« 【回顧(関東版)】人気薄のHB指数・展開印上位馬が単勝6,630円の破壊力!! の巻 | トップページ | 【HB新聞】明日のダート短距離戦 »

2017年8月10日 (木)

【想定版HB新聞】関屋記念、エルムS

■木曜時点で「想定版」の新聞を公開■

木曜の夜時点で関屋記念、エルムSを含む全レースの「想定版」【ハイブリッド新聞】、及び【コメント新聞】を会員ページ内にて公開中です↓。「想定版」は以下の手順でお進み下さい。

PC版トップページ→「ハイブリッド新聞」(or「コメント新聞」)をクリック
Photo_10
PC版トップページはコチラから

②番組表でレースを選択(土日の切り替えは上部にて)
Photo_19

③以下のいずれかで閲覧可能

「レース名」を直接クリック
Photo_3

上部の「場名」をクリックした後、「レース番号」をクリック
Photo_2

④「想定版」が閲覧可能
Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

新潟の長い直線を意識するためか、マイル重賞にしてはペースは全く上がらない。その結果として、過去5年の勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。

過去5年の勝ち馬は4角6番手以内
4_2
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【木曜想定版】

「HB+前半」印2つ入りからの勝ち馬。「HB」印は注以上で5番人気まで。前走で1600万、OP特別の1着馬でも↑の条件を満たしていれば勝てるレース。「格」的なものにはあまり拘りなし。

相手も「HB」印入りでほぼ大丈夫。無印でも前走でOP2着以内なら押さえるべき。「後半」▲以上の人気薄は3連系なら必要。

M5:HB指数印
M7:推定前半3ハロン印
M8:推定後半3ハロン印

4
*画像は「Target」の【データパック】の分析画面

「位置取りシート」では、1番手内目からの勝ち馬。2番手からであれば「後3F地点」1列目+「中」より内目。どちらにせよ「中」より内目。毎年人気になる展開マーク「@」は勝ちきれず。

近2年の「位置取りシート」
1_2
「位置取りシート」の購入方法はコチラから
説明理論


ウインガニオンは3連勝でCBC賞を制覇。「ハイブリッド指数」は一戦ごとに上昇している。

「ハイブリッド指数」=《70》
5_2

高速決着に対応できたのは収穫。

レース特記=「時計速○」

1_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

新潟で2勝しており、コース替わりも問題ない。

「コース実績」=【2・0・0・1】
6_2

メートルダールは新潟大賞典で上がり2位をマークして3着。

新潟大賞典で上がり2位
7_2

堅実な末脚が大きな武器で、上がりの速い決着も得意。

レース特記=「終い確実」「瞬発力○」
2_3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ロードクエストはパラダイスSで5着だが、休み明けで馬体に余裕もあったはず。

「馬体重」=462k(+12)
8_2

マイルCSを含めて、近4走すべて上がり2位以内。

近4走すべて上がり2位以内
9

新潟はデビュー2戦目の新潟2歳Sを圧勝した舞台。「上がり3位内率」は《81%》と高い。

「上がり3位内率」=《81%》
10

出遅れ癖が治らないので、距離延長、直線の長いコースは向く。

「出遅れ率」=《64%》
11

ブラックムーンはCBC賞は重い芝が不向き。

馬特記&レース特記=「芝軽い○」「芝重い×」
3
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

近2走は断トツの上がりをマーク。新潟コースの軽い芝の方がよいはず。

近2走は断トツの上がりをマーク
12

ヤングマンパワーは昨年の覇者。追って頭の上がる面があるので、石橋Jが巧く乗りこなせるか。

馬特記&レース特記=「追頭上る」「R中頭高」
4
*画像はPC版の【コメント新聞】 (特記内容説明ページ

ダノンプラチナは近2走は「ハイブリッド指数」=《70》超え。G1馬の能力は一枚上。9ヶ月ぶりで仕上がりがどうかだが、休み明けは3戦すべて3着以内。

「ハイブリッド指数」=《70》超え
「休み明け成績」=【1・0・2・0】

13

【直前情報】も参考にしたい。

レパードSの【直前情報】
5
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

マルターズアポジーはデビュー以来、すべて先手を奪っている。直線の長いコースは合わないが、人気薄の逃げ馬には常に注意が必要。

「4角5番手内率」=《100%》
14


尚、「推定3ハロン」は現時点で計算中のデータですので、正確なデータとは異なります。正しくはレース前日の「確定版」をお待ち下さい。木曜時点では「想定版」で過去走の「ハイブリッド指数」、「4角5番手内率」「上がり3位内率」などを分析してみて下さい。


過去走の「ハイブリッド指数」
Photo_5

「4角5番手内率」「上がり3位内率」

Photo_3

ちなみに想定版では右上部に過去の勝ち馬の傾向を掲載していますが、確定版では【推定3ハロン分析シート】に切り替わります。過去の傾向を閲覧するには木曜時点の想定版をご確認下さい。


尚、昨年末から【コメント新聞】の想定版を木曜から公開しています。

【コメント新聞】の番組表

Photo_8

レースコメント、レース特記など
Photo_9




■ハイブリッド新聞会員とは?■

「ハイブリッド新聞」「推定3ハロン分析シート」「データシート」も併せてご利用になれます。料金は月額1,000円(税込)となります。


「ハイブリッド新聞」(全場・全レース)

Photo_11
*画像はリニューアル版(テスト公開中)

「ハイブリッド競馬新聞」とは独自のオリジナルデータ(ハイブリッド指数推定前後半3ハロン追切・乗込指数出遅れ率など)を掲載した競馬新聞です。「カラー」「白黒」が選択出来ますし、「タテ版」「ヨコ版」の選択も自由自在です。好きな用紙のサイズに合わせて、印刷もできます。4月からのリニューアル版では上がり順位「上がり3位内率」など多数の新データを追加しております。

①フォントサイズ大きくなって見易い
A5051e4a


②前後半5傑入り、「推定3ハロン」断トツ1位がわかり易い
Photo_18
普通の1位の場合=青色
0.5秒以上離して1位の場合=オレンジ色


③「ハイブリッド指数」1番手との差がわかるPhoto_19



④過去走の上がり順位、上がり1位(2位)との差がわかる
Photo_9


⑤「上がり3位内率」で末脚の安定感が図れる
Photo_20


⑥過去走の前後半3Fの差で当時の展開の向き・不向きが読める
Photo_21




「推定3F分析シート」

11
サンプル:HTML版 PDF版

「推定3ハロン」とは各馬の過去競走データから、今走で計時するであろう前後半3ハロンを予 測したもの。各レースともに前後半の1位~5位をリストアップ。1枚で各場12R分が閲覧可能です。全場ともに後半9~12Rの「推定3ハロン」は、 2009年9月より「サンスポ(関西版)」」にて現在も掲載中。競馬雑誌「競馬最強の法則」の昨年2月号でも紹介されました。



「データシート」


Photo_5
サンプル:PDF版

「ハイブリッド競馬新聞」に掲載されている多数のデータの中から、重要度の高いものをピックアップ。「ハイブリッド指数」「推定3ハロン」「基準オッズ」「調教ベスト3」「出遅れ率」などがランキング順として閲覧可能。1枚当たりに6R分が掲載されています。




■直前情報会員とは?■


競馬開催当日のパドックから、現場担当者が仕上がり、気配、返し馬の状態をお届け。「パドック情報」は発走20~15分前、「返し馬情報」は発走5~10分前をメドに更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo




■コメント新聞会員とは?■


各馬の過去走の「レース内容」を最大20文字、各馬の特性を「レース特記」として最高4文字の短縮形として表示。他にも「レースの後半4Fラップ」「上がり順位」「4角通過位置」など、他新聞にはないデータが満載。前日の13時頃更新。料金は月額1,000円(税込)となります。

Photo
PC版はコチラから
携帯版はコチラから



Target用データパック会員とは?■

会員様の何名からか、「Targetへ取り込んで、ハイブリッド新聞のデータを分析したい」というご提案を受けておりました。ハイブリッド競馬新聞で使われているデータを、TARGET frontier JV(ターゲット フロンティア ジェーブイ)にて使用出来るようにカスタマイズされたデータパックです。 (詳しくは⇒コチラ


Tgarget

・「ハイブリッド指数」
・「推定前半3ハロン」&「推定後半3ハロン」
・「追切指数」&「乗込指数」
・「出遅れ率」
・「厩舎指数」


⇒「データパック」のお申し込みはコチラから
・検索方法はコチラの記事から
・集計結果はコチラの記事から


|

« 【回顧(関東版)】人気薄のHB指数・展開印上位馬が単勝6,630円の破壊力!! の巻 | トップページ | 【HB新聞】明日のダート短距離戦 »

想定版HB新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

※編集部が誹謗、中傷にあたると判断した場合、コメントを削除することがあります。



(ウェブ上には掲載しません)




« 【回顧(関東版)】人気薄のHB指数・展開印上位馬が単勝6,630円の破壊力!! の巻 | トップページ | 【HB新聞】明日のダート短距離戦 »

このページの上へ▲