« 【HB新聞】プロキオンSを攻略するツボ | トップページ | 【HB新聞】七夕賞を攻略するツボ »

2018年7月 7日 (土)

【データパック】先週から始まった福島の「推定3ハロン」的な傾向

■先週から始まった福島の「推定3ハロン」的な傾向■

いよいよ夏競馬が始まり、中京・福島が開幕しました。今回は、先週から始まった福島の「推定3ハロン」的な傾向を見ていきたいと思います。

今回も「TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)」に、ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んで、「推定3ハロン」上位馬の成績を分析します。

メインメニューの「レース検索」を開きます。

1802220


「場所」を福島、「コース」を芝に限定して、最下部の「次」をクリック。

20180706_02


次の画面では、対象範囲の設定をします。全馬について調べたいので、「確定着順」の範囲は「全」をクリック。完了したら、最下部の「次へ」。

20180706_03


次の画面は集計期間を指定します。古すぎては使えないので、とりあえず過去5年を集計すべく、「検索終了日指定」を2013年に変更しました。
以上の内容で「検索実行」します。

20180706_04


まずは「推定前半3ハロン」の順位で並べます。外部指数順位で表示し、メインメニュー横の「ファイル」から「外部指数の読み込み」を選択し、「推定前半3ハロン」の指数を読み込みます。

20180706_05


「推定前半3ハロン」の1位データのみを展開してみます。

20180706_06


「推定前半3ハロン」の1位では、単勝回収率は107%、複勝回収率でも91%と優秀な数値です。小回りのコースらしい成績ですね。

20180706_07


コース別に詳しく中身を見てみましょう。コースで並べ替えます。

20180706_08


芝1200mコースの成績が断トツかと思いましたが、勝率トップは芝1800mという結果に。連対率と複勝率については、現在使用されていない芝1000mを除くと芝1200mがトップです。

単勝回収率は単勝万馬券が引き上げ過ぎている面もありますが、単勝四桁もちらほらあります。

福島芝1800mの「推定前半3ハロン」1位は常に注目すべきと言えます。逆に芝2600mの結果はあまり奮いません。

20180706_09


もちろん芝1200mは番組数が多い中で安定しています。実際に、「推定前半3ハロン」1~3位までは注目に値する成績なので、枠順やジョッキー次第で2~3位の逆転も考慮して検討するのが良いでしょう。

20180706_10


さらにコースごとのデータについてクラス別での成績を見てみましょう。先ほどの「推定前半3ハロン」1位のコース別から芝1200mコースのデータを展開し、クラスで並び替えます。

安定感が見て取れるのは新馬戦ですが、人気なので買い方の工夫が必要になります。勝率が目を引くのはオープン特別ですね。回収面で注目すべきは500万下・1000万下です。

20180706_11


続いて芝1800mのクラス別を見てみましょう。

どのクラスもそこそこの好走・そこそこの回収といったところです。番組数が少ない中で結果が出ている1000万下よりも上のクラスは注目でしょうか。

20180706_12


続いて芝2000mのクラス別です。

新馬戦を除いたレース結果での勝率の低さが気になります。今週の七夕賞でも押さえまでとすべきでしょうか。

20180706_13


最後に芝2600mのクラス別です。

未勝利戦では勝てないという結果が見えました。

20180706_14


今度は「推定後半3ハロン」1位について調べてみましょう。

最初の検索結果まで戻り、外部指数順位で並べて「推定前半3ハロン」の指数を読み込みます。

20180706_15


「推定後半3ハロン」1位のデータを展開します。

勝率・連対率・複勝率は悪くないですが、回収率はイマイチの様子です。

全成績の複勝回収率よりも1番人気の複勝回収率が高く出ていることから、穴馬の激走例が少ないということなのでしょう。

20180706_16


コース別で並べ替えて見てみましょう。

芝1800mと芝2600mの成績が目を引きます。芝1200mのコースでは突き抜けるまではいかないものの、2~3着までは来ることも多いので注意が必要ですね。芝2000mと芝1800mで成績差があることも忘れないようにしたいです。

20180706_17

コース芝1800mのデータを展開して、クラス別で並べ替えてみましょう。

未勝利戦と500万下のレースでは信頼度がやや低くなりますが、新馬戦と1000万下より上のクラスでは信頼度が上がります。

20180706_18


戻ってコース芝1200mについてもクラス別で見てみます。こちらは芝1800mとは逆に、上のクラスほど好走率・回収率が下がっています。

20180706_19


次にコース芝2000mのクラス別です。

こちらは未勝利戦での成績が良さそうです。

福島芝2000mは意外とタフなコースなので、走り切る体力のない馬が脱落していくことで出番が回ってくるという展開に期待ができるということでしょうか。

20180706_20


最後にコース芝2600mのクラス別を見てみましょう。

このコースは未勝利戦・500万下・1000万下でしか使用されていませんが、未勝利戦での安定感が抜群です。オジュウチョウサンの参戦が話題となっている開成山特別は500万下のレースですから、「推定後半3ハロン」に注目ですね。

20180706_21


今回は以上です。

ダートもクラス別を含めて傾向を探ってみると面白い発見があることと思います。是非、データパックを導入してチェックしてみてください。

⇒【データパック】のお申し込みはコチラから
⇒【データパック】のサンプルはコチラから



【過去の記事】
ルメールJ、M.デムーロJの買い所とは??
阪神の開幕週を攻略せよ
"白抜き表示"の成績ってどうなの??
中京ダートは前有利?後有利?
中山ダート1200mは果たして前有利??
京都の開幕週は内有利??
GⅠ多数の東京1600mを攻略せよ
"千直"は本当に「推定前半3ハロン」が好成績??
オークス&ダービーの舞台を攻略
「降級馬」で儲ける方法(前編)
「降級馬」で儲ける方法(後編)
小回りの函館ダートは本当に先行有利か??




■【データパック】の販売を開始

「Target用データパック」の利用料金は4週間=3000円(税込)となります。支払い方法は電子マネー・ちょコム、クレジットカードがご利用頂けます。

PC版サイトの真ん中にあります
1


【データパック】の分析画面
Tgarget
・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」



「1.ハイブリッド新聞の回収率の分析」「2.馬ごとに過去の好走例の特徴を分析」「3.Targetを使って、好きな形式でハイブリッド新聞のデータを閲覧」などが行えます。必勝法を探すツールとして、ご利用頂ければ幸いです。

⇒【データパック】のお申し込みはコチラから
⇒【データパック】のサンプルはコチラから

|

« 【HB新聞】プロキオンSを攻略するツボ | トップページ | 【HB新聞】七夕賞を攻略するツボ »

データパック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

※編集部が誹謗、中傷にあたると判断した場合、コメントを削除することがあります。



(ウェブ上には掲載しません)




« 【HB新聞】プロキオンSを攻略するツボ | トップページ | 【HB新聞】七夕賞を攻略するツボ »

このページの上へ▲