« 【回顧】馬連、3連複で点数を絞るのが正解だったか…?!の土曜日; | トップページ | 【回顧】断然人気からの馬単は「2着固定」が妙味あり…?!の日曜日; »

2016年6月20日 (月)

【成績新聞】宝塚記念の過去3年の傾向とは…

■過去3年のダービーの「成績新聞」■

さて、今週は上半期の最後のG1、グランプリ「宝塚記念」。今年は9年ぶりとなるフルゲート、18頭立ての豪華メンバーが予想されます。

そのなかでも主役は昨年の2冠馬ドゥラメンテ、今回は海外遠征帰りで仕上がりがカギを握ります。逆転を狙うのが菊花賞&天皇賞馬のキタサンブラック、その他にもアンビシャス、シュヴァルグランと4歳勢が強力。

ちなみに「宝塚記念」も過去5年で「上がり最速馬」が3勝、2着2回とパーフェクト連対。やはり近代競馬は上がりの速いタイプが優勢。果たして「推定後半3ハロン」1位に該当する馬は??


【G1の「推定後半3ハロン」1位】
フェブラリーS ノンコノユメ    2着
高松宮記念   ビッグアーサー   2着
桜花賞     ジュエラー     1着
皐月賞     マカヒキ      2着
天皇賞(春)  フェイムゲーム   8着
NHKマイルC ロードクエスト   2着
ヴィクトリアM ミッキークイーン  2着
オークス    チェッキーノ    2着
ダービー    マカヒキ      1着
安田記念    サトノアラジン   4着

過去3年の好走馬の共通点とは…

過去3年の宝塚記念の【ハイブリッド新聞】(成績版)

|

« 【回顧】馬連、3連複で点数を絞るのが正解だったか…?!の土曜日; | トップページ | 【回顧】断然人気からの馬単は「2着固定」が妙味あり…?!の日曜日; »

成績新聞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

※編集部が誹謗、中傷にあたると判断した場合、コメントを削除することがあります。



(ウェブ上には掲載しません)




« 【回顧】馬連、3連複で点数を絞るのが正解だったか…?!の土曜日; | トップページ | 【回顧】断然人気からの馬単は「2着固定」が妙味あり…?!の日曜日; »

このページの上へ▲