« 【想定版HB新聞】大阪杯 | トップページ | 【HB新聞】明日のダート短距離戦 »

2018年3月30日 (金)

【データパック】ルメールJ、M.デムーロJの買い所とは??

■ルメールJ、M.デムーロJの買い所とは??■

2015年から日本で通年騎乗しているルメール騎手・M.デムーロ騎手はご存知のとおり、今やリーディング上位争いに定着し、馬券検討の上でも欠かせない存在となっています。

そこで、今回はルメール騎手・M.デムーロ騎手の「推定3ハロン」1位での成績がどのようなものか、見ていきましょう。

今回も「TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)」に、ハイブリッド競馬新聞の「データパック」を取り込んで、「推定3ハロン」上位馬の成績を分析します。

メインメニューの「レース検索」を開きます。

1802220


まずは詳細な条件は設定せず、「外部指数を使う」にチェックを入れ、右の項目から「kouhan3f」を選択します。すべて完了したら、最下部の「次」をクリック。

1803081


次の画面では、対象範囲の設定をします。全馬についてしらべたいので、「確定着順」の範囲は「全」をクリック。そして、「騎手」の項目で名前を入力(参照で選択でもOK)するとルメール騎手だけの成績を検索できるので、集計時間を短縮できます。

そして、右下の外部指数に関する情報を設定。今回は1位のみを集計したいので、ここで指数順位を指定。入力を押して順位を1位のみになるように設定します。完了したら、最下部の「次へ」

1803082


次の画面は集計期間を指定します。古すぎては使えないので、とりあえず過去5年を集計すべく、「検索終了日指定」を13年に変更しました。

1803083


検索一覧がこちら。

1803084


人気を集める機会が多いので、やはりベタ買いで回収率100%を超えるのは厳しいですね。そうは言っても、「芝」なら複勝率は65.9%もあり、回収率も単複それぞれ約90%。人気馬が中心とは言え、馬券に絡む可能性はかなり高いと言えます。

続いて、コース別成績を見てみましょう。着度数順(出走数が多い中で上位好走が多い順)で並べた結果がコチラです。

1803085


東京ダ1600mがかなりの好成績ですが、その他は原則的に芝コースが多く、とりわけマイル~中距離のコースが多いですね。

では、芝での成績を距離別に見てみましょう。「項目集計」から「馬場状態」を選択し、さらに芝のみを選択します。

1803086


対象を「芝」に絞り込んだら、再び「項目集計」から「距離」を選択。

1803087


1200m・2200mで不安定な一方、芝2000m・2400mでの安定感は抜群ですね。


続いて、「推定前半3ハロン」1位を見てみましょう。

「検索条件」の画面で、最初に設定した「外部指数」「zenhan3f」に切り替えて、再集計をかければOKです。

全体の成績がコチラ。

1803088


なんと「推定後半3ハロン」1位より回収面では優秀な数値が並んでいますね。集計期間中は「芝」というだけで複勝回収率は100%を超えています。

コース別成績はこのとおり。

1803089


「推定後半3ハロン」1位に比べると、騎乗する機会が少ないのでコース別の偏りも大きくはありませんが、芝1400m~芝2000mでの高回収率が目立ちます。


続いて、M.デムーロ騎手の成績を見てみましょう。

まずは「推定後半3ハロン」1位から。「検索条件」で、先ほどの手順と同様に騎手名を変更して検索します。

18030810


<ここで分かったこと>
・1番人気の成績は決して悪いものではないが、全成績よりも回収率が落ちる(=穴騎手の傾向)
・芝とダートの連対率に差があり、回収面でも同様(=ややダートが苦手)
・特別戦や牝馬限定戦の成績が良く回収率も高い(→勝負強い印象は実際にデータとして表れている)


単純にルメール騎手よりも安定感に欠ける分、穴馬での活躍が目立ちますね。

コース別の着度数順で見るとこのようになります。

18030812


芝1600m~2000mに良績が集中。中でも、阪神芝1600mの[7・7・0・4]という成績が光ります。全体的に外回りコースでの好成績も特徴的ですね。

今度は「推定前半3ハロン」1位の成績も見てみましょう。

18030813


ルメール騎手とは対照的に、「推定後半3ハロン」1位よりも成績が落ちています。ダートでは大差がありませんが、特に芝での落ち込みが顕著ですね。

また、牝馬での成績は良好ですが、特別戦での数字が大きく低下しています。

18030814


コース別では騎乗機会も多い阪神&京都のダ1800mがまずまずの成績。その一方で、阪神ダ1400mでの不振が目立ちます。

まだまだ細かく分析すればキリがないですが、長くなりそうなので今回はここまでとします。人気馬に騎乗する機会の多い、ルメール騎手・M.デムーロ騎手の成績にも特徴が見られました。このように、騎手ごとの「推定3ハロン」成績を知っておくのも馬券検討に役立ちますので、ぜひデータパックを使用して分析してみてください。



<今回のポイント>

・ルメール騎手は芝2000m・2400mで「推定後半3ハロン」1位に騎乗した際の安定感が抜群。
・ルメール騎手は「推定後半3ハロン」1位より「推定前半3ハロン」1位に騎乗した際の回収率が高い
・M.デムーロ騎手は「推定後半3ハロン」1位での回収率が高く、特別戦&牝馬限定戦で信頼度が高い
・M.デムーロ騎手は「推定前半3ハロン」1位だと、「推定後半3ハロン」1位に比べて信頼度が下がる



<上記以外の追加おすすめパターン>

・C.ルメール×「推定後半3ハロン」1位×加藤征弘厩舎
・C.ルメール×「推定後半3ハロン」1位×騎乗馬の父がハービンジャー
・C.ルメール×「推定前半3ハロン」1位×生産者がノーザンF
・M.デムーロ×「推定後半3ハロン」1位×ハンデ戦
・M.デムーロ×「推定後半3ハロン」1位×友道康夫厩舎or藤原英昭厩舎or松田国英厩舎


⇒【データパック】のお申し込みはコチラから
⇒【データパック】のサンプルはコチラから






■【データパック】の販売を開始

「Target用データパック」の利用料金は4週間=3000円(税込)となります。支払い方法は電子マネー・ちょコム、クレジットカードがご利用頂けます。

PC版サイトの真ん中にあります
1


【データパック】の分析画面
Tgarget
・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」



「1.ハイブリッド新聞の回収率の分析」「2.馬ごとに過去の好走例の特徴を分析」「3.Targetを使って、好きな形式でハイブリッド新聞のデータを閲覧」などが行えます。必勝法を探すツールとして、ご利用頂ければ幸いです。

⇒【データパック】のお申し込みはコチラから
⇒【データパック】のサンプルはコチラから

|

« 【想定版HB新聞】大阪杯 | トップページ | 【HB新聞】明日のダート短距離戦 »

データパック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

※編集部が誹謗、中傷にあたると判断した場合、コメントを削除することがあります。



(ウェブ上には掲載しません)




« 【想定版HB新聞】大阪杯 | トップページ | 【HB新聞】明日のダート短距離戦 »

このページの上へ▲