半35.8秒-35.3秒(後傾0.5のスローペース)
4_4

4番アンコールプリュはフィリーズRで上がり最速をマークして2着。ただし、前半33秒台のハイペースで展開が向いた感もある。

前後半33.7秒-36.1秒(前傾2.4秒のハイペース)
5_2

12番デルニエオールは全兄オルフェーヴルの良血馬。410キロと小柄な馬体を維持できるか。精神面での幼さも残る。

レース内容=「掛り気味」「落着ほし」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

16番フィニフティはキャリア1戦で挑んだクイーンCで2着。「ハイブリッド指数」的には上積みが見込める。

「ハイブリッド指数」=《54》
3_3

1番人気の1番ラッキーライラックは最内枠の克服がカギ。

Photo_5

------------------------------

土曜・高知5Rのソメイヨシノ特別は目下3連勝中の11番カノヤカンザクラが大外枠、園田競馬や高知競馬は外枠は寧ろ有利。

Photo_4


桜花賞・想定版の無料サンプル(+土曜・高知5R)
桜花賞・前日版の無料サンプル(+日曜・高知5R)
*地方競馬の関連はコチラから



尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。


→先週分の無料サンプルはコチラから




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年3月29日 (木)

【想定版HB新聞】大阪杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で大阪杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近2年の勝ち馬は4角2番手で立ち回っている。そして、2013~16年の勝ち馬は上がり2位以内をマーク。好位~中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。

4角6番手以内→上がり2位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近5年で「ハイブリッド指数」1番手は4勝、3着1回。勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」2番手以内に該当している。そして、2012~16年まで5年連続して「推定後半3ハロン」1位が好走している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には過去5年、1番手でのワン・ツーが続いている。2番手であれば「外」「大外」の四隅が断然。

近2年の「位置取りシート」
2_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


スワーヴリチャードは年明け初戦の金鯱賞は4角2番手→上がり2位をマークして快勝。

4角2番手→上がり2位
3_2

近走は高いレベルで安定している。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
4_2

有馬記念で内にモタレた通り、右回りがどうかだけ。

レース特記=「右回り×」「左回り○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アルアインは好メンバーの京都記念で2着。

上がり3位
5_2

高速決着にも、時計が速くても対応できる。

馬特記=「渋馬場○」「芝軽い○」「時計速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞勝ちの2000mがベスト。

「距離実績」=【1・0・0・0】
6_2

サトノダイヤモンドは金鯱賞でスワーヴリチャードを上回る上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
7_3

レースラップのラスト3ハロンが11秒台前半~中盤だから、差し届かないのは仕方ない。

レースラップのラスト3ハロンが11秒台前半~中盤
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

国内では11戦して3着を外していない。しかも、阪神は3戦3勝と好相性。

「全成績」=【7・1・3・0】
8_2

シュヴァルグランはスタミナが武器。久々の2000mは割引きが必要。

馬特記=「スタミ○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキースワローはAJCCで上がり最速をマークして2着。展開ひとつで出番はある。

上がり最速
9

ダンビュライトはAJCCを快勝。上がり6位だから、展開に恵まれた面は大きい。

上がり6位
1_2

得意の距離で何処まで粘れるか。

「距離実績」=【1・0・2・0】

2_3

ウインブライトは近3走すべて連対と地力強化は著しい。

「ハイブリッド指数」=《73》
3_3

時計、上がりの掛かる舞台は向いている。

馬特記=「上が速×」「時計掛○」
7_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

トリオンフは3連勝で小倉大賞典を制覇。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
4_3

G1初挑戦とはいえ、目下の勢いは侮れない。

レース特記=「完勝」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ペルシアンナイトは中山記念で上がり最速をマークして5着。

上がり最速
10

成績にはムラがあるが、勝ち負けできる実力はある。

「全成績」=【4・2・1・3】
11


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年3月22日 (木)

【想定版HB新聞】高松宮記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で高松宮記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の4頭が4角7番手以内で立ち回っている。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

過去5年の勝ち馬は4角7番手以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

12~15年まで4年連続して「ハイブリッド指数」1番手が勝利。勝ち馬の6頭までが「ハイブリッド指数」3番手に該当している。「推定後半3ハロン」1位は5頭が馬券絡み。近年は「推定前半3ハロン」上位の好走も多い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

レッドファルクスは阪急杯で上がり最速33.4秒をマークして3着。

上がり最速33.4秒をマーク
3_2

レースラップのラスト1ハロンが12.0秒だから、差し届かなかったのは仕方ない。

レースラップのラスト1ハロン=12.0秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中京コースは3戦すべて3着以内。

「コース実績」=【2・0・1・0】
4_2

上がりの掛かる条件は向いている。

馬特記=「上が掛○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッツゴードンキは芝1200mでは6戦して3着以内が4回。

「距離実績」=【0・2・2・2】
5_2

折り合いに不安があるので、フェブラリーSからの距離短縮は好材料。

馬特記=「折合×」「掛り気味」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ファインニードルはシルクロードSは最内枠が向いたとはいえ、0.3秒差で完勝は立派。

レース特記=「完勝」「内枠」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

G1で勝ち負けできるレベルに到達している。

「ハイブリッド指数」=《73》
6

「インスタグラム」に書いた通り、出走頭数こそ少ないが、勝率36.4%、複勝率50.0%と社台系を遥かに凌ぐのがミッドウェイファーム

勝率=36.4%、複勝率=50.0%
1_3
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

今回もミッドウェイファームからの放牧帰り。一気のG1制覇もあり得る。

「ミッドウェイファーム」からの放牧帰り
2_4
「JRDV.sp」ブログのPC版の右サイドバー
「JRDB開催別データ」

セイウンコウセイはシルクロードSで2着。積極的に先手を奪ったのが好走の要因。

レース特記=「ハナ条件」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年の高松宮記念を制しており、コース適性の高さは実証済み。

「コース実績」=【1・0・0・0】
7

ダンスディレクターは8歳でも年齢的な衰えは感じられない。

「ハイブリッド指数」=《72》
8

3ヵ月の休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

スプリングSの【直前情報】
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

レーヌミノルは久々の1200mのオーシャンSで6着。実力的には上位を争える。

「ハイブリッド指数」=《71》
9

ダイアナヘイローは阪急杯でマイペースで逃げられたとはいえ、前後半34.2秒-34.6秒を押し切った内容は評価できる。

前後半34.2秒-34.6秒、前傾0.4秒のハイラップ
1_2

キングハートはオーシャンSで初重賞制覇。ただし、ロスなく立ち回っての勝利で、「ハイブリッド指数」は高くはない。

「ハイブリッド指数」=《67》
2_3

ネロはオーシャンSで前半33.5秒で飛ばしながら、0.1秒差に踏ん張ったのは立派。

前後半33.5秒-34.8秒(前傾1.3秒のハイペース)
3_3

2013年の高松宮記念では10人気のハクサンムーンが逃げ粘って3着。人気薄の逃げ馬には常に注意が必要。

★2012年の3連複万馬券★
2611
3連複 113.4×1000円=11万3400円
購入2万2000円 払戻11万3400円


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

【想定版HB新聞】スプリングS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でスプリングS、阪神大賞典、フラワーC、ファルコンSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内で立ち回っている。皐月賞とは違って、逃げ&先行馬の粘り込みが目立つ。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
6_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手は計6頭も馬券絡み。勝ち馬の6頭までが「ハイブリッド指数」4番手以内に該当している。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」はほぼ互角。近4年は500万下を勝ちからの参戦馬が勝利している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には1番手の、IDM・展開Wで「+」かテン・展開マーク付き。「中」より内目の傾向。

近2年の「位置取りシート」
6
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ステルヴィオは朝日杯FSで2着に健闘。

レース内容

1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4戦すべて上がり2位以内と末脚は堅実。

すべて上がり2位以内
1_6

加速が遅いタイプなので、中山コースがどうか。

馬特記=「加速遅い」
2_5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


"「推定3ハロン」好走パターンを検証しよう"に書いた通り、ルメールJ+「推定後半3ハロン」1位は抜群の安定感を誇る。

ルメールJ+「推定後半3ハロン」1位
1803085
【データパックの分析画面

ルーカスはホープフルSで6着。

「ハイブリッド指数」=《48》

2_7

器用さに欠ける面があるので、中山コースが微妙。

レース特記=「器用さ欠」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

【直前情報】参考にしたい。

金鯱賞の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ゴーフォザサミットは3戦連続して上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
3_3

時計、上がりの掛かる中山は合うはず。

馬特記=「上が速×」「時計掛○」
4_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エポカドーロは2戦連続して完勝。

レース特記=「完勝」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダッシュ力が速いだけでなく、上がりも速い点は評価できる。「インスタグラム」に書いている通り、戸崎Jが不調なのがどうか。

上がり3位以内
4_3

ハッピーグリンはセントポーリア賞で上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク

5_4

上がりの速い決着に対応したのは立派。

レース特記=「上が速○」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レノヴァールは一戦ごとに良化している。上位争いも可能かもしれない。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7_2


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

【想定版HB新聞】金鯱賞、フィリーズR、中山牝馬S

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で金鯱賞、フィリーズR、中山牝馬Sを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近6年で「ハイブリッド指数」1番手は4頭が馬券絡み。勝ち馬はすべて「ハイブリッド指数」5番手以内に該当している。「推定前半3ハロン」「推定後半3ハロン」から満遍なく、馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

11
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

スワーヴリチャードは有馬記念で2着馬と小差の4着。右回りは手前の替え方が課題。

レース特記=「手前替×」「右回り×」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

一戦ごとに成長しているのは間違いない。

「ハイブリッド指数」=《74》
1_2

あとはスタートが課題となる。

レース特記=「スタ悪い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けは心配ない。

「休み明け成績」=【2・0・0・0】
2_2

サトノダイヤモンドは天皇賞(春)で3着の後、海外遠征で結果がでず。

「ハイブリッド指数」=《77》
3_2

軽い芝の瞬発力勝負が得意だったので、シャンティイの芝が合わなかった。

馬特記&レース特記=「上が速○」「芝軽い○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

国内では10戦して3着を外していない。

「全成績」=【7・1・2・0】
4_2

海外遠征帰りで仕上がりがどうか。【直前情報】を参考にしたい。

弥生賞の【直前情報】
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ヤマカツエースは金鯱賞を2連覇中。中京コースは得意としている。

「コース実績」=【2・0・1・0】

5_2

距離も2000m前後がベスト。

レース特記=「距離長」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ブレスジャーニーはG2では成長が必要。

「ハイブリッド指数」=《64》
6

スタートにも課題が残る。

レース特記=「スタ悪い」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

メートルダールは同舞台の中日新聞杯を快勝。G2でも見劣らない。

「ハイブリッド指数」=《70》
7_2

2000mは6戦して3着を外していない。

「距離実績」=【4・0・2・0】
8_2


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年3月 1日 (木)

【想定版HB新聞】弥生賞、チューリップ賞、オーシャンS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で弥生賞、チューリップ賞、オーシャンSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

10~13頭立てと頭数が少なめの割には平均ペースで流れるケースが多い。近4年の勝ち馬はすべて上がり2位以内をマーク。上がり2位以内をマークして連対すれば、皐月賞&ダービーで好走する可能性は高い。

近4年の勝ち馬は上がり2位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は3勝、計7頭が3着以内。そして、「推定後半3ハロン」1位が5勝、目下3連勝中と圧倒的に強い。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的にも実力差が大きいためか、1番手に該当するのが好走条件。

近2年の「位置取りシート」
Photo_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ダノンプレミアムは朝日杯FSをレースレコードで快勝。

レース特記=「時計速○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

「ハイブリッド指数」は古馬オープン並みに高い。

「ハイブリッド指数」=《66》

3_2

馬場が渋っても問題ない。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

阪急杯の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ワグネリアンは3連勝で東京スポーツ杯2歳Sを勝利。3戦すべて上がり2位以内をマーク。

3戦すべて上がり2位以内
4_2

特に初戦のレースラップのラスト2ハロンが秀逸。

レースラップのラスト2F10.9秒-11.0秒
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

瞬発力勝負は得意としている。順当に皐月賞トライアルまで駒を進めてきた。

馬特記&レース特記=「上が速○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オブセッションはデビュー2戦ともに上がり最速をマークして勝利。特にシクラメン賞は上がり2位に0.9秒差で断トツで速い。

上がり最速(上がり2位に0.9秒差)
5_3

時計勝負も、道悪も問題ない。

レース特記=「時計速○」「道悪○」「芝重い○」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ジャンダルムはホープフルSで2着。好位から上位の上がりを使えるタイプ。

4角5番手以内→上がり3位以内
6_2

馬場は渋った方がよい。

レース特記=「芝重い○」「渋馬場○」
5_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サンリヴァルはホープフルSで4着。

前後半35.8秒-36.9秒(前傾1.1秒のハイペース)
7

厳しいペースを粘った内容は立派。巻き返しを警戒したい。

レース特記=「展開厳い」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


昨年は「推定後半3ハロン」1位のカデナが勝って、「推定前半3ハロン」1位のマイスタイルが逃げ粘って2着。中山記念のマルターズアポジー同様、人気薄の逃げ馬には注意が必要。

「推定3ハロン」1位がワン・ツー
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★昨年は3連単4万馬券★
1411
3連単 467.2×500円=23万3600円
購入2万2500円 払戻23万3600円



→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

【想定版HB新聞】中山記念、阪急杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で中山記念、阪急杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角4番手以内で立ち回っている。その一方、勝ち馬はすべて上がり4位以内をマークしている。

4角4番手以内→上がり4位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年の勝ち馬の4頭が「推定後半3ハロン」2位以内。前後半5傑入りの5頭が3着以内に入っている。M.デムーロJ、岩田Jの名前が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ペルシアンナイトはマイルCSで初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《73》
3_2

皐月賞で2着しており、中山のコース適性は高い。

「コース実績」=【0・1・0・0】
4_2

距離延長も好材料。

「距離実績」=【1・1・0・0】
5_2

ウインブライトは福島記念、中山金杯と連続して好走。

「ハイブリッド指数」=《69》
6_3

レースセンスのよさが持ち味。

レース特記=「R振スム」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの速い決着は苦手。

馬特記&レース特記=「上が速×」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

上がりの掛かる中山は5戦4連対と得意としている。

「コース実績」=【2・2・0・1】
7

アエロリットの秋華賞はハイペースに巻き込まれて失速。

前後半35.6秒-37.0秒、前傾1.4秒のハイペース
8

折り合いに不安があるので、距離短縮は好材料。

レース特記=「行たがる」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ヴィブロスもエリザベス女王杯で折り合いを欠いて5着。

レース特記=「掛り気味」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実力を出し切れるかどうかだけ。

「ハイブリッド指数」=《73》
9

サクラアンプルールの天皇賞(秋)、有馬記念は敗因があるので参考外。

レース特記=「道悪×」「不利」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実績がある中山コースで変わり身を一考。

「コース実績」=【3・1・1・1】
10

マイネルハニーはディセンバーS、白富士Sとオープン特別を2連勝。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
11

中山の重い馬場は合う。

馬特記=「道悪○」「渋馬場○」「荒馬場」
6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マルターズアポジーは近走も常に34~35秒台で先手を奪っている。

近4走すべて4角先頭
12

「4角5番手内率」は《100%》とパーフェクト。今回も先手を奪うはず。

「4角5番手内率」=《100%》
13

有力馬に休み明けが多く、【直前情報】を参考にしたい。

フェブラリーSの【直前情報】
Photo_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

【想定版HB新聞】フェブラリーS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でフェブラリーSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で1秒5以上の前傾ラップが4回。例年の例年のようにペースが厳しくなるので、上がり4位以内が必要とされる。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は2勝、計6頭が3着以内。近3年は「推定後半3ハロン」5位以内がワン・ツーを決めている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

テイエムジンソクは東海Sを逃げ切り勝ち。前傾1.4秒のハイペースのハイラップを押し切った内容は強い。

前後半36.7秒-38.1秒、前傾1.4秒のハイペース
3

近3走すべて「ハイブリッド指数」=《70》超えでパーフェクト連対。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
4

初の1600m、東京コースがどうか。

「距離実績」=【0・0・0・0】
5

ゴールドドリームはチャンピオンズCを差し切ってGⅠ2勝目。

上がり最速をマーク
6

レースラップのラスト1ハロンが12.4秒と速く、この馬自身は恐らく11秒台中盤。

レースラップのラスト1F12.4秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

昨年のフェブラリーSを4歳で制しており、年明け初戦のローテーションも同じ。

昨年は社台系の短期放牧がワン・ツー
1_2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


距離短縮、コース替わりともにプラス。

「コース実績」=【3・1・0・0】
7

ノンコノユメは根岸Sを芝並みの上がり最速34.2秒をマーク。初の1400m戦で一変の内容。

上がり最速34.2秒

8_2

3歳秋の武蔵野S以来、約2年3ヵ月ぶりの勝利。安定感には欠けるタイプではある。

「全成績」=【6・3・1・5】
1_2

ケイティブレイブは川崎記念を勝利。地方交流重賞のレベルは「ハイブリッド指数」で判断できる。

「ハイブリッド指数」=《75》
4_2

1600mの時計勝負は割引きが必要。

「距離実績」=【0・0・1・2】
5_2

上がりの速い東京コースも不向き。

レース特記=「上が速×」「ジリ脚」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アウォーディーは近走は善戦止まり。7歳馬で上積みに欠ける。

「ハイブリッド指数」=《72》
6_2

サンライズノヴァは根岸Sで上がり3位をマークしてハナ差2着。

上がり3位をマーク
2_3

東京コースは5戦3勝、2着1回と好相性。明け4歳馬で上積みが見込める。

「コース実績」=【3・1・0・1 】
3_2


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

【想定版HB新聞】京都記念、共同通信杯、クイーンC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で京都記念、共同通信杯、クイーンCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて上がり4位以内をマーク。京都外回り2400mほどではないにせよ、全コースの中で最も上がり順位が結果に直結しやすい舞台のひとつ。

過去5年の勝ち馬は上がり4位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」3番手以内の2頭が馬券絡みするのが基本パターン。京都外回り2200mは「推定後半3ハロン」重視だが、「推定前半3ハロン」上位の前残りも多い。そして、騎手、厩舎はリーディング上位に偏っている。4歳馬&5歳馬が圧倒しているのも特徴。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

レイデオロはジャパンCで上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
3_2

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《76》
4_2

返し馬を先入れして、テンションが上がらない工夫がなされている。

馬特記=「返馬先入」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レースセンスがよいので、乗り替わりも問題ないはず。今年初戦を白星で飾るか。

馬特記=「R振スム」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

東京新聞杯の【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

モズカッチャンはエリザベス女王杯で初G1制覇。

「ハイブリッド指数」=《70》
5_2

今回も得意の京都で戦えるのはよい。

「コース実績」=【1・0・2・0】
6_2

立ち回りが巧いので、内枠を引きたい。

レース特記=「内枠○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アルアインは秋2走は「ハイブリッド指数」=《60》と低迷しているが、菊花賞は道悪の3000mでバテたのは仕方ない面はある。

「ハイブリッド指数」=《60》
7_2

ディープ産駒だから、京都の軽い芝は向くはず。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」

4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

クロコスミアは5歳秋にして本格化。

「ハイブリッド指数」=《72》
8

ダッシュ力の速さ、スタミナが持ち味。

レース特記=「ダッシ○」「スタミ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

クリンチャーは菊花賞ではスタミナ勝負で強さを発揮。

レース特記=「渋馬場○」「スタミ○」「時計掛○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

馬体が絞れたのも好走の要因。大幅に馬体重が増えていないかは注意したい。

前回の休み明けの「馬体重」=526k(+10)
11

ディアドラは近走はすべて上がり3位以内をマーク。

近走はすべて上がり3位以内
9

上がりが掛かって欲しいタイプ。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」「上が速×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

休み明けは苦にならない。

「休み明け成績」=【2・0・0・0】
10


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

【想定版HB新聞】きさらぎ賞、東京新聞杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点できさらぎ賞、東京新聞杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近4年で「上がり最速馬」はすべて勝利。しかも、勝ち馬はすべて4角5番手以内で立ち回っている。後のG1戦線での活躍馬が多い。

近4年の勝ち馬は4角5番手以内→上がり1位
6
*画像は携帯版の【コメント新聞】

4年連続して「ハイブリッド指数」1番手が連対。近6年で「ハイブリッド指数」6番手以下で連対した馬はいない。そして、近8年で「推定後半3ハロン」1位は7頭が馬券絡みしている。実力差がストレートに反映されるレース。池江厩舎が6頭も絡んでいる。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では1番手、「中」より「内」。2番手であれば四隅。

近2年の「位置取りシート」
1_3
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ダノンマジェスティは初戦を余力十分に快勝。上がり最速33.0秒は上がり2位に0.5秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速33.0秒(上がり2位に0.5秒差)
1_2

レースラップのラスト3Fが11.3秒-11.2秒-11.0秒は秀逸。ディープ産駒らしい瞬発力がある。

レースラップのラスト3F11.3秒-11.2秒-11.0秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カツジはデイリー杯2歳Sで2着。

「ハイブリッド指数」=《49》
2_2

渋った馬場は苦にしない。2戦目でテンションがあがっていたので、落ち着きが欲しい。

レース特記=「渋馬場」「落着ほし」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

【直前情報】も参考にしたい。

シルクロードSの【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

グローリーヴェイズはこうやまき賞で上がり最速をマークして2着。

上がり最速をマーク
3_3

レースラップのラスト2Fが10.8秒-11.2秒と速く、差し届かなかったのは無理もない。新馬で手綱を取ったM.デムーロJ騎乗は魅力。

レースラップのラスト2F10.8秒-11.2秒

3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レッドレオンは初戦を上がりの掛かる馬場で勝利。ディープ産駒なので、良馬場の方がよいかもしれない。

レース特記=「上が掛○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ニホンピロタイドは新馬戦を好ダッシュから押し切り勝ち。

レース特記=「ダッシ○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、上がりが5位と速くない。外回りコースは微妙か。

上がり5位
4_2

ラセットは3戦連続して上がり最速をマーク。外回りコースは向くはず。大駆けを一考したい。

3戦連続して上がり最速をマーク
5_2


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

【想定版HB新聞】根岸S、シルクロードS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で根岸S、シルクロードSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の4頭が4角10番手以降から、上がり2位以内をマークして差し切り勝ち。速い上がりへ対応できるかがポイント。

4角10番手以降から4頭が差し切り勝ち
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

カフジテイクは2走前の武蔵野Sで上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
2_2

近2走は展開が不向きだったのも敗因のひとつ。

レース特記=「展開不向」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

東京コースは6戦3勝、3着2回の好成績。

「コース実績」=【3・0・2・1】
3_2

サンライズノヴァも東京コースは4戦3勝と好相性。

「コース実績」=【3・0・0・1】
4

年長馬が相手でも実力的には互角。

「ハイブリッド指数」=《71》
5

距離短縮で前進が見込める。

「距離実績」=【1・0・0・0】
6

キングズガードは近走は常に上位の上がりをマーク。

近4走で上がり最速が3回
7

ラストは確実に伸びてくるタイプ。

馬特記=「終い確実」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近2走は1800mが長かった。

レース特記=「距離長」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全8勝をあげる1400mへの距離短縮は好材料。

「距離実績」=【8・6・5・2】
8

アキトクレッセントは好メンバーのギャラクシーSを快勝。

「ハイブリッド指数」=《68》
9

東京コースも問題ない。

「コース実績」=【1・1・2・2】
10

ベストウォーリアは近走は「ハイブリッド指数」を《70》超えていない。

「ハイブリッド指数」=《69》
11

実績のある距離で一変できるかどうか。

「距離実績」=【3・2・0・1】
12

ブラゾンドゥリスはギャラクシーSで2着。「ハイブリッド指数」的には見劣る。

「ハイブリッド指数」=《67》
13

ノンコノユメは近走は成績は今イチ。しかしながら、「ハイブリッド指数」=《70》を超えており、一変の余地は十分ある。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
14


近3年すべて「ハイブリッド指数」1番手が勝利。そして、近6年の勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」5位以内。「推定後半3ハロン」1位が4勝をあげている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

5年前が3連複21点買いで「15560円」の万馬券。

★2013年の3連複万馬券★
1211
単勝 12.8×3000円=3万8400円
馬連 13.8×2000円=2万7400円
3連複 155.6×500円=7万7800円
購入1万7500円 払戻14万3600円

そして、4年前が3連複15点買いで「29140円」の2万馬券が的中。

★2014年の3連複2万馬券★
1211
単勝 7.5×5000円=3万7500円
3連複 291.4×500円=14万5700円
購入1万2500円 払戻18万3200円

過去5年で4回、的中している通り、「ハイブリッド指数」「推定後半3ハロン」で儲けやすいレース。

→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

【想定版HB新聞】AJCC、東海S

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でAJCC、東海Sを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。その一方、勝ち馬はすべて上がり6位以内をマーク。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内→上がり6位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定後半3ハロン」1位、2位で決着。全体的には「後半」系のレース。「ハイブリッド指数」1番手か、2番手は馬券絡みしている。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1_4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ミッキースワローはセントライト記念で上がり最速33.4秒をマークして勝利。

上がり最速33.4秒をマーク
3_3

しかも、レースラップのラスト2F11.3秒-11.0秒は秀逸。

レースラップのラスト2F11.3秒-11.0秒
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

馬場が荒れても問題ない。

馬特記=「渋馬場○」
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山コースは3戦2勝と好相性。

「コース実績」=【2・0・0・1】
4

ゴールドアクターも一昨年の有馬記念勝ちを含め、中山は得意としている。

「コース実績」=【4・1・1・2】
5

宝塚記念で2着したとおり、2200mも合っている。「ハイブリッド指数」=《70》超えと高い。

「ハイブリッド指数」=《74》
6

休み明けで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

京成杯の【直前情報】
3
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

レジェンドセラーは近4走で3勝してオープン入り。

「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇
7

ズブイ面があるので、中山コースがどうか。

レース特記=「ズブイ」「追い通し」「勝負モタ」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダンビュライトは中山では2戦ともに3着。

2000mの「距離実績」=【1・0・2・0】
8

行きたがる面があるので、中距離が向いている。M.デムーロJ騎乗は魅力。

レース特記=「掛り気味」「距離長」「距離○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


→先週分の無料サンプルはコチラから


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

【想定版HB新聞】京成杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で京成杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年はすべて前後差0.9秒以内の緩ペースにも関わらず、勝ち馬はすべて上がり3位以内をマーク。馬場が荒れてきているのか、直線が短い中山でも外差しが効いている。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり3位以内
2_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1~3番手の2頭が馬券絡みするケースが多い。そして、近5年連続して「推定後半3ハロン」1位が馬券絡みしている。皐月賞と同じ舞台ながらも、レースレベルは低めで、過去5年の3着内馬から本番で馬券絡みした馬はいない。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ジェネラーレウーノは未勝利、葉牡丹賞と逃げ切り勝ち。

「ハイブリッド指数」=《47》
3_3

レースラップのラスト1Fが12.0秒を要しており、あまり高評価はできない。

レースラップのラスト1F12.0秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コズミックフォースは2戦目の未勝利戦で初勝利。

「ハイブリッド指数」=《41》
1_4

加速が遅いタイプだから、直線が短い中山コースは微妙か。

レース特記=「加速遅い」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デルタバローズは新馬戦が2番手から、上がり最速をマークして0.7秒差V。

4角2番手→上がり最速
2_5

馬格があって、道悪は得意としている。

レース特記=「道悪○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

スラッシュメタルは初戦で「ハイブリッド指数」=《40》だから、京都2歳Sが力負けではない。

「ハイブリッド指数」=《40》
3_4

折り合いに課題があるので、長距離輸送でテンションが上がらないかがカギ。

レース特記=「掛り気味」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダブルシャープは朝日杯FSで9着。

「ハイブリッド指数」=《52》
4_3

上がりが掛かる中山は合うはず。

馬特記&レース特記=「上が速×」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

タイキフェルヴールはダートで2連勝。

「ハイブリッド指数」=《53》
5_2

ダートの方が向いているので、芝替わりはマイナス材料。

レース特記=「ダ向き」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

イェッツトは初戦のレースラップのラスト2Fが優秀。通用する可能性は十分ある。

レースラップのラスト2ハロン11.4秒-11.3秒
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦だから、【直前情報】も参考にしたい。

フェアリーSのの【直前情報】
Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2018年1月 4日 (木)

【想定版HB新聞】中山金杯

「ご新規」「再入会」などのお手続き■

いつもご利用ありがとうございます。1月分の継続会費の引き落としにて残高不足だった場合、IDを停止させて頂きます。

また、ハイブリッド新聞への「ご新規」の登録の方に限り、1ヶ月無料サービスがございます(お一人様、一度限り)ので、初回のお支払いにて2月末までご利用になれます。一度ご検討下さい。

・「ご新規」「再入会」などのサポートはコチラから
PC版 携帯版




■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で中山金杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角3~8番手で立ち回っている。そして、勝ち馬はすべて上がり5位以内をマーク。好位から抜け出すのが最も好走しているパターン。

過去5年の勝ち馬はすべて上がり5位以内
7
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近8年で「ハイブリッド指数」1番手は4勝、3着1回。4番手以内の2頭が3着以内に入るケースが6回もある。そして、勝ち馬の7頭までが「推定後半3ハロン」3位以内。全体的には「後半」系のレース。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

セダブリランテスはアルゼンチン共和国杯で3着。

「ハイブリッド指数」=《64》
8

デビューから4戦して、3着を外していない。

「全成績」=【3・0・1・0】
9

レースセンスがよいので、小回りの中山は向いている。

レース特記=「R振スム」「立回り○」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ウインブライトは福島記念でスプリングS以来となる重賞2勝目。「ハイブリッド指数」はセダブリランテスより、コチラの方が高い。

「ハイブリッド指数」=《69》
1_2

中山コースは4戦3連対。

「コース実績」=【2・1・0・1】
2_2

上がりの掛かる中山コースは向いている。

馬特記&レース特記=「上が速×」

2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダイワキャグニーも明け4歳馬で地力強化が著しい。

「ハイブリッド指数」=《69》
3_3

東京コースで4勝だが、今なら中山も克服できるはず。

「コース実績」=【0・0・0・1】
4_2

カデナは2走前は距離が長く、前走は道悪が敗因。

レース特記=「距離長」「ノメル」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

実績のある距離、良馬場なら見直せるか。

「距離実績」=【2・1・0・2】
5_2

ブラックバゴは近3走すべて上がり2位以内と堅実。

すべて上がり2位以内

6

出遅れ癖がネックとなるので、展開がハマるかどうか。

レース特記=「スタ悪い」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デニムアンドルビーはチャレンジCで2着は立派。

「ハイブリッド指数」=《68》
7_2

ただし、器用さがないのがネック。

馬特記&レース特記=「勝負モタ」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

小回りの中山コースでは実績がない。

「コース実績」=【0・0・0・4】
8_2


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年12月26日 (火)

【想定版HB新聞】ホープフルS

■火曜の時点で「想定版」の新聞を公開■

火曜の夜時点でホープフルSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年はレイデオロが上がり最速をマークして差し切り勝ち。近2年は上がり1位&2位がワン・ツーを決めている。

近2年の勝ち馬は上がり2位以内
2_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「後半」系のレース。兎に角、外国人騎手の活躍が目立つ。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

15番ジャンダルムはデイリー杯2歳Sでは4角4番手から、上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
3_2

内を突いた鞍上の好判断も光った。

レース内容
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1600mで2戦2勝。

1600mの「距離実績」=【2・0・0・0】
4_2

距離が延びてよいタイプではないかもしれない。

レース特記=「距離○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

7番タイムフライヤーは京都2歳Sで上がり2位をマーク。

近4走すべて上がり2位以内
5_2

レースラップのラスト2Fが11.3秒-11.7秒と速い。

レースラップのラスト2F11秒.3-11.7秒
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

デビューから4戦2勝、2着2回とパーフェクト連対。

「全成績」=【2・2・0・0】
6_2

2000mを経験できたのは大きい。

「距離実績」=【0・1・0・0】
7_2

10番ルーカスは東京スポーツ杯2歳Sで2着。上位の1頭ではある。

「ハイブリッド指数」=《48》
8_2

11番フラットレーは新馬戦を圧勝。

「ハイブリッド指数」=《43》
9_2

アイビーSは道悪が堪えたもの。良馬場なら見直せる。

レース特記=「道悪×」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番サンリヴァルは芙蓉Sで上がり最速をマークして勝利。

上がり最速をマーク
10_3

レースラップのラスト2F11.1秒-11.5秒は高評価できる。

レースラップのラスト2F11.1秒-11.5秒
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

中山のオープン特別を勝っているのは大きな強み。

「コース実績」=【1・0・0・0】
11_2

3ヶ月ぶりで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

有馬記念の【直前情報】
2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

8番シャルルマーニュは東京スポーツ杯2歳Sで3着。1000m通過が58.5秒と速く、先行勢に厳しい流れを粘り込んだ。

1000m通過=58.5秒
レース特記=「展開厳い」

8
*画像はPC版の【コメント新聞】

5戦して3着を外していない。先行力があるので、中山コースは向くはず。

「全成績」=【1・2・2・0】
12

12番ジュンヴァルロは黄菊賞は1000m通過が61.1秒のマイペース逃げ。展開に助けられた面が大きい。

1000m通過=61.1秒
9
*画像はPC版の【コメント新聞】

5番トラインは初戦のレースラップのラスト2F11.1秒-11.4秒は優秀。ディープ産駒らしい瞬発力を秘めている。

レースラップのラスト2F11.1秒-11.4秒
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番ステイフーリッシュも初戦のレースラップのラスト2F11.1秒-11.3秒と速い。

レースラップのラスト2F11.1秒-11.3秒
11
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

キャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣の判断が重要。その判断方法のひとつが【ハイブリッド新聞】"上がり2位に何秒差の上がり最速"をマークしたかどうか。

初戦は上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
2_2

そして、もうひとつが【コメント新聞】"レースラップのラスト2Fが11秒台前半"かどうか。この2点で上がりの優劣が判断し易い。

初戦のレースラップのラスト2F11.2秒-11.3秒
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年12月21日 (木)

【想定版HB新聞】有馬記念

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で有馬記念を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近4年の勝ち馬は4角2~3番手で立ち回っている。2周目の4角では先団に取り付く必要がある。2番キタサンブラックにとっては好データ。

近4年の勝ち馬は4角2~3番手
2_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手は5頭が3着以内。連対馬の10頭が「ハイブリッド指数」5番手以内に該当している。そして、「推定後半3ハロン」1位は6頭が3着以内。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

2番キタサンブラックはジャパンCで3着。前後半36.3秒-35.1秒、後傾1.2秒のスローペースの瞬発力勝負では分が悪かったか。

前後半36.3秒-35.1秒(後傾1.2秒のスローペース)

3_6

コンスタントに「ハイブリッド指数」は《77》をマーク。

「ハイブリッド指数」=《77》
4_4

3歳時から常に一線級相手に戦って、オープンで3着を2回しか外していない。中山へのコース替わりも問題なし。

「クラス成績」=【9・2・4・2】
「コース実績」=【2・1・2・0】
5_5

他馬が苦にする分、馬場が荒れてきたのは歓迎。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

あとは秋2戦の激走の反動がないかだけ。【直前情報】も参考にしたい。

朝日杯FSの【直前情報】
Photo_36
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

14番スワーヴリチャードはアルゼンチン共和国杯で上がり最速をマークして0.4差V。「ハイブリッド指数」は一気に《70》を超えてきた。

上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《73》

6_2

デビューから連対を外したのは皐月賞だけ。年長馬の一線級とも互角の実力がある。課題はコース適性と外枠。

「全成績」=【3・3・0・1】
「コース実績」=【0・0・0・1】
7_3

馬格があるので、馬場が荒れても問題ない。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「荒馬場○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番シュヴァルグランはジャパンCで過去最高のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《78》
8

スタミナが武器なので、距離延長は歓迎。引き続き上位争い。

馬特記&レース特記=「スタミ○」
3_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番ミッキークイーンはエリザベス女王杯で上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク

9

展開が向かなかったのが惜しい。

レース特記=「展開不向」
4_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ただし、5歳牝馬で上積みは望み辛い。

「ハイブリッド指数」=《73》

10

12番サトノクラウンはジャパンCで大敗。天皇賞(秋)のダメージがあったはず。

「ハイブリッド指数」=《76》
1_5

成績にムラのあるタイプだから、大敗を気にする必要はない。中山では弥生賞勝ちがあるので、ジャパンCより条件はよい。

「全成績」=【6・1・1・6】
「コース実績」=【1・0・0・1】
2_8

7番シャケトラは近走は先行して大敗。レースぶりに心境が欲しい。

レース特記=「掛り気味」「スタ悪い」「スム欠く」

5_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番ヤマカツエースは昨年の有馬記念で4着。中山で重賞2勝とコース適性は高い。

「コース実績」=【2・0・0・1】

3_7

8番レインボーラインは天皇賞(秋)で13人気で3着に好走して、3連複万馬券を演出。

枠連1点&3連複万馬券
4911
枠連 8.0×2万円=16万円
3連複 152.9×200円=30万5800円
購入7万4000円 払戻46万5800円

近2走は上々のパフォーマンス。

「ハイブリッド指数」=《72》
4_5

有馬記念はステイゴールド産駒が強いレース。上がりが掛かれば出番があってよい。

レース特記=「上が掛○」「スタミ○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年12月14日 (木)

【想定版HB新聞】朝日杯FS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で朝日杯FSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

14年に中山1600m→阪神外回り1600mへ変更。近3年の勝ち馬はすべて4角12番手以降から、上がり2位以内をマーク。開催後半で馬場の内が荒れてきて、差し&追い込み馬が圧倒している。

近3年の勝ち馬は4角12番手以降→上がり2位以内
3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年で「ハイブリッド指数」1番手が2着2回。連対馬の4頭が「推定後半3ハロン」5位以内に該当している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ダノンプレミアムはサウジアラビアRCを2歳コースレコードで快勝。

「ハイブリッド指数」=《54》
4_2

馬格があるので、重い芝は得意としている。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

阪神で新馬戦を勝っており、コース替わりも問題ない。

「コース実績」=【1・0・0・0】
5_2

タワーオブロンドンは3走連続して上がり最速をマーク。

3走連続して上がり最速をマーク

6_2

京王杯2歳Sはレースラップのラスト3ハロンはすべて11秒台と優秀。

レースラップのラスト2ハロン11.1秒-11.5秒
馬特記&レース特記=「上が速○」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

4戦3勝、2着1回と底を見せていない。

「全成績」=【3・1・0・0】
7_2

ステルヴィオはサウジアラビアRCで上がり最速をマーク。上がり2位に0.7秒差で抜けて速かったほど。

上がり最速(上がり2位に0.7秒差)
8_2

レースラップのラスト1F11秒台を追い込んでおり、まだ余力を残した内容。

レースラップのラスト1F11.7秒
レース特記=「余力あり」

6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3戦2勝、2着1回とパーフェクト連対。

「全成績」=【2・1・0・0】
9_2

ダノンスマッシュは2走続けて上がり最速をマーク。

2走続けて上がり最速をマーク
1_2

いずれも楽勝だから、G1でもチャンスはある。

レース特記=「完勝」「直余力有」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

フロンティアは新潟2歳Sを勝利。

「ハイブリッド指数」=《51》
2

折り合い次第で巻き返しがあってよい。

レース特記=「掛り気味」
8
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

アサクサゲンキは先行有利流れにも関わらず、タワーオブロンドンに完敗。

前後半36.0秒-33.8秒(後傾2.2秒のスローペース)
3_2

スピードが勝ったタイプなので、距離が延びてよいとは思えない。

レース特記=「ダッシ○」「先行力○」
9
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

カシアスは行きたがる面がある。京王杯2歳Sからの距離延長はマイナス。

レース特記=「行たがる」「距離長」
10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ケイアイノーテックのデイリー杯2歳Sは余裕残しの仕上げ。

「馬体重」=472k(+22)
4_3

新馬戦は阪神1600mで上がり最速33.5秒をマーク。前走が力負けではない。

上がり最速33.5秒
5_3


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年12月 7日 (木)

【想定版HB新聞】阪神JF

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で阪神JFを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年すべて前傾ラップ。短距離戦からの参戦馬が多く、ペースが速くなりやすい。1600m以上の距離経験は大きな強みとなる。

過去5年すべて前傾ラップ
4_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」5番手以下で勝利したのは2頭のみ。13年、16年が「推定後半3ハロン」1位、2位のワン・ツー。「推定後半3ハロン」1位は4連対、勝ち馬はすべて「推定後半3ハロン」4位以内に該当している。勝ち馬は5番人気以内。実力通りに決まりやすい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

2_2
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

昨年は「山元トレセン」帰りのソウルスターリングが勝利。社台系の外厩なら、休み明け、長距離輸送も問題ない。

「山元トレセン」からの放牧帰り
1_6
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


「位置取りシート」的には勝ち馬は1番手から。

近2年の「位置取りシート」
3_4

「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ロックディスタウンは札幌2歳Sを牡馬相手に勝利。夏の時点で「ハイブリッド指数」=《50》超えは優秀。

「ハイブリッド指数」=《51》
5_2

レースセンスがよいので、初めての阪神コースも問題ないはず。

レース特記=「R振スム」
1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ラッキーライラックはアルテミスSで上がり最速をマークして勝利。

4角3番手→上がり最速をマーク
「ハイブリッド指数」=《49》

6_2

牝馬にしては馬格があるので、重い馬場は問題ない。

レース特記=「荒馬場○」

1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

コーディエライトは新潟2歳S、ファンタジーSでSペースで逃げて2着。

後傾1.4秒以上のスローペース
7

デビューから4戦して3着を外していない点は高評価できる。

「全成績」=【1・2・1・0】
8

ソシアルクラブは牝馬限定の新馬戦で上がり最速をマークして勝利。

牝馬限定で上がり最速をマーク
9_2

レースラップのラスト1ハロンが11.6秒と速く、この馬自身はラスト10秒台。母ブエナビスタから高い瞬発力を受け継いでいる。

レースラップのラスト1F11.6秒
レース特記=「直余力有」

2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マウレアは新馬、赤松賞を連勝。

「ハイブリッド指数」=《49》
10

上がりの速い決着は得意としている。

レース特記=「上が速○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サヤカチャンはアルテミスSで2着。決して先行馬に有利なペースでもなく、マイペースで逃げれば渋太い。

前後半35.4秒-35.1秒(後傾0.3秒のミドルペース)
1_7

リリーノーブルは1600mを2連勝。

「距離実績」=【2・0・0・0】
2_4

前走は重賞級のパフォーマンス。中1週のローテーションがどうか。

「ハイブリッド指数」=《51》
3_5


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

【想定版HB新聞】チャンピオンズC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でチャンピオンズCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近3年の勝ち馬の2頭が4角6番手以内。一方、勝ち馬はすべて上がり6位以内。展開、ペースに大きく左右されやすい。

4角6番手以内→上がり6位以内が好走パターン
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近2年は「推定後半3ハロン」1位が2着。14年のホッコータルマエ(1着)、16年のアウォーディー(2着)と前後半5傑入りも2連対している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

14番サウンドトゥルー はチャンピオンズCで2年連続して馬券絡み。中京コースは好相性。

「コース実績」=【2・0・1・0】

2_2

レースセンスがよく、スタミナがある。

レース特記=「R振スム」「スタミ○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

JBCクラシックを快勝して、昨年からの衰えは感じられない。地方交流重賞のレベルは「ハイブリッド指数」を参考にしたい。

地方交流重賞の「ハイブリッド指数」=《75》
3_2

13番テイエムジンソクのみやこSは前後半35.5秒-37.4秒、前傾1.9秒のハイペースを早め先頭から押し切ったのは立派。

「ハイブリッド指数」=《75》
前後半35.5秒-37.4秒(前傾1.9秒のハイペース)

4_2

近走は高いレベルで安定している。G1でも実力は通用してよい。

「ハイブリッド指数」=《70》超えを連発
5_2

11番アウォーディーはドバイ遠征後の近2走は低迷気味。

「ハイブリッド指数」=《70》
6_2

頭の高い走りで、集中力を欠いている。

レース特記=「R頭高い」「追頭上る」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

3戦3連対の1800mで前進できるかどうか。

「距離実績」=【2・1・0・0】
7

2番ケイティブレイブも1800mでは3着を外していない。

「全成績」=【2・3・2・0】
8

近走は高いレベルで安定しており、勝ち負けできてよい。

近4走すべて「ハイブリッド指数」=《70》超え
1_3

7番ロンドンタウンはエルムSを勝って、コリアCで海外G1制覇

「ハイブリッド指数」=《71》
2_3

スピードがあるので、馬場は渋って欲しかったか。

馬特記=「乾ダ×」「脚抜ダ○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

海外遠征帰りで仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

ジャパンCの【直前情報】
Photo
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

12番カフジテイクは武蔵野Sで5着止まりも、上がりは最速をマーク。

上がり最速
3_3

ラストは確実に伸びてくるタイプ。展開ひとつで出番があってよい。

「上がり3位内率」=《80%》
4_3

4番ノンコノユメは全盛期の末脚には一息。

近4走は上がり2位が最高
5_3

パドックで歯ぎしりするなど、集中力を欠いている。

レース特記=「歯ぎしり」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

10番キングズガードはみやこSで上がり最速をマーク。

近4走で上がり最速を3回マーク
6_3

久々の1800mを克服できたのは収穫。

「距離実績」=【0・1・1・0】
7_2

1番コパノリッキーはJBCスプリントで2着。出遅れ、初距離を克服して、底力を証明。

レース内容
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

今回は最内枠から先手を奪うか。一気の距離延長は微妙だが、1800mでも実績はある。

「距離実績」=【3・0・0・5】
8_2

昨年は「推定後半3ハロン」1位のアウォーディーが2着。

昨年の「推定3ハロン」
Photo_23
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

3連複万馬券が的中。今年も一筋縄では収まらないはず。

★3連複万馬券★
4211_2
3連複 111.8×2000円=22万3600円
購入6万4000円 払戻22万3600円


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

【想定版HB新聞】ジャパンC

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でジャパンCを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年で後傾ラップが4回。天皇賞(秋)から2ハロン長い距離が意識されてか、道中のペースはほとんど上がらず、上がり33秒台の瞬発力勝負となりやすい。

過去5年の勝ち馬の3頭が上がり32~33秒台
3_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「ハイブリッド指数」1番手は5頭が3着以内。勝ち馬の4頭が「ハイブリッド指数」3番手以内に該当。「推定後半3ハロン」4位以内が2頭、3着以内に絡むケースが5回ある。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」的には「最内」が好走する傾向にある。

近2年の「位置取りシート」
6_4
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


4番キタサンブラックは不良馬場の天皇賞(秋)を出遅れながらも勝利。レースラップのラスト1ハロン14.0秒を要したほど。

レース特記=「スタ悪い」「道悪○」
レースラップのラスト1ハロン14.0秒

1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

現役最強馬であるのは間違いない。

「ハイブリッド指数」=《70》台後半
4_3

東京コースは5戦4勝と好相性。

「コース実績」=【4・0・0・1】
5_3

昨年は京都大賞典から短期放牧を挟んだのに対して、今年は天皇賞(秋)後も自厩舎で調整している点がどうか。

昨年の「外厩シート」
Photo
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


不良馬場を激走の反動がないか、【直前情報】は確認したい。

マイルCSの【直前情報】
1
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

2番レイデオロは神戸新聞杯は4角3番手から、上がり2位をマークして0.3秒差で完勝。「ハイブリッド指数」は一気に《70》へ到達。

「ハイブリッド指数」=《70》
6_3

春よりレースぶりに心境がみられる。

レース特記=「完勝」「R振スム」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全6戦5勝で敗れたのは皐月賞だけ。2キロの斤量差があれば、上位争いできるはず。

「全成績」=【5・0・0・1】

7_3

12番サトノクラウンは天皇賞(秋)で4番キタサンブラックに敗れはしたが、国内外のG1・2勝の実力は示した。

「ハイブリッド指数」=《76》
8_2

瞬発力勝負は得意ではないので、馬場は渋った方がよいタイプ。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「道悪○」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

1番シュヴァルグランは京都大賞典はスムーズさを欠いて3着。

レース内容
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

レコード決着の天皇賞(春)は示す通り、G1を勝てる実力はある。

「ハイブリッド指数」=《76》
9_2

2400mでは6戦して3着を外しておらず、長距離戦の末脚勝負は大歓迎。

「距離実績」=【3・1・2・0】
1_4

8番ソウルスターリングも天皇賞(秋)はスムーズさを欠いたので、力負けではない。

レース特記=「スタ悪い」「ゴチャ」「スム欠く」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

オークスの「ハイブリッド指数」は2番レイデオロに遜色ない。まだ底を見せていない。

「ハイブリッド指数」=《67》
2_3

11番マカヒキは天皇賞(秋)で5着だが、着差が離されているので高評価はできない。

「ハイブリッド指数」=《67》
3_4

近2走は出遅れるなど、レースぶりが粗削り。

レース特記=「スタ悪い」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番レインボーラインは天皇賞(秋)は13人気で3着。枠連「800円」、3連複「15290円」46万円超えの払い戻しに貢献してくれた。

★今年の枠連1点&3連複万馬券★
4911
枠連 8.0×2万円=16万円
3連複 152.9×2000円=30万5800円
購入7万4000円 払戻46万5800円

やはり「ノーザンFしがらき」からの放牧帰りの人気薄には要注意。

天皇賞(秋)の「外厩シート」
2
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


渋った馬場が大得意なので、良馬場の上がり勝負では割引が必要。

レース特記=「道悪○」「渋馬場○「上が掛○」
7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番シャケトラは15着に大敗だが、逆にレースをしていない分、反動はないはず。日経賞のパフォーマンスが強烈。

「ハイブリッド指数」=《71》

4_4

距離延長で前進が見込める。

「距離実績」=【1・1・0・0】
5_4


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

【想定版HB新聞】マイルCS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でマイルCSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年はミッキーアイルが逃げ切ったとはいえ、その他の勝ち馬の4頭は上がり3位以内。京都外回りコースらしく、上位の上がりが必要となる。

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり3位以内
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「推定後半3ハロン」1位の3頭、2位の4頭が馬券絡み。「ハイブリッド指数」1番手の4頭が馬券絡みしているとはいえ、展開、枠順、コース取りに左右されやすい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

Photo
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

エアスピネルは富士Sを快勝。「ハイブリッド指数」的にはG1を勝っても不思議ではない実力がある。

「ハイブリッド指数」=《75》
2_2

時計勝負&瞬発力勝負、道悪とも問題なく、上位争いには加わるはず。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「道悪」
1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

全14戦で掲示板を外したことがない堅実派。

「全成績」=【4・2・3・5】
3_2

8戦4勝の1600mがベスト。

「距離実績」=【4・2・1・1】
4_2

そして、京都では3着を外していない。

「コース実績」=【2・1・1・0】
5_2

イスラボニータも互角の実力がある。

「ハイブリッド指数」=《70》台前半
6

時計、上がりの速い決着にも対応できる。

馬特記&レース特記=「時計速○」「上が速○」
2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

エアスピネルと同様、京都で3着を外していない。

「コース実績」=【1・1・1・0】
7

レッドファルクスはスプリンターズSを連覇。1600mは安田記念で克服している。

「ハイブリッド指数」=《74》
8

この馬も時計、上がりの速い決着にも対応できる。勝ち切るまではどうかも、この馬も上位争いには加わるはず。

馬特記&レース特記=「上が速○」「時計掛○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

サトノアラジンの天皇賞(秋)は苦手な道悪で直線は追うのを止めていたので参考外。

レース特記=「直追止め」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

安田記念、毎日王冠で上がり最速をマーク。良馬場なら巻き返せるはず。

上がり最速をマーク
9

ペルシアンナイトは皐月賞で2着の地力は上位。この敗戦だけで見限れない。

「ハイブリッド指数」=《66》
10

同厩舎の2頭出しは人気薄に要注意。

同厩舎の2頭出しは四角囲みで表示
4_3

サングレーザーは500万条件から4連勝で初重賞制覇。しかも、すべて上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
11

瞬発力のあるディープ産駒だから、良馬場の方がよい。1ハロンの距離延長がどうか。

レース特記=「適距離」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

マルターズアポジーは関屋記念を逃げ切り勝ち。

「ハイブリッド指数」=《71》
1_3

京成杯AHも前半34秒台のハイラップだったので、2着と0.3秒差は負けて強の内容。

前半34秒台のハイラップ

2_3

デビューから23戦で他馬に先手を譲ったことがない。単騎逃げを警戒。

「4角5番手内率」=《100%》

3_3


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

【想定版HB新聞】エリザベス女王杯

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でエリザベス女王杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬はすべて4角6~9番手。そして、上がり5位以内をマーク。外回り2400mほどではないにせよ、上がり順位が結果に直結しやすい。

過去5年の勝ち馬は4角6~9番手→上がり5位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

昨年は「推定後半3ハロン」1位のミッキークイーンが3着。「推定前半3ハロン」1位のシングウィズジョイが12人気の人気薄で3連複が2万馬券。2年連続、万馬券なるか。

「推定3ハロン」上位で決着
3f_6
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

★3連複2万馬券★
5411_2
3連複 206.8×1000円=20万6800円
購入5万7000円 払戻20万6800円

2010年は「ハイブリッド指数」1~3番手で決着。近7年で「ハイブリッド指数」1番手は5頭が馬券絡み。全体的には「推定後半3ハロン」が好走している。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

ヴィブロスはドバイ遠征帰り初戦の府中牝馬Sで2着。勝ち馬とは2キロの斤量差があったので、「ハイブリッド指数」はコチラの方が高い。

「ハイブリッド指数」=《73》
3_2

レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.5秒だから、届かなかったのも無理はない。

レースラップのラスト2ハロン11.0秒-11.5秒

1
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

小柄なディープ産駒の牝馬だから、上がりの速い決着は得意。

馬特記&レース特記=「上が速○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

京都は3戦2勝、2着1回とベスト。

「コース実績」=【2・1・0・0】
4_2

スマートレイアーは鳴尾記念、京都大賞典で牡馬相手に上がり最速をマーク。

上がり最速をマーク
5_2

7歳でも年齢的な衰えは感じられない。立ち回りが巧いので、内枠を引きたい。

レース特記=「立回り○」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ミッキークイーンは宝塚記念で上がり3位をマークして3着。

上がり3位をマーク
6_2

全15戦で3着を3回しか外していない。

「全成績」=【5・5・2・3】
7_2

仕上がりがどうか。【直前情報】も参考にしたい。

天皇賞(秋)の【直前情報】
1_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

ルージュバックはオールカマーを快勝。牝馬同士なら実力は上位。

「ハイブリッド指数」=《71》
8_3

「ノーザンF天栄」からの放牧帰り時は走る。短期放牧を挟んだかどうかが最重要。

オールカマーの「外厩シート」
Photo
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


ディアドラは秋華賞で上がり最速をマークして差し切り勝ち。

3冠すべて上がり最速をマーク

9_2

馬場、展開が向いたとはいえ、3冠すべてで上がり最速をマークは立派。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

京都では5戦すべて3着以内に好走している。

「コース実績」=【2・1・2・0】
10_2

モズカッチャンは秋華賞では落鉄しながら3着。

レース特記=「落鉄」
5
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

しかも、先行馬に厳しい流れを早め先頭から粘った内容は濃い。

前後半35.6秒-37.0秒(前傾1.4秒のハイペース)
11_2

レースセンスがよいので、内枠で内を立ち回りたい。

レース特記=「立回り○」
6
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

リスグラシューはラストは確実に伸びてくるタイプ。

レース特記=「終い確実」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

不良馬場の秋華賞で好走しているとはいえ、本来は良馬場の方がよい。

馬特記=「芝軽い○」「時計速○」

8_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

秋3走目でディアドラより上積みは大きい。中間に短期放牧を挟んだのは好印象。

「ノーザンFしがらき」からの放牧帰り
9
「外厩シート」の購入方法はコチラから
→「外厩シート」の見方はコチラから
コンビニでのみ販売中


クイーンズリングは府中牝馬Sで4着。昨年は上がり2位だから、今年の上がり4位はやや物足りない。

上がり4位をマーク
12

クロコスミアは府中牝馬Sで初重賞挑戦。展開が向いた面は大きい。今回もマイペースで逃げられるかどうか。

レース特記=「展開向く」

10
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (2)

2017年11月 1日 (水)

【想定版HB新聞】アルゼンチン共和国杯

■木曜(今週は水曜)時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点でアルゼンチン共和国杯を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

【想定版HB新聞】天皇賞(秋)

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で天皇賞(秋)を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の4頭が上がり33秒台。そして、「上がり最速馬」が3勝をあげている。7番キタサンブラックは、この点をクリアできるかどうか。馬場が何処まで回復するかもポイント。

上位の上がりをマークできるタイプが好走
1
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「推定後半3ハロン」1位が4連対。連対馬14頭中、11頭までが「推定後半3ハロン」5位以内に該当している。東京コースらしく、上位の上がりは必要不可欠。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

1
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

7番キタサンブラックは大阪杯、天皇賞(春)とG1を2連勝。

「ハイブリッド指数」=《78》
2

スタミナが武器で、距離が延びるほどよいタイプ。

馬特記&レース特記=「スタミ○」

3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

とはいえ、2000mでも実績はある。

「距離実績」=【2・1・1・1】
4

休み明けを割り引く必要はない。

「休み明け成績」=【3・1・0・0】
5

4番リアルスティールは毎日王冠を快勝。昨年の天皇賞(秋)では2着と好走。

「ハイブリッド指数」=《74》
6

ディープ産駒らしく、上がりの速い決着は得意。適条件で国内初のG1制覇を狙う。

馬特記&レース特記=「上が速○」

7
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

14番サトノアラジンは毎日王冠で58キロを背負って、上がり最速32.6秒をマークは立派。

上がり最速32.6秒
8

この馬もディープ産駒で、上がりの速い決着は得意。

馬特記&レース特記=「上が速○」

9_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

良馬場では末脚が安定しており、距離延長にも対応できるはず。道悪がどうか。

「距離実績」=【2・0・1・0】
10

13番グレーターロンドンは毎日王冠を含めて、近4走中で上がり最速を3回マーク。

近4走中で上がり最速を3回
11

キャリアは9戦と浅く、まだ底を見せていない。

「全成績」=【6・1・1・1】
12

2番サトノクラウンは宝塚記念で国内G1初制覇。

「ハイブリッド指数」=《76》
13

直線が長いコース、渋った馬場が向いている。距離も2000m前後がベスト。

馬特記&レース特記=「渋馬場○」「直長向き」「距離○」
14
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

9番ソウルスターリングは毎日王冠で8着。瞬発力勝負が敗因のひとつ。

馬特記&レース特記=「上が速×」
1_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

まだ成長の余地が大きいので、巻き返しに注意したい。

「ハイブリッド指数」=《68》
2_2

12番ステファノスは天皇賞(秋)は一昨年が2着、昨年が3着。G1でも能力は通用する。

「ハイブリッド指数」=《75》

3_2

2000mは6戦して2着3回、3着1回の実績がある。

「距離実績」=【0・3・1・2】
4_2

15番マカヒキは毎日王冠で6着。着順は一息とはいえ、近走はすべて「ハイブリッド指数」=《70》超。まだ見限るのは早いか。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
5_2

18番シャケトラはスタミナがあって、時計が掛かった方がよいタイプ。距離短縮はプラスとは言えない。

馬特記&レース特記=「スタミ○」

6_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

5番ヤマカツエースは全7勝中、4勝を2000mであげている。

「距離実績」=【4・0・3・4】
7_3

G1を勝てるレベルにまで到達している。大駆けの可能性は十分。

「ハイブリッド指数」=《75》
8_2

昨年は「推定後半3ハロン」1位→4位で決着。

「推定後半3ハロン」1位、4位で決着
3f_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

馬単「3700円」&3連単「32400円」ともに的中して、約34万円の払い戻し。果たして2年連続、的中なるか。

★馬単&3連単3万馬券★
4911
馬単 37.0×5000円=18万5000円
3連単 324.0×500円=16万2000円
購入5万1000円 払戻34万7000円


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

【想定版HB新聞】菊花賞

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で菊花賞を含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

過去5年の勝ち馬の4頭が2周目の4角を5番手以内で立ち回っている。そして、勝ち馬はすべて上がり最速をマーク。2周目の3角から押し上げて、4角では5番手以内が勝利の条件といえる。

過去5年の勝ち馬は上がり2位以内
2_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

近7年で「ハイブリッド指数」1番手が4勝、2着1回、3着1回。1番手&2番手ともに馬券絡みした年も3回。距離適性より、実力が反映されやすい。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では、一昨年は「内」2番手のキタサンブラック、昨年は「内」1番手のサトノダイヤモンドが勝利している(→詳しい記事はコチラから)。

「内」が好走の傾向
10
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論

16番アルアインの秋初戦はセントライト記念で2着。勝ち馬には瞬発力で見劣ったが、本番へ向けては悲観する内容ではない。

レース内容
2_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

皐月賞をレコード勝ちの実力は上位。

「ハイブリッド指数」=《65》
3_4

ディープ産駒ながら、馬場が渋っても問題ないタイプ。ルメールJが続けて騎乗するのは大きい。

馬特記=「渋馬場○」
3_2
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

13番キセキは神戸新聞杯で2着。3戦連続して上がり最速をマークしている。

3戦連続して上がり最速
4_3

折り合いが難しいので、距離延長に対応できるかどうか。スタートは巧くないので、奇数枠は歓迎とはいえない。

レース特記=「スタ悪い」「掛り気味」
1_4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

前走で減っていた馬体も気になる。

「馬体重」=486k(-12)
5_2

12番ミッキースワローはセントライト記念を上がり最速33.4秒で差し切り勝ち。

上がり最速33.4秒
1_5

レースラップのラスト1ハロン11.0秒だから、自身は10秒台。G1でも末脚は通用してよい。

レースラップのラスト1ハロン11.0秒
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

15番ダンビュライトは勝ち味に遅いタイプだが、強敵相手に常に善戦している。

「ハイブリッド指数」=《60》超え
2_5

馬場が渋るのは歓迎のクチ。

馬特記=「渋馬場○」「スタミ○」