« 【HB新聞】シルクロードSを攻略するツボ | トップページ | 【HB新聞】根岸Sを攻略するツボ »

2019年1月26日 (土)

【データパック】東京開催が開幕!ダート1400mの「推定3ハロン」傾向は?

■東京開催が開幕!ダート1400mの「推定3ハロン」傾向は?■

早いもので年が明けて最初の開催(7日)が終了。今週から関東は東京競馬場に舞台を移します。そして、日曜の重賞はダート1400mで行われる根岸S。このコースの「推定3ハロン」傾向を見ていきましょう。

今回も「TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)」に、ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んで、「推定3ハロン」上位馬の成績を分析します。

いつも通り、メインメニューの「レース検索」を開きます。
1802220


まずは、レース検索条件ですが、「場所」→「東京」、「コース」→「ダ-ト」にチェックを入れます。さらに、「距離」を1400m~1400mとして、完了したら、画面下部の「次へ」。

20190124_02


「確定着順」の範囲は「全」をクリックして、最下部の「次」へ。

20190124_03


「検索範囲」は過去5年分としましょう。選択したら検索実行。

20190124_04


これで2014年1月1日以降の東京ダート1400mで行われた全レースを抽出することができました。

まずは、「推定前半3ハロン」の傾向を見ていきましょう。「ファイル」→「外部指数の読み込み」→「推定前半3ハロン」で、読み込み。完了したら「項目集計」→「外部指数順位」を開きます。

20190124_05


勝率が10%を超えているのは1位のみ。2~3位はほぼ同水準で、単複ともに回収率はまずまず高い数字が出ています。

ここでは、1~3位に照準を絞って掘り下げていきましょう。

画面下の方にある「1~3位」を右クリックして「該当データの一覧」を押すと当該データを展開できます。展開したら、「項目集計」→「クラス」でクラス別成績を見ることができます。

20190124_06


クラス別成績で、勝率・連対率・複勝率が全て1位なのが新馬。複勝回収率90%も高い水準ですが、単勝回収率は61%と低め。平均人気=2.9番人気が示すように、他のクラスと比べて圧倒的に人気になりやすく、買い方の工夫が必要となりそうです。

好走率と回収率のバランスが良いのは未勝利と1000万下。1600万下は実力が均衡していて、単勝回収率こそ低いですが、複勝回収率98%が示すように安定感はまずまず。

GⅢ(=根岸S)は1勝・2着1回のみ。好走したのは16年1着モーニンと17年2着ベストウォーリアのみ。

20190124_07


どちらも次走のフェブラリーSでは連対しており、“原則的に根岸Sにおける「推定前半3ハロン」1~2位は有利ではないですが、もし連対したらフェブラリーSでも注目”と捉えるのが良いでしょう。

続いては、前走着順別で見てみましょう。「項目集計」→「前走着順(確定)」を選択し、前走読込ボタンを押します。

20190124_08


ダントツで高いのが前走2着。そして、3・4・5着という順に右肩下がりとなっていますが、上位着順の中で最も低いのは前走1着(≒昇級初戦)という結果になりました。気になるので展開して「項目集計」→「前走コース」を見てみましょう。

20190124_09


同コース(東京ダ1400m)だった場合は勝率15.4%、連対率・複勝率もまずまずで、単複ともに回収率は100%。そして東京ダ1600mにいたっては、9戦6連対(4勝)で単勝回収率は515%もあります。

しかし、中山ダ1200mは26戦して僅か2連対(1勝)で、惨憺たる成績。その他も、概ね距離延長で挑んで来た馬(=短距離をスピードで押し切った馬の昇級初戦)が凡走しまくっていると言えます。

ざっくりと、前走が東京で1着だった「推定前半3ハロン」1~3位は買いですが、その他のコースだった場合は割引を徹底した方が良いでしょう。

続いては、「推定後半3ハロン」について見ていきましょう。戻って、「ファイル」→「外部指数の読み込み」→「推定後半3ハロン」。そして、「項目集計」→「外部指数順位」。

20190124_10


1~2位が勝率10%を超えており、2位の単勝回収率97%は高い水準。3~4位は僅かに4位の方が上回っていますが、ほぼ互角の数字と捉えていいでしょう。ここからは1~2位に照準を絞って掘っていきましょう。

画面下の方にある「1~2位」を右クリックして「該当データの一覧」を押すと当該データを展開できます。

20190124_11


「項目集計」→「クラス」で、クラス別成績を見てみます。

20190124_12


勝率2位・連対率1位・複勝率2位と、全体的に好走率が高いのは新馬戦ですが、該当馬は上位人気であることが多く、回収率は低め。上位評価は必要ですが、買い方には工夫が必要と言えるでしょう。

未勝利・500万下は勝率・連対率・複勝率がほぼ同水準ですが、回収率は500万下の方が高くなっている点に要注意。500万下の方が人気の盲点になっている馬を見つけやすいとも取れます。

GⅢ(=根岸S)では、過去5年のうち2頭の勝ち馬が該当。複勝率5割と高い数値をキープしています。そもそも根岸Sは差し・追込みが決まりやすいレース。「推定後半3ハロン」の上位馬を重視しておけば大きな間違いはなさそうです。

今度は前走着順別の成績を見てみましょう。先ほどと同様に、「項目集計」→「前走着順(確定)」。

20190124_13


こちらは前走3着がトップでした。勝率24.8%・連対率42.7%・複勝率53.9%といずれも高く、単複ともに回収率は100%超え。前走2着は人気になるので回収率こそ劣りますが、順当に好走する確率が高いことが分かります。前走1着(≒昇級初戦)も、「推定前半3ハロン」の上位と比べると好走率が高くなっています。差し・追込みなら昇級初戦や、オープン(重賞)→オープン(重賞)でも好走できるものの、逃げ・先行は苦戦する可能性が高い、という点は押さえておくべきポイントと言えそうですね。

前走が6着以下だった場合の好走馬にはどんな法則性があるのでしょうか。「前着順範囲指定」で、範囲の下限を6着に設定。「指・前6-28着」を展開。一覧が出たら「項目集計」→「前走コース」としてみましょう。

20190124_14


東京ダート1400mで6着以下だった馬は、今回が「推定後半3ハロン」1~2位だったとしても勝率5.3%・複勝率17.3%と低い水準になっています。東京ダ1600mも、ほぼ同水準。中京ダ1400mは好走率も単複回収率は高く出ています。

「項目集計」→「前走距離」でも見てみましょう。

20190124_15


「同距離」の回収率は中京ダ1400mの好成績が引き上げてくれている様子。「今回延長」が極端に低く、「今回短縮」が勝率10.9%・複勝率28.7%かつ、単複ともに回収率100%超えとなりました。

つまり、「推定後半3ハロン」1~2位は、前走で6着以下だった場合でも、前走の方が長い距離を走っていた場合なら要注意とすべきでしょう。


長くなったので、割愛しますがこの他にも、枠順を併せて見ることや、前走人気順、今回の単勝オッズ別で比較することも有効です。是非お試し下さい。


<まとめ>
「推定前半3ハロン」1~3位は…
・新馬とオープン(重賞)を除くクラスで好走率が高い
・根岸Sでの好走率が低い。ただし、好走した場合はフェブラリーSでも注目
 ・前走1着(≒昇級初戦)かつ前走が東京なら買えるが、1200mからの距離延長だと脆い

「推定前半3ハロン」1~2位は…
 ・根岸Sでは好走率が高く回収面もまずまず
 ・前走2~3着の馬の好走率が高い
 ・前走が6着以下でも、今回が距離短縮なら注意すべき

次回は1回東京芝で使用される「Dコース」について調べます。皆様もぜひ、データパックをお試し下さい。

⇒【データパック】のお申し込みはコチラから
⇒【データパック】のサンプルはコチラから



【過去の記事】
ルメールJ、M.デムーロJの買い所とは??
阪神の開幕週を攻略せよ
"白抜き表示"の成績ってどうなの??
中京ダートは前有利?後有利?
中山ダート1200mは果たして前有利??
京都の開幕週は内有利??
GⅠ多数の東京1600mを攻略せよ
"千直"は本当に「推定前半3ハロン」が好成績??
オークス&ダービーの舞台を攻略
「降級馬」で儲ける方法(前編)
「降級馬」で儲ける方法(後編)
小回りの函館ダートは本当に先行有利か??
先週から始まった福島の「推定3ハロン」的な傾向
夏の中京開催の最終週の傾向を探る
小倉の開催前半の芝1200mの傾向
番組数の多い新潟ダート1200mを攻略!
夏競馬の成績上位騎手と「推定3ハロン」
J.モレイラ騎手の買い時をなんとなく知りたい
新潟芝2000mはやっぱり「推定後半3ハロン」1位!?
中山のコース別・「推定3ハロン」の傾向は?
阪神コースは「ハイブリッド指数」が有効
素質馬のデビューの2歳新馬戦を徹底分析
秋華賞の京都・芝内回り2000mを検証
秋の東京の芝コースを分析
JBC使用コースの「推定3ハロン」傾向は?
京都はCコースに変わって傾向が一変??
中山・阪神・中京を「推定3ハロン」で比べてみよう
2018年の「推定3ハロン」1位で活躍した“人”を見てみよう
京都の芝はいつもと違う馬場状態?




■【データパック】の販売を開始

「Target用データパック」の利用料金は4週間=3000円(税込)となります。支払い方法は電子マネー・ちょコム、クレジットカードがご利用頂けます。

PC版サイトの真ん中にあります
1


【データパック】の分析画面
Tgarget
・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」



「1.ハイブリッド新聞の回収率の分析」「2.馬ごとに過去の好走例の特徴を分析」「3.Targetを使って、好きな形式でハイブリッド新聞のデータを閲覧」などが行えます。必勝法を探すツールとして、ご利用頂ければ幸いです。

⇒【データパック】のお申し込みはコチラから
⇒【データパック】のサンプルはコチラから

|

« 【HB新聞】シルクロードSを攻略するツボ | トップページ | 【HB新聞】根岸Sを攻略するツボ »

データパック」カテゴリの記事

コメント

直前情報が見れません

投稿: | 2019年1月26日 (土) 13時27分

旧サーバーの方、エラーで東京7R、京都7Rが作成不能となっており、大変申し訳ございません。以下、新サーバーもお試し頂ければ幸いです。この度は大変申し訳ございません。

https://cyber-mm.jp/

投稿: 久保和功 | 2019年1月26日 (土) 17時23分

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

※編集部が誹謗、中傷にあたると判断した場合、コメントを削除することがあります。



(ウェブ上には掲載しません)




« 【HB新聞】シルクロードSを攻略するツボ | トップページ | 【HB新聞】根岸Sを攻略するツボ »

このページの上へ▲