[an error occurred while processing this directive]

« 【読者コーナー】今週の万馬券×2 | トップページ | 【お知らせ】「ご新規」「再入会」などのお手続きに関して »

2013年6月 7日 (金)

【回顧(関東版)】鳴尾記念でワイド的中スタートから!?の巻

■あだちとおるのハイブリッド祝勝会&反省会■
~ハイブリッド競馬新聞で年間プラスを目指すフリーターのお話~

みなさんこんにちは。ダービーも終わり、いよいよ新馬戦が始まりましたね。3歳馬と降級馬がぶつかり合う条件戦も始まって、夏競馬の到来を感じさせます。とはいえ、まだGⅠが続く東京競馬場。先週末は安田記念!ちょっと都合が合わず、競馬場には行けませんでしたが、自宅でしっかりと勝負にいそしみました。


人気ブログランキングへ
いつもごありがとうございます!

競馬ブログランキングへ




<土曜日>

土曜日から阪神が開幕。メインの鳴尾記念だけどうしても買いたかったのです。


阪神11R・鳴尾記念(G3)、芝内2000m

Photo_9
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

人気の中心は「HB=◎」で「展開=▲」の15番ダイワファルコン。開幕週の大外枠は少々気になりますが、一先ず中心しすべき存在といったところでしょうか。

15

穴で面白いのが「HB=注」で「展開=◎」の10番トウケイヘイロー。今回は距離延長が不安視されてか人気はもう一つ。しかし、開幕週で「推定前半3ハロン」1位ですから、もちろんマークが必要です。

「推定前半3ハロン」1位=10番トウケイヘイロー
11
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】


151416
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

【直前情報】を確認すると、◎は15番ダイワファルコン。そして○は14番パッションダンス、16番エアソミュールが3番手。そして、7番ダノンバラードと続きます。


<買い目>

_2013_06_03_0_30_2

先週ダービーを勝ったばかりの武豊騎手が逃げ馬に乗って、マークも薄いというのがどうしても気になります。それと、新聞上の印はもう一つでしたが、【直前情報】は4番手に上がった7番ダノンバラード。この馬も地力は上位。岩田騎手ですし、人気馬が外枠に集中している点からも気になります。ということで、3頭での決着も考えつつ、15番ダイワファルコンから2頭への馬券を組みます。そして押さえに7番ダノンバラードと10番トウケイヘイローのワイドを購入。


<結果>

10番トウケイヘイローは1番モズを行かせて2番手。3角あたりでハナに立つと、直線は余力たっぷり。そのまま抜け出します。ここまではよかったものの、肝心の15番ダイワファルコンの手応えが案外。7番ダノンバラードが何とか3着を死守してワイドだけ的中…

<阪神11R鳴尾記念の結果>
1着.10番トウケイヘイロー (6人気)
2着.9番エクスペディション(7人気)
3着.7番ダノンバラード  (3人気)

_2013_06_03_0_36

(あだちの馬券)
0601
複勝  2.3 × 2,000円  =4,600円

ワイド  9.4 × 700円 =6,580円

購入 2,500円 払い戻し 6,580円

結果プラスになったものの、トウケイヘイローの単勝を買っていなかったのは少々もったいなかったかと反省…


人気ブログランキングへ
いつもごありがとうございます!

競馬ブログランキングへ




<日曜日>

この日は、どうしても買いたいレースがあって、久々に朝から未勝利戦にチャレンジ。


東京2R・(3歳未勝利)、ダ1600m

31600


HB指数30以上が4頭もいる未勝利戦は久しぶりの印象。

「基準ハイブリッド指数」超えが1頭
1_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

人気は7番ダブルウォーですが、配当妙味も含めて興味があるのは、10番アイアムライジングと12番ケツァルコアトルの2頭です。

1012
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

【直前情報】では5番コスモナイスガイが◎。以下、7番ダブルウォー、10番アイアムライジング、12番ケツァルコアトルの順番で、4頭のみがピックアップされました。

<買い目>

201306022r

軸は、前後半ともに5傑入りの12番ケツァルコアトルに決定。そして相手本線は10番アイアムライジング。これに、5番コスモナイスガイと7番ダブルウォーを絡めた馬券を組むことに決定。


<結果>

12番ケツァルコアトルは10番アイアムライジングを見る形で好位を追走。7番ダブルウォーは中団、5番コスモナイスガイは後方からの競馬です。直線に向くと、12番ケツァルコアトルが抜け出したところを10番アイアムライジングが捕えてゴール。2頭の馬連を持っていたので安心して見ていられましたが、資金配分はちょっと失敗したかもしれない…と思います。

<東京2Rの結果>
1着.10番アイアムライジング(2人気)
2着.12番ケツァルコアトル (3人気)
3着.16番トーセンワイルド (6人気)

Photo

(あだちの馬券)
06022
馬連  15.0 × 200円 =3,000円

購入 1,000円 払い戻し 3,000円




東京7R・(3歳以上500万下)、ダ1300m

735001300


土曜日の結果を見ると、3歳馬がもう一つで降級馬が優勢でした。それらを踏まえてこのレースをチョイスしました。

13

「ハイブリッド指数」は2番手と《5》差
しかし、このレースで買いたいのは3歳馬の13番ジャガーバローズ。「HB=◎」で○より指数で+5、「展開=◎」。そして「推定前半3ハロン」1位。さすがに、これは軸で勝負です。

相手本線は「推定後半3ハロン」1位の2番コーリンギデオンでしょう。そして、穴で面白いのは、もう一頭の基準HB超えで、「HB=▲」・「展開=○」の4番ダークシーカー。

13_2
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

【直前情報】でも13番ジャガーバローズが◎。2番コーリンギデオンは3番手とともに高評価!


<買い目>

201306027r

【直前情報】を踏まえて、まずは勝負馬券として13番ジャガーバローズと2番コーリンギデオンの馬連・ワイドを購入。そして、4番ダークシーカーへも馬連・ワイドを買って、さらに2番コーリンギデオンと4番ダークシーカーのワイドを押さえます。さらに、完全的中に備えて、3頭の3連単ボックスも欲張って購入しました(笑)


<結果>

13番ジャガーバローズは発馬がイマイチ。結果、戸崎騎手が押して出したところ掛かり気味…と最悪のリズム。これでは長い東京の直線を粘れるはずもありません。見事に9着まで沈んでしまいました。かといって、2番コーリンギデオンと4番ダークシーカーも追込み届かず4・5着。なんとも煮え切らない結果になり、「難しいなぁ」という感想が精いっぱいでした。

<東京7Rの結果>
1着.12番ウインプロスパー (8人気)
2着.6番アランルース   (13人気)
3着.7番クレバーアポロ  (9人気)

Photo_2

(あだちの馬券)
06027

購入 4,100円 払い戻し 0円


気持ちを込めた勝負馬券で撃沈してしまいました。この日は、これが当たるかどうか…と思っていましたので、その後はメインまでケンしました。




東京11R・安田記念(G1)、芝1600m

Photo_3
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」

難解を極めたのがこの安田記念。とは言え、昨年のようにメンバーが微妙で難しかったのではなく、豪華メンバーによる難しさなので、レースを見る楽しみは非常に大きなもの。

その中で中心視すべきは、「HB=○」・「展開=○」で、「推定後半3ハロン」1位のショウナンマイティなのか、それとも、「HB=▲」・「展開=▲」で「推定後半3ハロン」2位のグランプリボスなのか。それとも、このメンツでも「HB=◎」の10番ロードカナロアなのか…馬券的には、まずこれを決めなければならないという印象。


171610

*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

【直前情報】では◎が7番グランプリボス、そして2番手に2番ショウナンマイティ。3番手が17番ダイワマッジョーレ、4番手には16番ダノンシャークと続いて、10番ロードカナロアは☆の印。

Photo_4
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【データシート】

<買い目>

_2013_06_04_20_30

買い目を無理に広げても当たらなそう。そこで、もう割り切って7番グランプリボスと2番ショウナンマイティを2頭軸にして、手広く流して人気どころは厚くするというかたちで、3連複流しを買うことに。


<結果>

押してシルポートが逃げたものの、2番手以下はスローペースにも見えました。その中で7番グランプリボスは掛かるそぶり。直線でも前が詰まってしまい、まったく見せ場なし。もう一頭の軸である2番ショウナンマイティは豪脚を発揮してあわやの2着に健闘しただけに、非常に残念。それにしても、ロードカナロアの強さには脱帽…でした。

<東京11R安田記念の結果>
1着.10番ロードカナロア  (1人気)
2着.2番ショウナンマイティ(3人気)
3着.16番ダノンシャーク  (12人気)

_2013_06_04_20_49

(あだちの馬券)
0602
購入 1,500円 払い戻し 0円

3着には人気薄の16番ダノンシャークが入って3連複は万馬券。同馬は、【直線情報】で4番手に入っていました…

注=16番ダノンシャーク
16
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】

つまり、2番ショウナンマイティを軸に、7番グランプリボス・10番ロードカナロアへの3連複フォーメーションなら獲れていた万馬券(18,160円)。馬券の組み方一つ…でしたね。

【直前情報】を生かし切れず、ちょっと勿体なかったかもしれません。どちらかと言うと、僕がロードカナロアのマイルを疑っていたことが主な原因なので、無理と言えば無理だったのかもしれませんが。

土曜日と日曜日前半でのプラスがほぼなくなってしまったので、この日はこれで打ち止めとしました。



<来週の競馬に向けて・・>

宝塚記念まで2週ほどGⅠがお休みになります。そして、いよいよ本格的な夏競馬を感じさせる番組が目白押しですね。しばらくは、『降級馬を狙って儲けを出そう』、そして、『2歳新馬戦の直前情報』が僕のここ2週の戦略となります。

○【直前情報】
Photo_12
*画像は「ハイブリッド新聞(携帯版)」の【直前情報】


○【前走レースレベルS/A】
Photo_13


○【推定前半・後半3ハロン】
K11_3f
*画像は「ハイブリッド新聞(PC版)」の【推定3ハロン分析シート】

これらを上手く使いこなして、東京を攻略!阪神もスキあらば狙いたいと思います!

|

« 【読者コーナー】今週の万馬券×2 | トップページ | 【お知らせ】「ご新規」「再入会」などのお手続きに関して »

回顧(関東版)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

※コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

※編集部が誹謗、中傷にあたると判断した場合、コメントを削除することがあります。



(ウェブ上には掲載しません)




« 【読者コーナー】今週の万馬券×2 | トップページ | 【お知らせ】「ご新規」「再入会」などのお手続きに関して »

このページの上へ▲

[an error occurred while processing this directive]